« 実はですね・・・。 | トップページ | ヴェローナ »

2018年4月 7日 (土)

ベルガモ

毎年、1ヶ月間フィレンツェに滞在してましたが、最後の方には「早く帰って仕事してえなあ・・・。」って感じでグダグダになる事も多いので、今回の滞在は2週間にしました。
職人工房の取材も今回は止めました。取材したけど切り絵にしてない職人さんって結構あるんですよね。これ以上取材すると宿題が溜まって行く一方なので、今回は職人工房の取材は止め。風景のみの取材にしようって事で、そうなるとフィレンツェ以外の所に宿を借りて、そこを中心に日帰りで取材に行くという事にしました。

と言う訳で、ミラノ到着直後にスーツケースが届いてないというアクシデントに見舞われましたが、気分を切り替えてイタリア滞在2日目の2月2日(金)はベルガモに行って来ました。ミラノから電車で50分弱。初めて訪れる地ですね。

傘を差す程でも無い微妙な天気でした。駅から町の中心までちょっと距離が有るのでバスを使います。ベルガモの町自体は高い丘の上にあるので、ふもとからはケーブルカーを使う。

Img_3105_3

ケーブルカーの駅を出てすぐの所にあるお菓子屋さんにて。ベルガモの名物お菓子で、ポレンタ・エ・オゼイといいます。ポレンタってトウモロコシの粉、オゼイはベルガモ弁で小鳥の事。実際はポレンタは使ってないそうです。色が黄色いでポレンタに見えるから、そう呼ばれるんでしょうかね。何となく銘菓ひよこを思い出すなあ。帰りに小さいのを1個買って食べたけど、フワッとしたスポンジにチョコレートのクリームが入ってて美味。

Img_3129_2

しばらく歩くと広場があります。ここが町の中心、ヴェッキア広場。
左がベルガモの歴史博物館、右がラッジョーネ宮殿で、その向こうにドゥオーモがあります。
歴史博物館の中にある塔は上れるんだけど、昼休みの時間が迫ってたんで、午後に改めて上る事にしました。

Img_3152

ラッジョーネ宮殿の向こうにあるドゥオーモ。(その町で一番大きい教会と考えて下さい。)悪くない建物なんだけど、至近距離にあるのがなあ・・・。

Img_3148

コッレオーニ礼拝堂。15世紀に活躍した傭兵隊長でベルガモの領主、バルトロメオ・コッレオーニが自分と娘の為に作った礼拝堂です。
独特の形してて、非常に興味深いですね。

昼御飯はピアディーニを食べました。ピアディーニって薄く焼いた生地でチーズとか肉とか野菜を巻いた料理。北イタリアでよく食べられてます。

昼食後、町全体が見える高台に向けて歩く。ここもケーブルカーがあるんだけど、大した距離はなさそうなので歩いてみました。

Img_3200

なかなかの風景ですね。良い眺め。

再び町の中心部に戻って、博物館の中にある塔に上りました。

Img_3245

コッレオーニ礼拝堂が素晴らしいね!!この角度からの眺めはベスト!!
いつか、しっかりと切り絵にしたいと思います。これを見れただけでも来た甲斐がありました。
コッレオーニ礼拝堂、昼前に中に入ったんだけど(中は撮影禁止でした。)意外と狭いなあと感じました。上から見ると成程、奥行きもあまり無い。くっついてる教会のせいで大きく見えてた訳ですね。

この後も色々歩きましたけど、塔からのコルレオーネ礼拝堂ほどのインパクトは無かったかな。
満足して、日没前にミラノに戻りました。

宿で簡単な仕事したかったんだけどね。道具はスーツケースの中。(刃物だしなあ。)晩御飯食べてシャワー浴びて洗濯したら、やる事無いので午後9時ぐらいに寝ました。1泊分の着替えは持ってたし、そんなに不自由は無かったんだけどね。夜は退屈だったなあ・・・。

|

« 実はですね・・・。 | トップページ | ヴェローナ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。