« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月25日 (水)

メリークリスマス

制作の方はちょっとお休みで、クリスマスのプレゼントを作ってました。・・・やってる事は同じですけどね。いろいろ作ったので、ブログで発表しちゃいます。

Gakki2_002

まずはヴァイオリンです。年始に、助けてもらう友人がいるのでお礼も兼ねて。サイズは9×9cmです。2006年に同じデザインで制作してますが、その時は色画用紙を使いました。今回のはエアブラシで着色したヴァージョンです。背景の黄色はニスの色をイメージしました。

Serie_di_encicropedia_di_fiori038

こちらは花シリーズ。サイズは9×9cm。左上ガーベラ、右上スイートピー、右下ヒナゲシ、左下ツバキです。
ガーベラとスイートピーは新規デザイン。ツバキは2009年に赤い色で作ってありますが、今回は白で。ヒナゲシは2009年に作ってそのままの物を。
毎年お世話になってる人達に1点ずつプレゼントしました。
花シリーズも面白いんだけどね。展示会で発表するとなると、もうちょっと新作を揃えないと・・・。

Serie_di_encicropedia2_386a2

ホーランドロップという種類のウサギ。9×9cmです。白い方はお世話になってる方がウサギを飼ってるので。左のチョコレート色のはついでに作ったので、私の手元にあります。

Satiro001

子供が生まれた友人へのお祝いです。踊るサテュロス 10×10cm。2005年の愛・地球博でイタリア館で展示されてました。
両腕と片足は失われていますが、切り絵にしてみると正方形の画面にピッタリはまって、非常に美しい。古いブロンズ像の色もバラエティに富んでて、作ってて楽しかったです。こういうの、また作りたいですね。

Maestro_2

最後はこの方。6月に亡くなったフィレンツェモザイクの「マエストロ」ことロベルト・マルッチさん。10×10cm。私にとっても大事な人だったので、同じのを4つ作って彼の生徒さんにプレゼントしました。
自分で撮った写真やFBで公開されてる画像なんかを見てたらVサインしてる姿が多かったので、このデザインに。

一つは鹿児島でご主人とレストランをやってるyossyさんに贈ったんですけどね。イブの朝一で届いたそうです。速攻でお礼の電話も貰ったけど(寝てたのを起こされた。)後でFBを見てみたら涙が出て来たそうです。
yossyさんにとっては「俊寛からマエストロの切り絵を貰った」じゃなくて、「イブの日にマエストロがあたし達の店に来てくれた。」って思ったみたいです。実際にFBにも「マエストロと再会」って書いてあったし。きっと心の中でいろんな会話をしてたんでしょうね。

何だか、マエストロとの再会をセッティングしたような不思議な気分でした。

私の作品がここまで人を感動させるものなのかと自分でも驚きました。何を今更といった感じですが、考えてみたらこれまでも似たような事はあったんです。帽子木型のロベルト・ビーニさんや、靴のステファノ・ベーメルさん・・・。亡くなられた方のご遺族や友人やお弟子さん達・・・多くの人が私の切り絵を喜んでくれてたんです。今回は、その想いがどれほど強いものだったのかを実感しました。

今の気持ちを大切にしよう。そして来年もガシガシ切り絵を作るのだ!!

と言う訳で、皆様も良いお年を。

・・・あ。年賀状、まだ何もしてなかった!

| | コメント (0)

2013年12月10日 (火)

最新作です!

084_andrea_pinchi

先日のギャラリー銀座さんでの個展で発表した最新作です。
パイプオルガン職人、アンドレア・ピンキさん。サイズは60×80cm。
タイトルは「食べられた鍵盤はそのままで」

300年間使われたから、鍵盤が指の形にすり減ってるんだけど、これをアンドレアさんは「指が鍵盤を食べる」と表現してました。鍵盤は200年かかって成長した黄楊の木です。木を育てる所から数えると200+300で500年・・・。すり減った部分はそのまま残して修復して行きます。

ウンブリア州、フォリーニョという町の郊外の工業団地に彼らの工房があります。創業は1930年代。アンドレアさんは3代目で先代と弟さん、妹さん、パイプを調整する職人さんと働いています。

084_andrea_pinchi2

現代アートの作家としても売出し中だそうです。

さて、画面に配置された楽譜ですが、これが新技法。コピー用紙にコピーした楽譜を切り抜き、切り絵(黒い線の部分の事ね)と着色したパーツの間に挟んで貼ってあります。
しかも色がパーツごとに切り替えてあるので、あたかも半透明な楽譜が貼られているように見える。作品をよく見れば、どういう順番で重なっているかは分かるけど、どうやって作業を進めるかは分からないはず。

制作時間は2か月半ですが、あまりの難しさに一度中断してました。
楽譜を着色する前は黒い色だったから、切り絵の線と重なってしまって・・・

Img_5792

・・・何が描いてあるのか分からない。楽譜を抜いた状態で写真を撮って、プリントした物を見ながら作業しました。半泣きになったけど、何とか完成。

基礎的な技法の組み合わせではあるんだけど、久々に新技法(新表現でもある)完成なので、良い気分ですね。まだまだ私は成長を続ける!!

ちなみに曲は取材の時に貰ったCDに入ってた、ムツィオ・クレメンティのピアノソナタ3番です。
制作中に聞いてましたけど良いですね。パイプオルガンの音色。2枚貰って、1枚はパイプオルガンだけ。もう1枚はフルートとチェロの伴奏。私はパイプオルガンだけの方が好きかな。荘厳な雰囲気が心地良い。

個展の片づけも終わったし、新作に取り掛かりますか。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

東京の個展、終了しました。

Dscf3893

東京・銀座のギャラリー銀座さんでの個展、終了しました。会期中はずっと良い天気で快適に過ごせました。

見に来てくれた方、作品・グッズを購入していただいた方、差し入れをしてくれた方、宣伝してくれた方、遠くから応援してくれた方、そしてギャラリー銀座の岩井様、どうもありがとうございました。

良い出会いに恵まれた展示会でした。更なる高みに向けて精進します。

さて次は来年2月初めの神戸での個展です。初めての土地です。関西地方にお住いの方々、どうぞよろしく!!

| | コメント (2)

2013年12月 1日 (日)

明日から個展です!

Blog

ギャラリー銀座さんでの個展、明日が初日です。

イタリアの職人シリーズ8点、日本の職人シリーズ2点、ヴェネツィアの風景シリーズ10点、ウンブリア州の風景シリーズ10点、名画の模写1点とおまけの作品が1点、合計34点です。・・・これ全部展示出来るかなあ。かなり多いや。

12月8日(日)までです。近くまでお越しの方は是非お立ち寄りください。

| | コメント (4)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »