« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

切り絵漫画「ロミオとジュリエット」後編

ロミオとジュリエットの後編です。

Romeo_e_giulietta_009a

キュピレット ええい、うるさい、この親不孝のおひきずりめが!よいか、言っておくが、木曜日には教会へ行くのだ。

ジュリエットの父のキュピレットは、公爵の甥であるパリス伯爵との縁談をまとめたのですが、ジュリエットは拒否する。当然、怒り狂うキュピレット。
ところで、おひきずりって何だ?
国語辞典で引いてみましたが、きれいな着物を着てるだけで、働かない女の事だって。長いドレスを引きずって歩くからですかね。何か、セクハラで訴えられそうな台詞である。

Romeo_e_giulietta_010a

僧ロレンス それから寝る時には、この瓶を持って行かれてな、中の毒液を、すっかりお飲みになるがよい。

僧ロレンスの計画によると、その毒液を飲むと42時間の仮死状態になるので、その間にマントヴァにいるロミオを呼び寄せて、ほとぼりが冷めるまで二人で身を隠す。時期を見て実は二人とも元気で一緒になって居るという事を公表すれば、100年もの間いがみ合っていた両家も和解させる事が出来る・・・。

という策だったのですが・・・。状況を説明する手紙を出したら、使いに出した物がペストの疑いをかけられてヴェローナから出してもらえず、ロミオの元に手紙が届かなかったので物語が悲劇に・・・。しかし、それでも手は打てたと思うんだけどなあ。肝心な所でノンビリしている。

Romeo_e_giulietta_011a

乳母 お嬢様がお歿くなり、お歿くなりになりました。あああ、情けない!

マキューシオがロミオ側のギャグ担当なら、ジュリエット側はこの乳母。騒々しく大騒ぎしてジョークも飛ばすが(マキューシオとの掛け合いで調子に乗り過ぎたのをハッと我に返る場面がある。)終始ジュリエットの身を案じて行動する。出番も多くて重要な役なんですけど、名前が設定されてないんですね。スーザンと言うジュリエットと同年で、若くして亡くなった娘の名前まで出てるんだけど。

Romeo_e_giulietta_012a

パリス やい、モンタギューの悪党奴、神を畏れぬ所業をやめろ!殺した上に、なおまだ復讐を加えようというのか?

公爵の甥のパリス伯爵。ジュリエットと婚約したので、墓前で別れを偲んでいた所にロミオが現れて決闘になった。映画ではカットされる事が多いみたいで、パリス伯爵は死ななくて済むんだけど、そうなると何しに出て来たのか分かんなくなっちゃうんですねえ・・・。
公爵の甥と言えば、マキューシオもそうなんですけどね。この二人は特に接点も無かったのです。考えてみたら、公爵も身内が二人死んでいるので、他人事じゃなかったんですね。

Romeo_e_giulietta_013a

ロミオ さあ、わがいとしの人のために!(毒薬を飲む)おお、正直だな、薬屋、貴様の薬はよく利くぞ。さあ、こう、接吻して、俺は死ぬ。(息絶える)

ジュリエットが死んだと勘違いしたロミオは毒薬を飲んで自決する。

Romeo_e_giulietta_014a

ジュリエット この胸、これがお前の鞘なのよ。(自ら胸を刺す)さあ、そのままにいて、私を死なせておくれ。(ロミオの身体の上に折り重なって死ぬ)

ロミオが息絶えた後、ロレンスが現れるのですが、夜警の見回りを恐れてジュリエットを置いて逃げ出すんです。もうちょっと早く現れるか、せめてジュリエットを連れて行くかどうかすれば良いのに。
しかし、このジュリエットの台詞も良いですな。

Romeo_e_giulietta_015a

モンタギュー いや、もっと差し上げたいものがあります。というのは、私はお嬢様の像を、純金で建立しましょう。

終始影の薄かったモンタギュー(ロミオの父)。私の作品でも登場出来なかったので最後に台詞だけ出しました。ちなみにロミオの母は、ロミオがヴェローナから追放された悲しみのあまり息絶えてしまったそうです。ついでのように片付けられてしまって、ジュリエットの両親に比べるとやっぱり扱いが悪いなあ。

最後の場面は実際のジュリエットの家の風景です。家の前にはジュリエットの像が立ってるんですね。(流石に純金ではないけど。)
物語として話が進んだのですけど、最後は現実の世界とリンクしているというのを演出しました。

ただですね・・・モンタギューの台詞の後、キュピレットが自分もロミオの像を立てましょうって台詞があるのですけど、現実のヴェローナにはロミオの像は無いのです。ジュリエットの像の隣に建ててあげなよって気がするんですけどねえ。

ジュリエットの像の左胸に触ると幸せになれるそうなので、観光客が触りまくってツヤツヤになってるんです。

名古屋の個展が終ってから、レオナルド・ディカプリオがロミオ役をやった映画も見ました。こちらは現代の物語になっています。
現代劇としては無理のある場面もあります。殺人を犯したロミオを町から追放するだけとか、ジュリエットの死を知らせる手紙が届かずに大騒ぎしたりとか。・・・電話をかけなさいよ。
見ていて最初は「おいおい・・・。」と思いましたが、グイグイと話に引き付けられるのは、やはりシェイクスピアの原作の持つ力でしょうな。(台詞は同じなのです。)見て良かったと思いました。

そして最近、1936年に制作された白黒の映画も見ました。最初に作られたロミオとジュリエットの映画ですね。原作通りの展開で、ちゃんとパリス伯爵も決闘で死ぬのですが、主演のロミオとジュリエットがどうも若く見えない・・・。調べてみたらロミオを演じたレスリー・ハワード(後に風と共に去りぬでアシュレイを演じた。)が43歳、ジュリエット役のノーマ・シアラーは34歳だったんですって。どおりでおばさんくさいなあと思った。若手を使わずに、当時の名優を使ったって事でしょうけどね。いや、楽しめましたけど。

そんなこんなでロミオとジュリエットにはまっちゃった年末でございました。
皆様にも良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

切り絵漫画「ロミオとジュリエット」前編

一昨年の西遊記、昨年のピノッキオの冒険に続く第3弾。今年は何すっかな~と悩みましたが、2月にイタリアのヴェローナを旅行した時に閃いた。

「そうだ、ロミオとジュリエットをやろう!!」

ロミオとジュリエットはイギリスの文学者、シェイクスピアの戯曲ですが、舞台となったのはイタリアのヴェローナなんですね。
スタートしたのは10月の鹿児島の個展が終ってから。一応、それまでに文庫本を買って来て終わりまで読んだのですが、これがもう本当に頭に入って来ない。戯曲ってのは台詞だけで話を進めて行くのですけど、全然面白くないんです。
しかし、ロミオとジュリエットの映画(1968年、オリヴィア・ハッセー主演)のDVDが手に入りまして、何度も見ては原作本を読み、15回程繰り返した結果、「ロミオとジュリエットは非常に面白い!!」という結論に至りました。慣れて来ると戯曲の独特の言い回しも面白い。完全にはまっちゃいましたね。

西遊記やピノッキオと違って、ロミオとジュリエットの場合はキャラクターが頭に浮かばないですね。なので、映画版を基本に、ルネッサンスの絵画(だいたい14世紀の物語なので)を参考にしてデザインしました。

と言う訳で、大苦戦しましたが何とか完成。15点を一つの額縁に入れて展示しましたが、それぞれの作品の下に登場人物の台詞も印刷して貼り付けました。以下、太字が作品と一緒に展示した台詞です。

Romeo_e_giulietta_001a_2

ティボルト 地獄と一切、モンタギューの奴等は貴様もそうだが、それほどいやだ。さあ、いくぞ腰抜け!

プロローグ、ヴェローナの町で憎しみ合うキュピレット家とモンタギュー家。この物語の100年以上前に、ローマ教皇と神聖ローマ帝国の皇帝が覇権を争ったという事があり、ロミオの実家であるモンタギュー家は教皇派、ジュリエットの実家であるキュピレット家は皇帝派に所属していたそうです。
ティボルトは上の作品画像で中央で剣を振り上げている人物。ジュリエットの従兄になります。(ジュリエットの母の兄の息子)非常に血の気の多い人物。

Romeo_e_giulietta_002a_2

太守 治安を乱す不逞の輩、してまた隣人の血潮をもって刃を汚す不埒の輩―なんと、聞く耳持たぬというのか?

町中で諍いを起こす両家の間に割って入り仲裁を行うヴェローナの太守。エスカラス公爵という名前です。

Romeo_e_giulietta_003a

ロミオ 私の唇という二人の巡礼が、今こそ優しい接吻をもって、手荒なこの痕を拭いとろうと羞じらいながら控えております。

キュピレット家主催の仮面舞踏会に忍び込んだロミオはジュリエットに一目惚れする。ジュリエットに出会う前はロザラインという女性に恋していました。ロミオの従兄のベンヴォーリオは「ロザラインなんて、そこまでいい女じゃないだろ!」と言うのですが、恋は盲目だったようで・・・。しかし、この場面以降は「ロザライン?誰です?」てな感じになってました。

・・・にしても、ロミオは一体何を言ってるのでしょうね?訳の分からない事を口走ってどさくさ紛れに手に接吻をしてるようにも思えます。
しかし、ジュリエットもこれに対して似たような言葉で答えている。これは、二人の年齢(ロミオ16歳、ジュリエット14歳)を考えると、精一杯の背伸びしたやり取りだったんですかねえ・・・。


Romeo_e_giulietta_004a

ジュリエット ああ、ロミオ様、ロミオ様!なぜロミオ様でいらっしゃいますの、あなたは?

あまりにも有名なこの台詞。この場面だけは作らなきゃねって事で。
ちなみに、ジュリエットの立っているバルコニーは、実際にヴェローナにあるジュリエットの家のバルコニーをそのままデザインしました。現地取材の成果ですね。
しかし、実際はこのバルコニーまで高さが有り過ぎて、ロミオがよじ登るのにはちょっと無理があります。まあ、当時は丁度良い高さの木が生えてたって事にしときましょうか。

Romeo_e_giulietta_005a

僧ロレンス 願わくは神もこの聖なる式に微笑みを送りたまえ。後の日に悲しみをもてわれらを責め給わざらんことを!

出会った翌日に二人だけで結婚式を挙げる。
この直前の場面も好きで、ロミオが従兄のベンヴォーリオや悪友のマキューシオらと、冗談を飛ばしあい、ジュリエットから伝言を預かって来た乳母をからかう所など三馬鹿と言った感じ。ロミオというと、繊細で内向的なイメージですが、友達といる所は今でもイタリアにいるような年頃の男子って感じで微笑ましい。

Romeo_e_giulietta_006a

マキューシオ なに擦り傷、擦り傷だ。だが、もう深傷は十分。

ロミオの友人であるマキューシオと、ジュリエットの従兄であるティボルトが剣を抜いての騒ぎを起こす。二人の間に割って入るロミオだったが、ティボルトの剣がマキューシオの体を貫く。
このマキューシオはエスカラス公爵の甥。なので、本来は両家の諍いには無関係なのですけど、どういう訳かモンタギュー側について戦っている。
お調子者なので、刺されて助けを求めても周囲の者たちは「またマキューシオの悪ふざけが始まった。」とばかりに相手をせず、最後は「両家とも滅びてしまえ!!」と呪いながら倒れる。

Romeo_e_giulietta_007a

キュピレット夫人 公爵様、どうぞ公平な公爵様、私たち一族の血の償いに、モンタギューの血も流してやって下さいませ。ああ、ティボルト、私の甥!

陽気なマキューシオの死はロミオを激しく憤らせ、ティボルトを殺してしまう。かけつけたエスカラス公爵にキュピレット夫人はロミオの処刑を訴えるのですが、これ以上の流血騒ぎを嫌った公爵により、ロミオのマントヴァへの追放が言い渡される。
・・・ジュリエットの両親の方が出番が多いですね。ロミオの両親の方は、すごく影が薄い。私の作品でも結局出番が無かったりします。

Romeo_e_giulietta_008a

ジュリエット では、窓よ、光を入れて、そして生命を送り出しておくれ。
ロミオ さようなら、さようなら!もう一度接吻を。それでは行こう。


マントヴァへ追放される前日、ジュリエットの乳母の手引きでロミオはジュリエットと一夜を過ごす。
この前のベッドシーンも良い台詞があります。ジュリエットの「今聞こえたのは、あれはナイチンゲイル、雲雀じゃありませんわよ。」って。ナイチンゲールは別名をヨナキウグイスと言います。朝に鳴くのは雲雀。だから夜が明けて欲しくないって思いのこもった台詞なんですね。その場面も作品にしたかったんだけど、私のこの絵柄でベッドシーンは無いよなあとおもったので、別れの場面にしました。

・・・長いので、後編に続く。

| | コメント (2)

2018年12月13日 (木)

お菓子で抽象画

名古屋の個展が終って以降、注文制作をやってます。はー忙しい。年内に全部仕上げるのは無理なんだけど、出来る限りは作っちゃいたいところです。

と言う訳で、前回のブログの続き。イタリアのお菓子シリーズをやりましたが、今年はそれを元に抽象画を作りました。抽象画と元になった切り絵をペアで展示するって、ずっとやりたかったんですよね。
サイズは各15×15cmです。前回発表のイタリアのお菓子シリーズは10×10cmなので、1,5倍の大きさ。ブログでも並べて公開して行きます。

各お菓子の説明は前回のブログを参照して下さいませ。

1_2

カンノーリ
おっぱいを連想した人が居ました。こんなので欲情するってのも、ちょっとどうなんでしょうと思った。

2

ティラミス
ジェラート屋さんなんかでも売ってます。こんな小洒落たケーキみたいな感じじゃなくて、スプーンですくってカップに入れて売ってくれる。

3

トッローネ
ナッツやドライフルーツが入ってるので、見た目に華やか。お土産に買って行ったら喜ばれた。まあ、私はナッツとか何も入ってないのも好きですけど。

4

カントゥッチ
イタリア土産の定番ですが、固いので歯の悪い人には向いてないかも。そういえば固くなったパンをかじって歯が欠けた留学生仲間がいたなあ・・・。

5

パンナコッタ
レストランでも食べたけど、スーパーで売ってるのを時々買ってました。ベリー類とチョコレートのソースの2種類あったなあ。日本でも売らないかしら。

6

ジェラート
フィレンツェに旅行してる方に教えるのは2番目に好きな店。1番好きな店は中心部から外れてるので。どうしても行きたかったら教えますが。

7

スフォリアテッラ
マツコが絶賛したら爆発的に売れてるみたいで、日本のお菓子屋さんが通販をやってたんですが、注文が殺到してストップになってた。凄いな。


8

スキアッチャータ・コン・ウーヴァ
フィレンツェから帰国する前日にパン屋さんに行き、テイクアウトして翌日、飛行場で朝ごはんとして食べました。一日経つと多少べチャッとしてたけど充分美味しかった。

以上、抽象画シリーズでした。次は何をやろうかな♪

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

イタリアのお菓子シリーズ

今年の展示も終わったので、今年制作した作品画像で未発表のやつを公開して行きます。

まずはイタリアのお菓子シリーズから。2年前から始めた料理のシリーズですけど、魚料理、イタリア料理と続けて、今シリーズで第3弾となりました。サイズは各10×10cm。魚料理とイタリア料理のシリーズは15×15cmだったので一回り小さいです。このぐらいのサイズの方がこのシリーズには合ってるので。

Dolce_italiano_001a_2

カンノーリ
既にこのブログで見せましたが、これが第一弾です。
シチリアのお菓子ですね。薄く焼いた生地にリコッタチーズで作ったクリームが詰まってます。シチリアの名物って言っても、今はイタリア全土で売ってますからね。今年の2月に北イタリアを旅行しましたけど、度々見かけました。歩き疲れた時におやつに食べたけど、カロリーが高いのか疲れが取れましたね。

Dolce_italiano_002a

ティラミス
バブル時代に有名になった北イタリアのお菓子。エスプレッソを滲みこませたビスケットとマスカルポーネチーズで作ったクリームが層になって、一番上にココア又はチョコレートパウダーをかけて仕上げる。・・・っと、最近は本場のティラミスを食べた人も多いので分かってると思いますけど、イタリアではこんなのはまず出て来ないです。でかいパレットに作って、スプーンですくってべチャッと皿に入れるので、こんな小洒落た感じのは日本のお菓子メーカーさんでしか出ないでしょうね。とは言え、べチャッとしたのは絵にならないんだよなあ。

Dolce_italiano_003a

トッローネ
蜂蜜とナッツの粉を徹底的に混ぜ合わせるペルシアのお菓子「ハルヴァ」が起源。インドからヨーロッパまで広範囲に伝わりました。イタリアに渡ったのがこのトッローネ。スペインではトゥロン、フランスではヌガー、そして日本ではハイチュウ。(最後のは嘘です。)

Dolce_italiano_004a

カントゥッチ
トスカーナ州、プラートのお菓子。アーモンドを練り込んだ固いビスケット。軽く焼いた後、切り分けて再び焼きます。ワインやヴィンサントという甘いワイン、エスプレッソコーヒーなんかに浸して食べるのがポピュラーですが、私はそのまま食べるのが好きかな。シンプルな作りですが、美味しい店のは絶品と言って良い。

Dolce_italiano_005a

パンナコッタ
パンナはクリーム、コッタは温めたという意味。クリーム、牛乳、砂糖を火にかけ、ゼラチンで固めて作る。シンプルながら濃厚な味です。私はイチゴやブルーベリー、ラズベリーなど、ベリー類のソースをかけて食べるのが好きです。

Dolce_italiano_006a

ジェラート
良く言えば素朴、悪く言えば不細工なイタリア菓子ですが(良い材料と良い菓子職人が作れば非常に美味しいのですが・・・。)これだけは文句のつけようがありません。世界に誇れるイタリアのジェラート。大の男でも相好を崩すほどの美味しさ。
作品ではコーンの方をヘーゼルナッツとチョコレート、カップの方をイチゴとピスタチオの組み合わせにしてみました。

Dolce_italiano_007a

スフォリアテッラ
スフォリアテッラとは襞を重ねたという意味。ナポリのお菓子です。パイ生地の中にリコッタチーズで作ったクリームが入ってます。
最近デパートのイタリアフェアに、このお菓子の店が出て来まして大評判になりました。私たち参加者も皆で買いに行って食べたりしてます。日本人向けにアレンジされてますが、確かに美味しい。何でも、マツコデラックスが絶賛したとか・・・。
通販もしてるみたいなので、興味のある方は調べてみて下さい。

Dolce_italiano_008a

スキアッチャータ・コン・ウーヴァ
スキアッチャータは潰した、コンは~と一緒に、ウーヴァは葡萄の意味。
潰したパン生地の上に葡萄を生のまま並べて、砂糖をまぶして焼くだけ。雑な作りですが、これが美味い!!友達の家でお昼をご馳走になった時にデザートとして出て来て、何気なく口に入れたら夢中で食べちゃいました。
葡萄の収穫時である秋限定、トスカーナ地方だけ出て来るお菓子です。

以上8点。絵になるイタリアのお菓子を作ってみました。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »