« ジェノヴァ | トップページ | ポルト・フィーノ »

2014年11月26日 (水)

ジェノヴァ水族館

しかし、ロンドンでも水族館に行ってるのに、ジェノヴァでまた行くかって感じですね。1ヶ月の滞在の間に2度も!私が子どもだったら「この前、行ったばかりだろ!」って親に怒られるでしょうね。既に親に遠慮する歳でもないので、行きたい所に行ける。

Img_1143

入口近くにある円筒状の水槽に居たウツボ。穴に入って顔だけ出してるのは何度も見てるけど、泳いでる所は初めて見た。あまり体を動かさずに水の流れに任せてる感じ。ちょっと幻想的でした。

Img_1159

マナティ。これは初めて見ますが凄い迫力。神々しささえ感じる。人魚伝説のモデルとなったと言うが、(この太目な体型からすると無理があるだろって思いますが・・・。)動いている姿はとても美しい。

Img_1210

セミホウボウ。色も形も優雅。ユラユラと舞ってました。トビウオ並みに鰭が大きいけど、海底で生活するので飛ぶ事は無い。

Img_1259

チョウザメ。キャビアが採れます。ここは浅いプールになってました。上から見ると、こんな形してるんですねえ。

Img_1268

カラッパ。蟹の仲間です。カラッパとはインド語でヤシの実の事。上手に丸くなってるなあ。英名は“shame faced crab”だって、成程。恥ずかしそうに顔を隠している。

Img_1175

ホモラ。同性愛者みたいな名前。何でそんな妖しい名前を付けられたんだか。背中から小さい脚が飛び出て見えるけど、これは一番下の足が背中に回っている。貝殻なんかを担いで身を隠す習性があるんだって。せっかくだから何か担いで欲しかったけどねえ。

Img_1141

ツボダイ。刺身や煮つけにすると美味しいらしい。しゃくれた口が愛嬌がありますな。

Img_1344

バンガイカーディナルフィッシュ。インドネシアのバンガイ島付近に生息する固有種。彫金で作ったみたいに煌めいている。こんな魚が居るんですねえ。

大きい水族館なので、とても楽しかった。ロンドンの方は物価が高い事もあって、お得な感じは無かったけど、ジェノヴァ水族館はお勧め。水族館好きなら行ってみるべし。

この日の晩御飯は水族館近くの柱廊でジェノヴェーゼの屋台を見つけたので、そこで食べました。ジェノヴェーゼってのはバジリコと松の実とパルメザンチーズで作るパスタのソースです。そこの屋台ではパスタの種類を選べるんだけど、どれが美味いか店主のお兄ちゃんに聞いてみたら「自家製のラビオリ。美味いよ。」と言うので、それで作ってもらった。目の前で生パスタを茹でてくれましたが、パスタの屋台って珍しいですね。イタリアでもあまり見ない。
4ユーロの一番少ない量でしたが、けっこうお腹一杯。満足して帰りました。・・・屋台の写真も撮っておくんだったなあ。

|

« ジェノヴァ | トップページ | ポルト・フィーノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェノヴァ | トップページ | ポルト・フィーノ »