« 紙漉き職人、フランチェスコ・プロイエッティ | トップページ | ポルト・ヴェーネレ »

2014年11月23日 (日)

ファブリアーノ

さて、ウンブリア州スポレートに2泊3日で滞在してましたが、ついでにマルケ州のファブリアーノという町に行って来ました。今年の風景画のテーマはリグリア州ですが、来年はマルケ州のシリーズを作るつもりなので、見に行きますかって事で。

ファブリアーノというと、製紙業で有名なんです。郊外にはイタリアの紙幣を印刷する工場があるし、イタリア中の画材屋・文房具屋では町の名前と同じファブリアーノ社の画用紙が売られてます。
・・・私はイタリアに住んでた頃からCANSONという画用紙を使ってます。フランス製。色々な紙を使ってみた結果、CANSONが一番使いやすいので、現在でも使ってます。

ファブリアーノはスポレートからフォリーニョまで電車で行き、そこからバスで1時間半。地図を見ると、山を一つ越えて平地になった所がファブリアーノでした。

鉄道の駅からは15分ほど歩いて、大きい病院の近くに城壁で囲まれた旧市街がありました。火曜日のお昼時でしたが、驚くほど人気の無い静かな町でした。

Img_0746_3

街の壁に貼ってあった紙屋さんのポスター。素朴な絵柄ですが、伝統的な紙漉きの様子が描かれていてナイスだ!

Img_0805

町の中心にあるポデスタ宮殿。右側に写ってるのが市庁舎。いずれも簡素な作りで切り絵にはし難いかな。

Img_0757_3

ポデスタ宮殿に隣接してるこの建物の方が印象的。時計の付いた塔はトッレ・チヴィカと言います、訳すと「市民の塔」になります。・・・う~ん。もうちょっと凝った名前は無かったんですかねえ。塔の右側は警察署だそうです。手前は12世紀に作られたストゥリナルトの噴水。

Img_0784_2

サン・ヴェナンツィオ教会。ファブリアーノで一番重要な教会です。

Img_0790

外観は質素ですが、内部はけっこう豪華ですね。

Img_0814

ファブリアーノの町並み。あの山の向こうはウンブリア州・・・。何でもない風景ですが、心が惹かれる。

15時前にファブリアーノを出発して、19時過ぎにフィレンツェの下宿に着きました。同居人のイタリア人の女の子がトイレが壊れたので怒り狂ってた。静かに暮らしたいなあと思った。

|

« 紙漉き職人、フランチェスコ・プロイエッティ | トップページ | ポルト・ヴェーネレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紙漉き職人、フランチェスコ・プロイエッティ | トップページ | ポルト・ヴェーネレ »