« 鹿児島の個展、終了しました。 | トップページ | アラカブの煮つけ »

2017年9月14日 (木)

ポルト・ヴェネレ

Img_1983_2


毎年1点、大きい切り絵を作ってまして、今年はリグーリア州のポルト・ヴェネレにしました。サイズは50×100cmです。総パーツ数は5799でした。

フィレンツェからポルト・ヴェネレに行くには、ラ・スペツィアまで電車。町中からバスで20分ぐらいで行けます。岸壁の狭い道をクネクネ曲がりながら行くんだけど、この景色が見えた時は興奮しましたね。とても絵になる風景です。

Portovenere_002a

こちらは2年前に制作したポルト・ヴェネレ。サイズは10×20cmです。このサイズの作品も好きですけど、大きいサイズにも充分耐えれるモチーフですね。

ちなみにポルト・ヴェネレはラ・スペツィアからチンクエテッレ行きの船でも行けます。チンクエテッレのリオマジョーレの前がポルト・ヴェネレ。今年制作した方は船からの眺め。2年前の作品は陸からの眺めです。・・・そんなに変わらないね。

さて、今回の作品には新技法を使いました。波の部分です。オレンジ色を吹いた後、シルバーを吹いて、波の形に型紙を切って貼り付け、上から水色を吹き、型紙を外すと波が出来る。(ちなみに、872個の型紙を切って使いました。)

メタリックの絵の具って、下地の色が透けるんです。だから、波の上の方はほんのりオレンジ色。しかし、この部分に光が当たると銀色に輝く。
見る位置によって色が変わるんですね。

まあ、こんなのは小細工なんですけど、インパクトは大きい。お客さんも色んな位置から眺めてくれてたので、楽しんでもらったのではないでしょうか。

この技法を応用して作ったのがこちら。

Photo

10×10cm、イタリアフェアシリーズの新作。リュートの天使像ですね。左側は普通に作ったのですけど、右は黒にゴールドを吹いた紙を切ってます。こちらも光に当てると金色に輝く。

いろんな技法を考えるのは楽しい。ビックリ箱的ではあるけど、基礎的な部分を疎かにしなければ、見た人を感動させる事は出来るのではないかと思っています。

今回のポルト・ヴェネレ、名古屋と東京の個展に出しますので、近辺にお住いの方々、見に来て下さいませ!

|

« 鹿児島の個展、終了しました。 | トップページ | アラカブの煮つけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。