« 豊田市で合同展です | トップページ | 下絵まで終了 »

2015年7月29日 (水)

豊田市の合同展、終了しました。

日曜日に合同展は終了したので、2日遅れの記事になってしまいました。今月はやらなきゃいけない事が多くて、目が回ってます。

Dscf9613

この作品は4年前に制作したおいでん祭りのポスター。現在は市役所の商業観光課の会議室に飾ってあります。合同展の日程がおいでん祭りと同じだったので、どうせなら展示しようかという事で、市役所にお願いして借りて来ました。考えてみたら、私の展示会に出すのは初めてだったりします。

このポスター、依頼していただいた市の方も、制作した私も「祭りのポスターを作る」ってのは初めての経験だったので、「どうしよう?」「どうしましょう?」「どうしようかね?」と手探りで方向を決めて行きました。前年に優勝した女子高生のチームを描くという事になったけど、下絵の段階で太く描き過ぎたようで、担当のお姐さんに「若い子なんだから、もうちょっと細く描いて下さい!」と何度かダメ出しが・・・。

Dscf9614_2

こちらは、ポスターを作るにあたって、実験的に制作した切り絵。広告のイラストとして適当に使ってもらいました。私はこの作品を存在自体忘れてまして、市役所に借りに行った時に額縁が2つ出て来たので、「何で2つも?」と不審に思った。ちゃんと額装して飾ってくれてたんですねえ。嬉しい。

Img_4339

私のブースです。いつも通り作品を展示して、実演をやりました。

Img_4344

今回の合同展、アメリカ在住の中国人アーティスト、伍江梅(ウー・ジャンメイ)さんが主役。画像は伍さんの作品の一つ。和紙を使った照明です。コンピューターで媒介変数を駆使した技法で・・・(途中から訳分かんない。)

滞在日数が限られているので、豊田市在住の作家がいかに仕事をするか見せたいという事もあって、土曜日は公開制作という事で、大勢の作家さんたちが会場で仕事してました。
・・・どう見ても準備中なので、一般のお客さんは入りづらかったみたい。

Dscf9622

会場で寝てる人が居ます。日曜日に書道のデモンストレーションをする方。どう見ても寝ているように見えるが、このようにして集中力を高め、構想を練っているのだろう。

・・・後でご本人に聞いてみたら、単に眠かったから寝てたんだって。一応、お客さんも居るのに!世の中には肝の太い人も居るものだなあ。

Img_4342

皆、作業を終えたら、こんな感じになりました。思った以上に素敵な仕上がり。この状態の展示は日曜日だけなので、実質1日だけの展示でしたが、何だか勿体無いなと思いました。1週間ぐらいやってても良かったのに。

Img_4354

日曜日の昼過ぎに津軽三味線と書道のデモンストレーション。前の日に昼寝してた人も格好良かったですね。
今回、豊田市の三味線職人さんの切り絵も展示したんですけど、この三味線奏者の方の楽器を作られたそうです。この日は駐車場が満車だったせいか、職人さんが来られなかったのが残念。

こうして地元の作家さん達との合同展は初めてでした。私は豊田市出身じゃなくて、近くの刈谷市で生まれ育ったので、豊田市には友達も少なかったんですけどね。本当に少しずつ豊田市に馴染んで来てる気がします。良い感じの合同展でございました。

おまけ。

Img_4346

私たちが展示してた市民文化会館の小さい方の展示室で、豊田市の絵画サークルの合同展をやってたので、見ていたらどっかで見た顔が・・・。
フィレンツェの革細工職人、ジュゼッペ・ファナーラさんではないか!!
まさかご近所(うちから車で5分ぐらいだよ)でこの方と出会うとは!!
作者の方が傍に居たので、多少興奮気味に、いつジュゼッペさんに会ったのか聞いてみました。

「え?え?え?」

と何だか要領を得ない。イタリアにも行った事が無いと言うので、じゃあ何故この絵を描く事が出来たのか聞いてみたら、友達が持って来たカタログだか広告だかの写真を見て適当に描いたんだって。

・・・って、何だその良い感じにボンヤリした話は。もう大笑い。作者の方にジュゼッペがどんな人か説明してあげました。翌日、ジュゼッペさんの切り絵のポストカードをあげました。

この話、フェイスブックに書いたら、ジュゼッペさん本人は勿論、弟子の方にも大うけでした。そりゃ笑うわなあ。
しかし、遠く離れた人の反応がすぐ帰って来るって、考えてみたら凄い事だね。インターネットの賜物だな。

|

« 豊田市で合同展です | トップページ | 下絵まで終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豊田市で合同展です | トップページ | 下絵まで終了 »