« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月11日 (月)

切り絵漫画「ピノッキオの冒険」

昨年の切り絵漫画「西遊記」に続く第2弾。西遊記缶スプレーで着色したグラデーションの無い紙で作りましたが、今回はエアブラシで着色。こっちの方が私の作品らしいかな。
サイズは全て15×15cmです。

Pinocchio001_2

ピノッキオ誕生の場面。

Pinocchio002

脚が出来た時点でゼペット爺さんを蹴飛ばし逃げ出すピノッキオ。
まだ耳の部分を作ってなかったので、ゼペット爺さんが止めてもピノッキオには聞こえない。

Pinocchio003

人形芝居の小屋に遊びに行ったピノッキオでしたが、火喰い親方に捕まって、危うく焚き木にされそうになる。しかし、この人は実は良い人で、ピノッキオが身の上話をしたら同情して、小遣いまでくれて放してくれたそうな。・・・外見で損してる人だな。

Pinocchio004

悪いキツネとネコに騙されて晩御飯を集られる場面。

Pinocchio005

トルコ石の色の髪の毛の仙女様に助けられたピノッキオ。薬を飲むのを嫌がったら、部屋の扉が開いて棺桶を担いだ真っ黒なウサギ達が入って来た。
「お薬を飲まないと死んじゃいますよ。」慌てて飲み干すピノッキオであった。

Pinocchio006

未だに2人組に騙されてる事に気が付かないピノッキオ。金貨を埋めると1000倍に増えるという野原に連れて行かれました。

Pinocchio007

葡萄畑に入り込んだら罠にはまってしまいました。畑の主人に怒られて、しばらく番犬の代わりをする事になったピノッキオ。

Pinocchio008


真面目に学校に行ってましたが、友達と喧嘩になり怪我人まで出してしまいました。警察に連行されるピノッキオ。

Pinocchio009

「ロウソクの芯」と言うあだ名の友達から子供の国に行こうと誘われるピノッキオ。

Pinocchio010

子供の国で遊んでる内にロバの耳が生えて来ました。

Pinocchio011

サーカスに売られるピノッキオ。

Pinocchio012

海に浸かってる内にロバの皮が剥がれて元に戻りましたが、海の怪物に飲まれてしまいました。

Pinocchio013

胃袋の中でゼペット爺さんと再会。

Pinocchio014

海の怪物から脱出しました。一緒に出て来たマグロさんに岸まで運んでもらいました。

Pinocchio015

ゼペット爺さんを助けて真面目に働いてたら、ある朝、目が覚めたら人間の子供になっていました。めでたし、めでたし。

前回のイタリア滞在でピノッキオの原本を買って来まして、日本語版と照らし合わせながら一通り読んでみました。(流石に原本だけで全部読むのは時間無かったので。)読んで行く内に疑問が出て来たり誤訳を見つけたりで、制作するよりも調べ物をしてる時間の方が多かったりして。

一つ疑問に思った事があります。
ピノッキオが悪い2人組と食事する場面ですが、店の名前を「ガンベロ・ロッソ」と言います。赤い海老という意味ですね。
ガンベロ・ロッソというと、イタリアで一番権威のあるレストランガイドの名前なのですけど、ピノッキオの話から取ったんでしょうかね?
調べても出て来なかったので、知ってらっしゃる方が居ましたら教えて下さいませ。

ピノッキオの翻訳本、かなり面白いですよ。今回は15点、名場面を選びましたが、まだまだ絵になる場面や面白い話はたくさんあります。(重要な登場人物である、お話しするコオロギが作れなかった・・・。)
訳注も多いので、当時のイタリア文化の勉強にもなります。(140年前に書かれてます。)興味がありましたら本屋さんで探してみて下さい。

http://www.kotensinyaku.jp/books/book242.html

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

イタリア料理シリーズ

個展に出した作品を公開して行きます。

まずはイタリア料理シリーズから。サイズは全て15×15cm。昨年開発した技法、「切り絵ヌード」で作ってあります。輪郭線の無い切り絵ですね。

001_a_5

ピッツァ・マルゲリータ
モッツァレッラチースとトマト、バジリコで作る一番シンプルかつ一番美味しいピッツァ。

002_a

ビステッカ・フィオレンティーナ
フィレンツェ風Tボーンステーキ。付け合せはトスカーナ名物の白インゲンです。

003_a

赤ワインとサラミ盛り合わせ。
エノテカにて。赤ワインに合うつまみを頼んだら出された一品です。

004_a

ホウボウのアクア・パッツァ
魚介類とトマトを塩水で煮る料理。ナポリ名物です。

005_a

ペポーゾとウサギのロースト
ペポーゾ(手前)は牛肉を黒胡椒で煮込んだシチュー。ウサギは香草を詰めてポルケッタ風に。付け合せはジャガイモのロースト。

006_a

ラザニア
ナポリ名物。板状のパスタをベシャメルソース、ミートソース、チーズと重ねてオーブンで焼く。ランチの定番ですね。

007_a

リボッリータ
くず野菜と固くなったパンで作るスープ。ケチなフィレンツェ人の性格が良く出た料理です。
寒い時には暖まります。

008_a

スパゲッティ・ナポリタン
「こんなのイタリア料理じゃな~い!!」とイタリア人が激怒する料理です。
私は好きですよ。

ちなみに、鉄板に卵を敷くのは名古屋式なんだそうです。何ですと!?
・・・子供の時から喫茶店で出るのはこんなのだから、これが普通だと思ってました。

以上です。
来年も料理シリーズをやるかどうか考え中です。名古屋メシシリーズなんてどうかなあと思ってたら、東京の個展のお客さんに「全部茶色いじゃん。」と言われて、そういやそうだなと思った。どうしましょうかねえ。

| | コメント (0)

2017年12月 6日 (水)

東京の個展、終了しました。

Img_2371

東京・馬喰町のギャラリーUGさんでの個展、終了しました。
見に来ていただいた方、作品・グッズを購入していただいた方、差し入れをしてくれた方、宣伝してくれた方、遠くから応援してくれた方、ギャラリーUGのスタッフの皆様方、どうもありがとうございました。

2年ぶりという事もあったのか、初日からけっこうな人数のお客様に来ていただきました。5日目なんか、全くお客さんが途切れなかったので、午後6時に終了してからお昼ご飯を食べてました。夕方にお昼を食べる事はちょくちょくありますけどね。食べれなかったのは珍しい。
だいたいのお客様は滞在時間も長かったし、楽しんでもらえたかと思ってます。

Radicofani_001a

画像は今回の個展の最新作。初日に額装しました。ラディコファニという町で見たミッレミリアです。
ミッレミリアというのはイタリア語で千マイルの意味。北イタリアのブレーシアからローマまで往復千マイルを走るクラッシックカーレースです。
毎年コースは変わるのですが、ラディコファニは風光明媚な為に必ず通過するそうです。
かなり交通の不便な所にある町です。キウージという鉄道駅からタクシーで1時間。公共交通機関を使うしかない私としては、けっこうハードな取材でしたね。(タクシー代、バカにならないんだよねえ。)
そんなこんなで思い入れのあるミッレミリア。名古屋の個展中に始めて、何とか東京に間に合わせた作品です。
今回の個展の最終日にお買い上げいただきました。

さて、今年の活動はこれで終了。
先週の名古屋と、今回の個展でいくつか注文をいただきましたので、明日から取り掛かるかな。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »