« 高松三越のイタリアフェア、終了しました。 | トップページ | イタリア行って来ます!! »

2017年5月30日 (火)

イタリアの職人シリーズが100点目になりました。

100_paolo_bruscoli_2

2001年から始めたイタリアの職人シリーズが、この作品で100点目になりました。まあ、100点と言っても、同じ職人さんを何度も切り絵にしたり、一つの作品に複数の職人さんが登場してる事もありましたけどね。とりあえず100点目。感慨深いもんですね。

100点目の作品は製本職人のパオロ・ブルスコリさん。サイズは40×60cm。1881年創業の4代目です。「製本職人」としましたが、革製の化粧箱や鞄など、革製品なら何でも作る。
作品にしたのも、近所の家具職人から頼まれた仕事です。家具の一部に緑色の革を貼って、金箔を押して装飾を入れている場面。この道具は先が回転するタイプで「ルォータ」と言います。
趣味がカヌーと言うだけあって、金箔押しをする腕はとても力強い。

イタリアの職人シリーズは100点目だけど、日本の職人シリーズはまだ15点。こちらももう少し作らないとね。

ちなみに、大きいサイズの風景画(50×100cm)は5点、A4サイズ以下の大きさの風景画は266点制作しました。
名画の模写は8点、図鑑シリーズは動物、花、楽器、イタリア関係を合わせて749点仕上がってます。

イタリアの職人シリーズ以外は2002年末にイタリアから引き揚げてから制作した作品ですね。
イタリアの職人シリーズも、イタリアに住んでた頃に作ったのは6点目までだしね。この15年で大小取り混ぜて1122点の作品を作った事になるのか。

な~んか、色んな物を作った気がするなあ。

|

« 高松三越のイタリアフェア、終了しました。 | トップページ | イタリア行って来ます!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高松三越のイタリアフェア、終了しました。 | トップページ | イタリア行って来ます!! »