« マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ | トップページ | ミラノ観光その1 »

2013年6月12日 (水)

ノルチァ

ウンブリア紀行4日目。最終日です。ホテルを引き払って、粉川さんに迎えに来てもらい、最終目的地であるノルチァへGO!!

1351

ノルチアの城壁外です。遠くに雪を頂いた山があるのが印象的。車の中で粉川さんに教えてもらいましたが、ノルチァってヴェスパシアヌスが出た所なんですね。

ヴェスパシアヌス!!ローマ帝国の皇帝で、有名なネロの後で内乱が起き、3人の皇帝が次々に代わったんだけど(最近の日本の総理大臣みたい)最終的にこの人が皇帝の座に就きました。元々は軍人出身なんだけど、政治もそつなくこなして帝国を安定させました。この人の業績としては、ローマのコロッセオの建造を命じた事が挙げられます。

他に有名なのは、財政政策の一つとして、有料の公衆便所を設置した事。これはあまりのせこさに非難轟々で、息子のテイトゥスまでが反対したのですが、その時に鼻先にコインを突き付けて「便所で稼いだお金だって臭わないだろ?」と言ったそうです。・・・名台詞と言うか、2000年経った今でも地元の小学生たちはラテン語で言えるんだそうです。・・・そうか、ヨーロッパでトイレチップの習慣はこの人のせいだったのか。

なんと言うか、常にユーモアを忘れなかった人みたいですね。
食あたりで死の間際に「下がっておれ!余はこれから神になるぞ!」と言ってベッドから立ち上がり、そのまま息を引き取ったと云う。当時はローマ皇帝は死後に神格化されていたのを皮肉ったんですね。最後にギャグを飛ばして逝くなんて、誰にでも出来る事ではない。

非常に人間的で、私はローマ皇帝の中で一番好きですね。身近にこういう人がいそうな感じで親近感が持てます。一気にテンションが上がりました。そういえば、今でもノルチァの人はガッチリ商売する事で有名なんだって。2000年前に生きたヴェスパシアヌス帝も立派なノルチァ人なんですねえ。

1314

ノルチァの市庁舎とドゥオーモです。よくある形ですが、背後に山が入るとちょっと雰囲気が変わって見えます。

街自体は30分もあれば回れちゃうぐらい小さいのですけどね。主目的はこちらです。

1260

豚肉の加工で有名なので、ソーセージ作りを見学させてもらうのです。豚肉の加工所の事をノルチネリアと言います。街の名が冠せられるほどに、ノルチァ=豚肉の図式が定着してるんですね。

1283

この日はカポ・コッロと言うサラミソーセージを作っていました。マエストロと呼ばれる(おおっ!!)ベッペ・アンスィーニさんです。奥に居るのは奥さんのジュゼッピーナさん。
カポ・コッロは豚肉の首の部分で作ります。豚肉の塩と黒胡椒、ウイキョウを混ぜて(オレンジの皮を入れる事もあるそうです。)乳牛の腸に詰めていく。一頭の豚から2つのカポ・コッロが出来るんだそうです。

1346

こちらは乾燥室です。ベッペさんの息子のエミリアーノさん。手に持っているのはパッレ・デル・ノンノと言うソーセージ。「お爺ちゃんのキン○マ」という意味です。単に形がそうイメージさせるからであって、実際にその部分を使ってるわけじゃないです。

取材を終えて、お土産用にカポ・コッロを買って帰りました。お母さんのジュゼッピーナさんのご好意で、粉川さんと2人分、カポ・コッロを挟んだパニーノも貰っちゃった。深みのある実に美味しいソーセージ。

さて、最後にお昼ご飯。スポレートに戻って、駅前のバールで粉川さんと一緒に。

実は今回のウンブリア取材では1軒だけ行けなかった所があるのです。それは何かと言うと、ポルケッタの屋台。ポルケッタと言うのは子豚にハーブを詰めて丸焼きにしたウンブリア名物ですね。粉川さんがスポレートの「名人」と言われる人の屋台を教えてもらったんだけど、スケジュールの問題で行けなかったんです。残念だなあと思ってましたが、粉川さんが気を利かせてくれまして、ご主人に買っておいてもらいました。

1356

ジャジャン!!(本当にジャジャンって思った。)上に写ってるのがポルケッタですね。付け合せはホウレンソウとウイキョウのトマト炒め。
実はポルケッタって美味しいと思った事が無かったんです。いや、美味しいはずなんだけど、何かこう・・・。原因は何かと言うと、冷たいんですね。で、生暖かい部分もあったり。パンに挟むとパサパサして、どうも美味しいと思えない。だから、ある時にフィレンツェの市場で見かけたので、買いまして下宿に帰ってフライパンで熱々にしたんです。
もー美味いこと!!これや、これ!!これが食べたかったんやあ!!と夢中になって食べました。

で、この時に食べたポルケッタですが・・・すごく美味しかった!!当然、熱々でなくて冷めてるんだけど、塩加減とハーブの香りが絶品でした。これまで、偶々美味しくない所で食べてただけかもしれない。たかが、ポルケッタと侮っていた私が間違っていた。是非、一度そのポルケッタの名人の屋台を見学して切り絵にしてみたいと思いました。

と言うわけで、3泊4日のウンブリア紀行もこれにて終了。粉川さんのおかげで、とても濃密な滞在でした。良い取材が出来た上に美味いもの尽くし。また行きたいですね。改めて、どうもありがとうございました!!

ウンブリアに旅行したい方は是非、粉川さんに案内してもらって下さい。

粉川さんのHPとブログはこちらです。

http://slowfood1.web.fc2.com/(HP)
http://butako170.exblog.jp/ (ブログ)

|

« マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ | トップページ | ミラノ観光その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ | トップページ | ミラノ観光その1 »