2016年12月25日 (日)

メリークリスマス!

昨日・今日と、お日柄もよろしく、皆様におかれましては良いクリスマス休暇をお過ごしの事と思います。

さて、クリスマスとは全く関係無い、図鑑シリーズの新作の発表です。今回は私の友人が撮って来た写真を元に制作しました。

まずは学生時代の友人のKさんの写真から3点です。サイズは全て9×9cmです。

Serie_di_encicropedia2_640

ニホンアマガエル。いや、もう可愛い!!田んぼに行けば簡単に見つかりそうなんだけど、田んぼを歩く機会が無くってね。Kさんに良い写真を撮ってもらえて良かった。

Serie_di_encicropedia2_616

オニヤンマ。トンボ界最大の大物。私はまだ見た事ありません。雨宿りしてるとこを撮影したそうです。

Serie_di_encicropedia2_634

コノシメトンボ。似た種類が多いので判別するのが難しかった。オスは成熟すると全身が赤くなるそうです。こいつはメスかな?

Kさんは前にも写真を提供してもらって切り絵にしてます。Kさんのシリーズは合計10点になりました。また良い写真があったら送って下さいね。

後はFBでつながりのある友人たちの写真を元にしました。投稿写真で良い物があればお願いしてます。自分で撮った写真も良いのですけど、他人の視点と言うのも面白い。

Serie_di_encicropedia2_120

埼玉のTさんから。カブトエビです。学研の「科学」のおまけに卵が付いて来たっけなあ。「生きた化石」チックな厳めしい姿がたまらん。

Serie_di_encicropedia2_625

静岡のOさんから。モンキアゲハです。蝶好きなので、作品に出来て嬉しかった。アゲハ蝶は写真に撮るのは大変です。カメラのピントを合わせる間に飛んで行っちゃうんだよね。

Serie_di_encicropedia2_615

フィレンツェ在住のN君から。オウシュウサイカブトムシ。ファーブル昆虫記にチラッと出て来ました。主役にはなってないんですけど、やっぱりカブトムシって少年の心をつかみますので。フィレンツェに住むようになって、初めて見つけた時は大喜びでした。N君は工房の庭で見つけたそうです。

Serie_di_encicropedia2_644

福岡のKさんから。タイノエ。漢字で書くと「鯛の餌」餌のふりしてタイの口の中に入り込み、体液を吸うんだそうです。つまり実際に餌になってるのはタイの方だったと。タイの口の中をのぞくと、けっこう居るそうですね。大きいのはメスで小さいのがオス。Kさん、見つけた時に卒倒しなかったかしら・・・。

Serie_di_encicropedia2_645

鹿児島のSさんから。オカヤドカリ。キョロンとした目が可愛いねえ。オカヤドカリと言う名前の通り、陸に上がって生活してます。でも乾燥には弱いので、貝殻の中に水を入れておくんだって。なかなか賢い。

Serie_di_encicropedia2_626

鹿児島のSさんから。(上のSさんとは別の人です。)センチコガネ。
センチとはcmの事じゃなくて、雪隠がなまったんだって。雪隠ってトイレの事ね。つまりこいつは糞にたかる虫なわけですけど、このメタリックな色は虹を着ているようで非常に美しい。・・・まあ、触ろうとは思わないけどね。

Serie_di_encicropedia2_613

アサヒガニ。こいつは私の撮った写真より。鹿児島の魚料理の店「ごえん」さんで出してもらいました。この後、解体されて酢の物になります。美味しかった!

Gakki038a

楽器シリーズも1点作ったんでした。大阪府のTさんより。Tさんはウクレレ奏者なのです。これを作る時に、いろいろと助言をしていただきました。

と言う訳で、今年友人から提供していただいた写真を全て作品にしました。

皆様、今年もあとわずかになってまいりました。
風邪など引かぬように、良い年末をお過ごし下さい。

| | コメント (2)

2016年12月 3日 (土)

その名も切り絵ヌード!!

魚料理シリーズのように、部品だけで構成した切り絵を「切り絵ヌード」と呼びます。イタリア料理で「ラビオリ・ヌーディ」という、皮を使わずに具だけで食べるものがあるので、これにちなんで名付けました。(ヌーディはヌードの複数形ね。)

Img_8095_2

画像は「イッソスの戦い」の模写切り絵の部品。個展でこれをお客さんに見せて、説明する時に「魚料理シリーズと同じ技法です。」と言ってたのですが、技法に名前が要るなと。

・・・あまりピンと来ませんかねえ?

それは兎も角、「イッソスの戦い」の模写切り絵が完成しました。

Img_8132

サイズは28×52cmです。切り絵ヌードでどこまで細かく作れるか挑戦してみました。
かなり緊張する技法です。一度貼ったらやり直し出来ない。おまけに貼って行く内に反対側はどんどん位置がずれて行く。辻褄を合わせるのに大変でした。
まあ何とか完成出来た。黒い紙を使う切り絵とは、また違った雰囲気が出て、非常に面白い。
この技法を応用すれば、もっと面白い表現も出来そうです。単純に「紙を切って貼る」という事でも色んな可能性が見えて来ますね。

さて、イッソスの戦い。
元になった絵はモザイク画で、ポンペイのファウノの家の床モザイクです。火山灰で埋もれてしまったので、所々が剥落しています。現在、ポンペイではレプリカが飾ってあります。本物はナポリの考古学博物館にあります。

5月の滞在ではポンペイには行ったんですけどね。ナポリの考古学博物館は行かなかったなあ。次回は絶対に行こう。

イッソスの戦いはマケドニアのアレクサンダー大王のペルシア遠征の図です。対するはアケメネス朝(ペルシア)の王、ダレイオス3世です。マケドニア軍が4万人に対して、ペルシア軍は10万人。数で劣るマケドニアでしたが、アレクサンダーの巧みな用兵によって、ペルシア軍は半数が戦士。ダレイオス3世もアレクサンダー自らの攻撃により負傷し、命からがら戦場を後にする・・・。

と、こんな話ですね。

Img_8132a_2

若く野性的で生命力に満ち溢れているアレクサンダー大王。予備知識が無くても、この顔を見れば「アレクサンダー大王」と分かっちゃうような・・・。素晴らしい表現力ですね。
しかし、周囲が大きく剥落しているので、上半身の部分だけでも残ったのはラッキーでした。

Img_8132b

こちらはダレイオス3世。アレクサンダーに比べると、顔色が青ざめていますね。圧倒的な数を誇る軍勢も壊滅し、至近にアレクサンダーの姿を認め、恐れおののく・・・。実に人間くさい表情。
このダレイオス3世も人柄も伝わって来るような、素晴らしい出来栄えです。
私はこのモザイク画でダレイオス3世のファンになりました。

兵士や馬もとても生き生きしています。このモザイクの家の持ち主、きっと大勢のお客さんを呼んで自慢した事でしょうね。ああ、贅沢な暮らし。

作ってて楽しい作品でした。この技法、モザイクとの相性も良いみたいです。ラヴェンナのモザイクも切り絵にしてみようかな。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

切り絵で抽象画

名古屋の個展で公開した作品です。

昨年1点だけ展示したら、評判良かったので調子に乗って4点作りました。

サイズは4点とも23×18cmです。ルネサンスの名画を元に、直線と円で構成して、随所に筆ではねたようなテイストを加えました。色は名画の色を再現しました。

Quadro_astratto_001a

ラファエロのヒワの聖母より。「希望」とタイトルを付けました。

Quadro_astratto_002a

ミケランジェロのトンド・ドーニ(聖家族)より。「祝福」と付けました。

Quadro_astratto_003a

ダ・ヴィンチの聖アンナと聖母子より。「慈愛」としました。

Quadro_astratto_004a

ボッティチェリのマニフィカトの聖母より。「讃歌」にしました。

切り絵で抽象画って、あまり見ませんね。強いて言えば、マティスが作ってたっけなあ。まあ、今回の作品も抽象って程じゃない。もっと形を崩して行くべきだったかなと、ちょっと反省してます。遠くから見ると、元絵が何となく分かるんだよね。
今回はルネサンスの名画を元にしたけど、考えてみたら自分の作品を元にしても良い訳だ。もっと言うと、元になる作品など無くても良い。「誰も見た事が無い世界」を作る事が出来る。そもそも、自分自身がどんな作品に仕上がるか、想像出来ない・・・と言うよりも作りながらイメージを固めて行く割合が高い。こういうのを「ライブ感」って言うんでしょうかね。

色々と可能性の広がるテーマですね。来年も続けて行こう♪

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

切り絵漫画「西遊記」

名古屋の個展で公開した作品です。今年の手作り年賀状に孫悟空を作ったのですけど、物語調に名場面を作ったら面白いなと思いまして15点制作。切り絵漫画と名付けて、一つの額縁に入れました。1点当たりのサイズは15×15cmです。

Serie_di_encicropedia2_775

孫悟空誕生。火果山から生まれた石の卵から生まれました。

Serie_di_encicropedia2_776_2

悟空、仙人に弟子入りする。

Serie_di_encicropedia2_777_2

仙術を会得した悟空は増長して天界の軍と戦う。相手をしているのは那托という蓮の精。封神演技では主役級のキャラクター。

Serie_di_encicropedia2_778

大暴れする孫悟空。筋斗雲に乗って地の果てまで達した証拠に落書するが、じつはお釈迦様の掌の上でした。

Serie_di_encicropedia2_779

五行山に閉じ込められて500年。取経の旅をしている三蔵法師と出会う。

Serie_di_encicropedia2_780

三蔵の弟子になった悟空でしたが、乱暴なのは直らず。言う事を聞かない時は三蔵の呪文で頭が締め付けられる。

Serie_di_encicropedia2_781

花嫁泥棒をしていた猪八戒。悟空が花嫁に化けて寝室に潜り込んでいました。慌てて逃げる八戒。

Serie_di_encicropedia2_782

流砂河で旅人を喰らう沙悟浄の登場。八戒と対決だ。

Serie_di_encicropedia2_783

「やい、孫悟空!!」「何だ!?」と返事をすると、アラ不思議。金角・銀角の持つ不思議な瓢箪に吸い込まれてしまいました。

Serie_di_encicropedia2_784

赤ちゃんの形をした果物、人参果。一つ食べると7千年も寿命が延びるそうです。・・・って、気味が悪い。食べれるものか!!

Serie_di_encicropedia2_785

子母河の水を飲むと妊娠するってさ。三蔵様と八戒がお母さんに!?

Serie_di_encicropedia2_786

一年中、炎が燃え盛る山、火炎山。火が強過ぎて先に進めない。

Serie_di_encicropedia2_787

火炎山の火を消すのに、羅刹女の持つ芭蕉扇が必要。借りに行った悟空でしたが、吹き飛ばされてしまった。

Serie_di_encicropedia2_788

羅刹女の夫の牛魔王があらわれた。天と地を揺るがす戦いが始まった!

Serie_di_encicropedia2_789

天竺到着。長い旅は終わりました。

と、こんな感じでございます。魚料理シリーズと作り方は同じですが、着色は缶スプレーで。15色使いました。作ってる途中は楽しかったんですけどね。出来上がったら色画用紙で作ったのと、同じになっちゃいました。

来年はピノキオを作る予定。やっぱりエアブラシでグラデーションを付ける方が良さそうですね。

| | コメント (2)

2016年11月21日 (月)

魚料理シリーズ

名古屋の個展で展示した作品を紹介して行きます。
まずは新技法の魚料理シリーズから。作品のサイズは1点を除いて15×15cmです。
太字は展示の際に付けたタイトルとキャプションです。展示した順番に画像を貼って行きますね。では、個展に見に来た気になってご覧下さい。

001_a

キンメダイの煮つけ
御前崎にて食す。洗練の一品。

まずはブログでも紹介したこの作品から。制作は7月。一度失敗してて、パーツを貼る位置がずれて全体がガタガタ。不味そうなキンメダイが仕上がった。発表出来るレベルになるまで大変でした。

002_a

海の幸のリゾット
眼前に広がる地中海、冷たい白ワイン、そして海の幸のリゾット。これ以上贅沢な昼食があるだろうか?いや無い。

魚料理シリーズ第2号。制作は10月末。個展前に一気にこのシリーズを完成させようと思いまして、一番難しいのに挑戦しました。コツをつかんだので、非常にスムーズに仕上がりましたね。米粒まで表現したせいもあって、シリーズ中で一番パーツ数の多い作品です。
・・・完成してから気が付いたけど、魚は入ってなかったね。

004_a

鰻丼特上
しかし、最近は鰻の値段が高くて嫌になっちゃう。


何人かのお客さんに「わざわざ特上って書いてある!」と笑われちゃいました。鰻丼並を切り絵にしてもねえ・・・。実際特上を食べたので。肝吸いも付いてるし。

008_a


秋刀魚の塩焼き
妙齢の女性は旬の秋刀魚のようだと言われる事があるらしい。

このキャプションはどういう意味かというと、女友達が20代後半の時に親戚の叔父さんに言われたんだそうです。言われた方は、あまり嬉しくなかったらしい。
この作品は最後に作りました。シリーズを15×15cmで統一したかったのですけど、この季節に魚料理を出すのであれば、秋刀魚を作らないわけにも行かんなあと思って。慌てて近所の定食屋に走って、写真を撮って美味しくいただきました。スダチは付いてなかったので、自分で付け足した。スダチは要るよね。
サイズは10×25cmです。

005_a

フィッシュ&チップス
フィッシュがドーン、チップスがガーン、エール飲んでイエーイ!!テンション上がってチアーズ!!

2014年にロンドンに行った時に撮った写真です。不味いと評判のイギリス料理ですが、そんな事は無い。非常に美味しく楽しい。
エールが非常に美味しそうと評判でした。配色もコントラストが強くて、本当に夜遊びしてる雰囲気。

006_a_2

鯖の塩焼き定食
脂の乗った鯖、最高!!明日も頑張ろう。

鯖の塩焼きもさることながら、味噌汁と大根おろしに注目が集まりました。 

003_a

握り寿司
よおし、今日は奮発してお寿司を食べに行こう!!

色使いが華やかなので、この作品も人気がありました。

007_a

鮭弁当
お金無いので、今日はこれで。

キンメダイから始まって、すーっとご馳走を食べ続け、奮発してお寿司を食べたら、お金が無くなったので、最後はホカ弁になった・・・。
まあ、美味しいけどね。鮭弁。

と言う訳で、作った本人が一番楽しかったので、見に来たお客さんにも楽しんでもらえたようです。

「何か、お腹すいて来た・・・。」とか「食べたくなって来た・・・。」なんて感想が多かったんですね。一番の褒め言葉でございます。

従来の切り絵は、黒い紙を切って裏側から部品を貼って仕上げますが、 この技法は黒い紙を抜いて部品だけで仕上げてあります。食べ物なんかは非常に美味しそうに仕上がる。来年はイタリア料理シリーズで行きますか。ピッツァ・マルゲリータとビステッカ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)は確定。後6点ぐらい作りたいなあ。何にしようか?

 


 

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

新技開眼!!

最終決戦前に必殺技が完成したみたいで、非常に気分が良いですねえ。
と言う訳で名古屋の個展に出す新作です。作ったのは7月ですけどね。

001_a_2

キンメダイの煮つけ。サイズは15×15cm。

いつもの切り絵は黒い紙を切って、裏側から着色した部品を貼って仕上げてますけど、今回のは黒い紙を抜いて部品だけで構成しました。切り絵と言うよりも、ペーパークラフトって感じかな。

食べ物を従来の切り絵で表現するのって、難しいんです。黒い線が強過ぎて、美味しいそうに見えない。

材料は画用紙じゃなくて、コピー用紙を使ってます。画用紙だと、断面が厚すぎて目立つんですね。どうも貧乏くさい。コピー用紙ぐらいの暑さだと全体的にフィットする感じるなので。絵の具はいつも通り、アクリル絵の具をエアブラシで吹いてグラデーションを付けてます。

しかし、コピー用紙は破れやすい。貼り付ける位置や角度が少しでもずれるとガタガタな感じになっちゃう。何よりも作る手順が全く違うので、慣れるまで大苦戦でした。

慣れてくれば、なかなか面白い仕上がり。表現の可能性も広がる良い技法です。

と言う訳で名古屋の個展に向けて「魚料理シリーズ」を始めました。キンメダイの煮つけの他に7点。合計8点を展示します。作ってる本人が非常に楽しいので、お客さんにも楽しめるはずです。

個展まであと8日。1点でも多く展示出来るように頑張ります!!

Image1

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

ヴェルナッツァの切り絵、他

Vernazza_002a

鹿児島の個展の実演でいじってた作品を仕上げました。

チンクエ・テッレのヴェルナッツァの風景。10×20cmです。実演では色付けした部品を貼る作業を見せてました。かなり小さい部品をチマチマ貼ってたので、見えなかったお客さんもいただろうなあ・・・。
どうも最近の悪い癖で、細かく作り過ぎちゃうんだよなあ。

チンクエ・テッレとは5つの土地と言う意味。一番北にあるモンテロッソアルマーレから1時間半ほど南へ歩くと、ヴェルナッツァのこの風景が見えます。
私は丁度2年前に歩いたけど、ヘトヘトに疲れました。しかし、この風景が見えた時には感動しましたね。

11月の名古屋の個展では出しますので。

Zukan

こちらは鹿児島の個展で注文をいただいた作品。
左上 マサバとゴマサバ
右上 ダックスフント
左下 クルマエビ
右下 オカメインコ

・・・サバとかエビを注文に貰うとは思いませんでした。(どちらも料理人の方からの注文です。)

さて、これで鹿児島の個展の片付けも終わった事だし、中断してたイタリアの職人シリーズを再開するかな。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

鹿児島の個展のお知らせ

馬車馬のように制作に集中してたら、もう8月半ば。

さて、第2回目となりました、鹿児島での個展が後1ヶ月後に迫ってまいりました。

Photo


今回はナポリ関係の切り絵を中心に展示します。

何でナポリかと言うと、鹿児島市はナポリと姉妹都市提携してるんですね。
先月だったか、鹿児島市では盛大にナポリ祭りをやってたんだそうだ。
だから、今回の個展のタイトルは、「切り絵師・俊寛 一人ナポリ祭り」にしました。DMの画像に使ったスパッカ・ナポリ以外にも、小サイズのナポリの風景シリーズが9点、ナポリの職人さんの切り絵が1点と、ナポリ関係だけで11点展示します。

この他にもフィレンツェや南イタリアの職人シリーズ等、10点展示するので、一点物の作品は21点の予定です。

1点物ではない量産品(と言っても、下絵をコピーして、後の作業は手作りですが・・・。)10×10cmのシリーズは動物や花、楽器等の「図鑑シリーズ」とイタリア関係の色んな物を切り絵にした「イタリアフェアシリーズ」を10点ずつ出します。

Gowasu

こちらは今回の鹿児島個展用に作ったイタリアフェアシリーズの新作。西郷隆盛先生の像。左が通常版。右がシークレットカラー。(なんか食玩みたい。)

なんでこれがイタリアフェアシリーズなのかと言うと、元になった肖像画をイタリア人のエドアルド・キヨッソーネという人が描いたからです。意外な所でイタリアとのつながりがあるもんですね。

キヨッソーネは明治政府の招聘によって来日しました。西郷像の他にも明治天皇や大村益次郎の肖像画も描いています。彼は雇用期間が終わった後も最期まで東京に住み続けました。莫大なコレクションは死後、本国へと送られ、故郷のジェノヴァに東洋美術館が作られました。
フィレンツェに住んでいた頃に一度見に行きましたが、素晴らしいコレクションの数々に圧倒されたのを覚えています。

と言う訳で、一人ナポリ祭り。展示会場も一人になってちゃ、あまりに寂しいので、近くにお住いの方は是非お立ち寄り下さい。

9月13日(火)~18日(日)

AM11:00~PM7:00 (最終日はPM5:00閉廊)

レトロフトmuseo
鹿児島市名山町2-1 レトロフト千歳ビル2F

℡ 099-223-5066
DMをご希望の方はこちら からメールにて、ご住所とお名前をお願いします。
どうぞよろしくお願いします!!
あと会期中、天文館のイタリアンレストラン「イル・チプレッソ」さんの方にも作品を展示させていただきます。(友人の古畑夫妻のお店です。)
こちらはボッティチェリとラファエロの名画の模写を展示します。
朝から13時までと、16時から18時まではフリーでお店に入れます。
個展とも合わせて、是非ご高覧賜りますよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

スパッカ・ナポリ

Img_6678

毎年1作、大きい風景の切り絵を作ってますけど、今年のテーマはナポリ。

ナポリの下町、「スパッカ・ナポリ」!!

おお、何という魅力的な響き。長年、切り絵にしたかったテーマです。先日のナポリ旅行で歩き回ってたくさんの写真を撮りました。ここが一番スパッカ・ナポリらしい眺めかな。
パスクアーレ・スクラ通りです。突き当りにサンタ・マリア・デッラ・セッテ・ドローリ教会があります。その背後にはヴォメロの丘。この道をちょっと進んで右に曲がると丘へ登るケーブルカーの駅があります。

元気で賑やかでカオスな雰囲気が大好きな場所です。

と言う訳で、タイトルは「スパッカ“カオス”ナポリ」。サイズは50×100cmです。

9月に鹿児島で個展ですけど、DMに使おうかな。鹿児島市はナポリと姉妹都市であるので、ふさわしいだろう。

Img_6673

こちらは裏面です。今回、ふと気になったのでパーツ数を数えながら作りました。(何をやってんだと、自分でも思いました。)
総パーツ数、6385パーツでした。・・・5千パーツ程度だろうと思ってましたけど、ちょっと細か過ぎたかな。でもまあ、それが良い。でかくて細かいから作ってて燃えるんですよ。
夏の暑さにも負けない程、熱く燃え上がるのだ。BURNING BLOOD !!
そして、夏はまだ始まったばかりじゃ!!これからもっと激しく燃え狂う!!切って切って切りまくってやるわ!!

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

靴工房cagra

Cagra

久々に日本の職人シリーズの新作です。モデルは靴職人、樋口泰三さん。サイズは30×20cmです。

4月の北海道のイベントでFBで知り合った方が歓迎会を開いてくれました。(初対面なのに、何と果報な。)
その方も職人仕事が好きで、地元の職人さんに作ってもらってるそうです。
樋口さんもその一人で、私の歓迎会にも来てくれました。

イベントの会期中にFBの友人から注文が入ったので、イベント終了後に取材させてもらいました。

樋口さんは札幌市内でcagra(かぐら)という工房を運営されています。オーダー靴の他、靴作り教室もされてます。
取材中、色々と話をしてたら、まだ職人になる前にフィレンツェを旅行してたら、1軒の靴工房が目に止まり、それがきっかけとなって靴職人になったそうです。

多分・・・マンニーナ工房で働いてた、フィリッポ・グラナータさんですね。
最近、マンニーナさんの記事でちょっと書いたけど、凄腕の職人さんでしたね。(10年程前に亡くなられました。)

001_filippo_e_luciano

左がフィリッポさん。久々に彼の事を思い出しました。寡黙だったけど良い人でした。

しかし、どこかでつながってるもんですね。

樋口さんの工房のHPです。札幌近郊にお住いの方は是非どうぞ。

http://cagra.net/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧