« バーミンガム | トップページ | ロンドン観光、前半 »

2014年10月29日 (水)

コーニッシュ・パスティ

さて、今回のイギリスで非常に美味しい食べ物を発見しました!

Img_9555_2

その名も「コーニッシュ・パスティ」と言います。
2日目、バーミンガムに行く前にユーストン駅に早く着き過ぎたので、朝食を取ろうと思って、駅のスタンドを物色してた時に見つけた。地球の歩き方によると、コーンウォールの名物とある。丸いパイ生地を二つ折りして、具を入れて焼いてあるようだ。パッと見、でっかい揚げ餃子のようだぞ。
「名物なら食べてみないとあかんな。」と思い、いろいろと具がある中から「トラディショナル・ステーキ」と言うのを選んだ。初めて食べるんだから、「トラディショナル」とある以上はこれが基本なんでしょう。ベーシックでオーソドックスでフォーマルな筈だ。

早速、空いているベンチを見つけて、何気なく一口。

「うまいっ!!」

ガーンと舌を直撃しました。何という美味しさ!!
まず、パイ生地の塩加減が良い。そしてパイ生地なのに油っぽくなく軽い!
そして、具は塩と胡椒で味付けした肉じゃがのようでした。肉とジャガイモの他にも何か入ってるなと、味わってみると玉ねぎとカブの煮たのも入っている。
夢中で食べました。サックリしたパイ生地の中にトロリとした肉じゃが・・・。イギリスにこれ程、美味い物があるとは!!

大いに感動して、その後バーミンガムで舘岡君と再会したので、いかにコーニッシュ・パスティが美味しいか力説したんです。

「いや、そりゃ食えるけどさあ・・・。そこまで美味いかなあ・・・。」

と首をかしげてました。

まあ、イギリスに住んでると有り難味が分からなくなってるのかも。料理のバリエーションが少ない土地だから、食べ飽きてるんだろうな。そもそも、この方は私が大好きなフィッシュ&チップスさえ「もう食べ飽きた。」と言ってるぐらいだから。

理解してもらえなくて残念である。

さて、話はちょっと飛ぶけど、イギリスからイタリアに戻る日。私が乗ったイージージェットって飛行機は機内食のサービスが無いんですね。欲しい人は、お金出して買わなきゃならない。高いし、美味しいかどうか分からない。ならばパスティを買って機内に持ち込めば良い。

と言う訳で、ヴィクトリア駅でもパスティショップを見つけたので買いました。
ユーストン駅にあったお店、チェーン店らしいので街中で探してみたけど見つからなかった。どうやら駅で売ってるらしい。

ユーストン駅ではトラディショナル・ステーキの他に、チキンとマッシュルームとかチーズとオニオンとか野菜なんてのもあったので、どれにしようかと思って見てみたら、何と!何と何と!!

2日目に食べ損ねたバルティのがあるではないか!!

こりゃもう、買うしかないでしょう。大喜びで買って、飛行機に持ち込んで頃合を見計らってかぶりついた。

こっちも、うまいっ!!

スパイシーなカレーが入ってる!生地が油っぽくない分、日本のカレーパンよりも旨い!!(日本のカレーパンも好きですけどね。)

夢中で食べた後、しばし呆然としてしまいました。

・・・どうして、もう1種類買わなかったんだろう?

いや、2,3種類買って、フィレンツェの下宿で食べても良かったのに!

しばらくの間、包み紙を眺めてました。本当に美味しかったなあ。

後で調べてみましたら、ロンドンの主要駅の他、バーミンガム、マンチェスター、リバプールと私が旅した所ばかり。何か不思議な縁を感じる。

と言う訳で、イギリスを鉄道旅行する人にお勧めです。旅のお供にコーニッシュ・パスティを是非どうぞ!

http://www.thepastyshop.com/

|

« バーミンガム | トップページ | ロンドン観光、前半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バーミンガム | トップページ | ロンドン観光、前半 »