« イタリアのお菓子シリーズ | トップページ | 切り絵漫画「ロミオとジュリエット」前編 »

2018年12月13日 (木)

お菓子で抽象画

名古屋の個展が終って以降、注文制作をやってます。はー忙しい。年内に全部仕上げるのは無理なんだけど、出来る限りは作っちゃいたいところです。

と言う訳で、前回のブログの続き。イタリアのお菓子シリーズをやりましたが、今年はそれを元に抽象画を作りました。抽象画と元になった切り絵をペアで展示するって、ずっとやりたかったんですよね。
サイズは各15×15cmです。前回発表のイタリアのお菓子シリーズは10×10cmなので、1,5倍の大きさ。ブログでも並べて公開して行きます。

各お菓子の説明は前回のブログを参照して下さいませ。

1_2

カンノーリ
おっぱいを連想した人が居ました。こんなので欲情するってのも、ちょっとどうなんでしょうと思った。

2

ティラミス
ジェラート屋さんなんかでも売ってます。こんな小洒落たケーキみたいな感じじゃなくて、スプーンですくってカップに入れて売ってくれる。

3

トッローネ
ナッツやドライフルーツが入ってるので、見た目に華やか。お土産に買って行ったら喜ばれた。まあ、私はナッツとか何も入ってないのも好きですけど。

4

カントゥッチ
イタリア土産の定番ですが、固いので歯の悪い人には向いてないかも。そういえば固くなったパンをかじって歯が欠けた留学生仲間がいたなあ・・・。

5

パンナコッタ
レストランでも食べたけど、スーパーで売ってるのを時々買ってました。ベリー類とチョコレートのソースの2種類あったなあ。日本でも売らないかしら。

6

ジェラート
フィレンツェに旅行してる方に教えるのは2番目に好きな店。1番好きな店は中心部から外れてるので。どうしても行きたかったら教えますが。

7

スフォリアテッラ
マツコが絶賛したら爆発的に売れてるみたいで、日本のお菓子屋さんが通販をやってたんですが、注文が殺到してストップになってた。凄いな。


8

スキアッチャータ・コン・ウーヴァ
フィレンツェから帰国する前日にパン屋さんに行き、テイクアウトして翌日、飛行場で朝ごはんとして食べました。一日経つと多少べチャッとしてたけど充分美味しかった。

以上、抽象画シリーズでした。次は何をやろうかな♪

|

« イタリアのお菓子シリーズ | トップページ | 切り絵漫画「ロミオとジュリエット」前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアのお菓子シリーズ | トップページ | 切り絵漫画「ロミオとジュリエット」前編 »