« マンニーナ工房 | トップページ | ミッレミリア、その1 »

2016年6月18日 (土)

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ

最近、TVなんかで取り上げられる事の多い町です。アニメの「天空の城ラピュタ」のモデルになった事でも有名ですね。フィレンツェからはローマ方面の電車に乗ってオルヴィエートで下車。そこからバスで1時間かかります。

行きにくい場所ではないけど、バスの本数が比較的少ないんですね。オルヴィエートに11時に着いて、バスが来るのは1時間半後。駅で待ってても退屈なので、オルヴィエートの町まで行って来ました。

Img_7224

オルヴィエートは丘の上に町があるので、駅からバスかケーブルカーを使うんです。写真はオルヴィエートのドゥオーモ。4年前にも来てまして、既に切り絵にしてるんですけどね。でもまあ、いつみても綺麗だ。丁度お昼時なので、ドゥオーモを眺めつつ、ポルケッタのパニーノを食べました。

さて、いよいよチヴィタに向けて出発。バスの窓からは時々オルヴィエートの町が見えます。平日の昼間としては人通りの少ない駐車場に到着。看板が出てたので20分程歩くと・・・。

Img_7252

おおっ!!

息を飲むほどの絶景でした。周囲を崖に囲まれた古い町。と言うよりも、街の部分を残して周囲の土地が削り取られている。ここはちょっと他に無い町ですね。この時は天気が良かったけど(帰る頃に雨が降り出した)朝なんかは切りが立ち込める事もあるようです。その時の風景は正に「天空の城」ですね。

いやいや。これは何としても切り絵にしなくちゃ。ああ、見に来れて良かった。

Img_7266

展望台から少し降りた所に町へ通じる橋の入り口があります。入場料要りますけど(1,5ユーロ、200円ぐらいですか。)せっかくなので町にも行ってみました。

Img_7272_2

1695年の地震で地面が陥没し、町が取り残されたんですが、橋の方からどんどん崖が崩れて行くために、いずれは消え行く運命にある。だから「死にゆく町」とも言われています。
町への道はこの橋のみ。1965年にこの橋が作られたので、それまでは誰も住んでなかったそうです。

Img_7281

町自体は、よくあるイタリアの田舎町って感じですね。観光客向けにレストランやバール、ホテルはあります。

Img_7283

町の中心には教会があります。サン・ドナート教会。
・・・たまには駆け足じゃなくて、こういう所に泊まってノンビリとワインでも飲みたいなと思うよ。

Img_7298_2

10分も歩けば町の反対側へ出ちゃいます。所々に洞穴があって、かって人が住んで形跡が見られる。・・・っていつ頃の話だろうね。
元々は2500年前にエトルリア人が建設した町だそうなので、この時代の人が掘った穴を、のちの時代まで住み続けていたのかもしれない。

写真は取らなかったけど、映画のピノッキオ(ロベルト・ベニーニ主演)でゼペット爺さんの家として使われた住居もありました。

一通り写真を撮って、バス停まで戻ったあたりで雨が降って来ました。
天気がもってくれて良かった。

これ、いつ作ろうかな♪



|

« マンニーナ工房 | トップページ | ミッレミリア、その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンニーナ工房 | トップページ | ミッレミリア、その1 »