« ロンドン観光、後半 | トップページ | 特殊メイク職人、ガブリエレ・フィリストゥルッキ  »

2014年11月 2日 (日)

秋の味覚!

さて、イギリスから戻って再びイタリア滞在。

ある日、銀細工のフォリア夫人が「良かったら、お昼食べてかない?」と言われたので、喜んでご馳走になりました。(フォリア夫人と言っても日本人ですけどね。)

その時にフォリアの大旦那が、デザートにスキアッチャータ・コン・ウーヴァを買って来てくれました。スキアッチャータと言うのはイタリア語で押しつぶしたという意味。ウーヴァは葡萄の事。生の葡萄をたっぷり入れて焼き上げたパンの事で、トスカーナの名物です。

Img_9668

非常にシンプルな作り方なので、私は最初「ふ~ん。スキアッチャータね・・・。」

てな感じであまり期待してなかったのですが、(私の為に買って来てくれたと言うのに何てやつだ!!)一口食べて、

!!

と思った。美味いじゃん。これ。皮も種も丸ごと入ってるので、口の中で種がプチプチつぶれるのも心地良い。気が付いたら食べ終わってました。すんません。完敗っす。秋にイタリアに来て良かった!!

「よっぽど美味しかったんですね!夢中で食べてましたよ。」

とフォリア夫人に言われました。ハムハムハムハムハム・・・ってすごい勢いで食べてたらしい。フォリアの大旦那に聞いてみると、近くのパン屋さんで買ったとの事。

・・・待てよ?これを作ってる風景は絵になるんじゃないか?

とピーンと来た。早速紹介してもらいました。パンを焼く職人さんは朝早く働いてるので、翌日いつごろスキアッチャータを焼くのか聞きまして(スキアッチャータだけを作る訳じゃないからね。たくさんの種類のパンを焼く。)その次の日の午前7時に写真を撮らせてもらいに行きました。

残念ですけど、焼いてる所の写真は公開出来ません。お店の奥さんに「絵を描くのは良いけど写真は出しちゃダメよ!」と言われたので。その内、切り絵にしたら改めて紹介しますね。いつ作ろうかな♪

帰国の前日、改めてこの店でスキアッチャータを買いました。フィレンツェ空港で朝ごはんとして食べました。やっぱり美味しかったなあ。

あれから1ヶ月経ったけど、もう売ってないかな。この季節にトスカーナをご旅行の方が是非どうぞ。

Panificio PALATRESI
Firenze Borgo ogni santi 102/r

|

« ロンドン観光、後半 | トップページ | 特殊メイク職人、ガブリエレ・フィリストゥルッキ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンドン観光、後半 | トップページ | 特殊メイク職人、ガブリエレ・フィリストゥルッキ  »