« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | ミッレミリア、その2 »

2016年6月20日 (月)

ミッレミリア、その1

ミッレミリアとはイタリア語で千マイルの意味。北イタリアのブレーシアからローマまで、往復で千マイルをクラシックカーで走るレースです。

2003年と2005年に小サイズのシリーズで切り絵にしてますけど、ほとんど売れちゃったので最近は展示会に出さないんです。
「またミッレミリア、作って下さい。」ってリクエストがちらほらあるので、じゃあどうせならスタート地点であるブレーシアに行く事にしました。

ブレーシアには、フィレンツェに住んでた頃に1度行ってます。料理人の友達が働いてたので、泊めてもらって、お店にも食べに行って・・・って感じでした。ブレーシア、けっこう大きい都市だけど、その頃は日本人で棲んでる人も少なかったようで、日本円をリラに両替してもらおうと銀行に行ったら「初めて見た。」と銀行の人が全員出て来て珍しがられたそうです。

ブレーシアに昼ごろ到着しました。
残念ながら、この日は雨。天気が良ければもっと楽しめたのに!

ミッレミリアがスタートするのは14時半。それまでは市内の色んな所に車が置かれてます。

Img_7875

ブレーシアのドゥオーモです。ここの広場にもたくさんの車が並んでました。さ野外博物館といった感じでしたね。

Img_7885


Img_7896


Img_7900

3枚ともドゥオーモ前広場です。既にテンション上がりっぱなし。雨降ってたけど、撮影してる時に傘が邪魔になるので、時々傘をしまって濡れるのも構わずに撮ってました。

Img_8052

さて、14時半を回って、いよいよレース開始。ナンバーの順にスタートするらしいです。レースと言っても早さを競う訳ではなく、決められた場所を決められた時間に通過しなければならない。
写真はドゥオーモ近くのロッジア広場にて。

Img_8074

Img_8070

雨降ってるから可哀そうなドライバーもいたりして・・・。

Img_8143

Img_8149

徐々に場所を変えて撮影して行きます。

Img_8217

Img_8221

Img_8309


Img_8278

・・・と、こんな感じでした。
しかし、車が近付いて来る時のエンジン音ってしびれますね。ほとんど車の事を知らない私でも良いなと思います。

この後、選手たちはアドリア海側の町、リミニに出て、翌日はローマまで南下。3日目はローマから北上してパルマまで移動し、4日目の14時半にブレーシアに戻ります。

出来ればついて行きたい所ですけど、予算の都合もあるので、夕方の電車でフィレンツェに戻りました。楽しかったけど、やっぱり雨が降らなきゃなあ。来年、リベンジしようかしら・・・。

|

« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | ミッレミリア、その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チヴィタ・ディ・バーニョレージョ | トップページ | ミッレミリア、その2 »