« 魚料理シリーズ | トップページ | 切り絵で抽象画 »

2016年11月22日 (火)

切り絵漫画「西遊記」

名古屋の個展で公開した作品です。今年の手作り年賀状に孫悟空を作ったのですけど、物語調に名場面を作ったら面白いなと思いまして15点制作。切り絵漫画と名付けて、一つの額縁に入れました。1点当たりのサイズは15×15cmです。

Serie_di_encicropedia2_775

孫悟空誕生。火果山から生まれた石の卵から生まれました。

Serie_di_encicropedia2_776_2

悟空、仙人に弟子入りする。

Serie_di_encicropedia2_777_2

仙術を会得した悟空は増長して天界の軍と戦う。相手をしているのは那托という蓮の精。封神演技では主役級のキャラクター。

Serie_di_encicropedia2_778

大暴れする孫悟空。筋斗雲に乗って地の果てまで達した証拠に落書するが、じつはお釈迦様の掌の上でした。

Serie_di_encicropedia2_779

五行山に閉じ込められて500年。取経の旅をしている三蔵法師と出会う。

Serie_di_encicropedia2_780

三蔵の弟子になった悟空でしたが、乱暴なのは直らず。言う事を聞かない時は三蔵の呪文で頭が締め付けられる。

Serie_di_encicropedia2_781

花嫁泥棒をしていた猪八戒。悟空が花嫁に化けて寝室に潜り込んでいました。慌てて逃げる八戒。

Serie_di_encicropedia2_782

流砂河で旅人を喰らう沙悟浄の登場。八戒と対決だ。

Serie_di_encicropedia2_783

「やい、孫悟空!!」「何だ!?」と返事をすると、アラ不思議。金角・銀角の持つ不思議な瓢箪に吸い込まれてしまいました。

Serie_di_encicropedia2_784

赤ちゃんの形をした果物、人参果。一つ食べると7千年も寿命が延びるそうです。・・・って、気味が悪い。食べれるものか!!

Serie_di_encicropedia2_785

子母河の水を飲むと妊娠するってさ。三蔵様と八戒がお母さんに!?

Serie_di_encicropedia2_786

一年中、炎が燃え盛る山、火炎山。火が強過ぎて先に進めない。

Serie_di_encicropedia2_787

火炎山の火を消すのに、羅刹女の持つ芭蕉扇が必要。借りに行った悟空でしたが、吹き飛ばされてしまった。

Serie_di_encicropedia2_788

羅刹女の夫の牛魔王があらわれた。天と地を揺るがす戦いが始まった!

Serie_di_encicropedia2_789

天竺到着。長い旅は終わりました。

と、こんな感じでございます。魚料理シリーズと作り方は同じですが、着色は缶スプレーで。15色使いました。作ってる途中は楽しかったんですけどね。出来上がったら色画用紙で作ったのと、同じになっちゃいました。

来年はピノキオを作る予定。やっぱりエアブラシでグラデーションを付ける方が良さそうですね。

|

« 魚料理シリーズ | トップページ | 切り絵で抽象画 »

コメント

素晴らしい‼切り絵漫画、初めて拝見しました。絵本を見てるようですね。(^o^)

投稿: blanc | 2016年11月22日 (火) 21時05分

blancさん、ありがとうございます。遊び心も大切だなと思いました。

投稿: 俊寛 | 2016年11月23日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚料理シリーズ | トップページ | 切り絵で抽象画 »