« ミラノ観光その2 | トップページ | 額縁職人、ガブリエレ・マゼッリ »

2013年6月17日 (月)

今年の誕生日会

3月22日は私の誕生日です。最近は3月にイタリアに行く事が多いので、フィレンツェの友人達にお祝いしてもらう事が多いです。で、今年の誕生日ですが、どういう訳か前後の日に友達に招待してもらったので、22日は私は独りで晩御飯を食べてました。まあ、それはそれで良いんですけどね。ベルコーレさんの美味しい食事とワインを楽しんだし。久々に本も読めたし。

誕生日の翌日、3月23日に合同誕生日会を開いてもらいました。何か「合同」って付くと、某宗教団体が主催してるみたいで怪しげですけどね。フィレンツェモザイクのマエストロ、ロベルト・マルッチさんの誕生日が3月20で、私と近いので。これまでにも2回ぐらい合同誕生日会をやってます。いつもはベルコーレさんでやるんですが、今年は工房の卒業生で私とも親しいリトアナが自宅に招いてくれるんだそうです。

いざ、リトアナの家に行ったら、あまりの豪邸に驚いた。マンションの最上階で、フィレンツェの町が綺麗に見える事。日が暮れたら夜景も最高。フィレンツェの町もだけど、反対側のフィエーゾレの丘も奇麗に見えました。こんな所で食事するなんて、すごくロマンチック。旦那さんはお医者さんなのでリッチな生活してるんだなあと。

お料理も最高でした。前菜に出て来たズッキーニとバジリコとペコリーノチーズをドライトマトで巻いた物は絶品!パスタもメインの魚料理もすごく美味しかった。

「リトアナがこんなに料理上手とは知らなかったなあ!」と言ったらガッツポーズしてました。いいやつだ!!

252

左から、リトアナ、マエストロ、リトアナのご主人のパオロさん、私です。

254

こちらは本永景子さんと。2年前のギャラリー彩さんでの個展で、同じ会期に下の階で個展をしてもらいました。技術力の高い、素晴らしいお仕事をされてます。本永さんは現在でもマエストロの工房に在籍中。工房での立場は「口うるさいけど、いろいろ大問題のマエストロを一生懸命支えてる長女」って所ですね。基本的には仲良い(はず)なんだけど、大喧嘩になる事も多いのです。リトアナは「近くに嫁いだ親孝行な三女」ってとこですか。
では次女は?次女はこの後の文章で出て来ますので・・・。

さて、マエストロですが、先月いきなり体調を崩して倒れたんだそうです。私の所にも早い段階で連絡が来たんですが、一時期は意識不明で危篤状態だったとの事。仲の良い職人さんは大勢いるのですが、この人からは実際にモザイクの手ほどきもしてもらってますので、本当に私のマエストロでもあるんですよね。(もっとも、習う前からマエストロと呼んでましたけど。だって、皆がマエストロと呼ぶから。)1週間ほど、落ち着かない日が続きました。情報が錯綜してて(動脈瘤が破裂したとか、敗血症になったとか・・・。)未だに何が原因で倒れたのかわからない。

そんな中で「遠くに嫁いだ次女」こと、鹿児島在住のyossyさんが3泊の強行軍でフィレンツェにお見舞いに行く事になりました。本当に幸運だったようで、yossyさんが面会に行った時は意識が戻って会えたんだそうです。

何だかねえ・・・。その場面が容易に想像出来ちゃうんだよね。チューブが入ってて喋れないんだけど、目を丸くして驚いただろうな。喋れたら「yossy!!」って叫んでたと思う。
2年前にyossyさんが引き上げた翌月にイタリア滞在だったんだけど、工房に遊びに行ったらyossyさんの机を指差して「10年だぞ。10年。あいつは10年もここに居てモザイク作ってたんだ!長い時間を一緒に過ごした・・・。」と言ってたっけ。
yossyさんとご主人のサスライシェフ(私の友人兼ライバルとして、このブログでもお馴染みですが・・・。)は郷里でレストランを開いて、2年以上イタリアには行ってなかったんですね。だから、居るはずの無い人が目の前に立ってたって感じで、マエストロもさぞ驚き、かつ喜んだんだろうなと。

フィレンツェモザイクの世界もけっこう厳しいんですね。かなり難しい技術という事もあって、工房を一般公開してない所も多いんです。マエストロはその中でも珍しく、自分の技術を他人に教えちゃう人で、非常に貴重な職人さんなんですね。
数多くの弟子を育てて来た人だから、日本にも大勢、この工房でモザイクを作った人も居るんです。だから、日本在住のマエストロの弟子たちの想いをyossyさんが届けたような感じでしたね。
ありがとう、yossy。行ってくれて。

勿論、マエストロの留守の間、工房を守っている本永さんや、身よりの無いマエストロの家族代わりとなって、病院でのお世話をしているリトアナも立派です。マエストロの3人娘に感謝ですよ。

マエストロが倒れてから1ヶ月経ちました。頼りが無いのは良い証拠ですかね。徐々に快方に向かっている事でしょう。
我儘でお調子者でスケベで嘘つきで甘えん坊で・・・困ったマエストロですけど、本当に大勢の人から愛されている。マエストロ冥利に尽きますね。病院から出て来たら「ボクは皆に愛されている!」とか何とか言っちゃって、益々調子に乗って本永さんから怒られたりする事もあるかもしれない。まあ、それもマエストロらしいかな。

来年も再来年も・・・また一緒に誕生日を祝いたいものです。

|

« ミラノ観光その2 | トップページ | 額縁職人、ガブリエレ・マゼッリ »

コメント

誕生日会とは良かったですね。僕は「また年寄りになった」と嘆く日になってしまった。プラス思考で行かなくては・・・。

投稿: あしたのもと | 2013年6月22日 (土) 21時45分

あしたのもとさん、一人で生きてるわけじゃないので。これまで仲良くしてもらってるって、周りの人に感謝する日でもあります。

投稿: 俊寛 | 2013年6月22日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノ観光その2 | トップページ | 額縁職人、ガブリエレ・マゼッリ »