« スポレート | トップページ | マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ »

2013年5月29日 (水)

トーディ

ウンブリア紀行3日目。トーディという町に行きました。私がイタリアに住み始めた頃、同じ語学学校に通ってる友達とお金を出し合ってレンタカーを借りて、ウンブリアにある2つ星のレストランに行った事がありましたが、ついでに近くの町にも寄ってみようって事でオルヴィエートとトーディが候補に挙がりまして、私は交通の便の悪いトーディを推したのですけど、多数決で負けてオルヴィエートに行きました。以後、行くチャンスも無く18年が経過。

実はこの日の午前中はマヨリカ陶器で有名なデルータに行ってまして、友人から教えてもらった工房を訪ねたんですけど、1軒は職人さんが病気で会えず、もう1軒は工房を見学させてもらったんだけど、何人も働いてる大きい所だったので、一通りの説明を聞いただけで時間切れになってしまいました。すごく絵になる工房だったので残念です。勉強にはなったんだけどねえ・・・。

仕方ないので、この日も案内してくれた粉川妙さんが、知り合いの工房を紹介してくれまして、連絡を取ったら「午後に来い。」って事なので、ではそれまでトーディに行きますかって事で。

トーディに着いて、まずは腹ごしらえ。

157

前菜に食べたクロスティーニ。トーストの上にラディッキオのグリルとモッツァレッラチースのグリル、生ハムが乗ってます。なかなかの逸品。写真で見てもけっこうな量に見えますけど、実はこれで半分の量。粉川さんと食べたのですが、あらかじめ半分に分けておいてと頼んだら、気を利かせてちょっと多めの量を半分にしてくれたみたい。ウンブリアではそういうサービスが多いそうです。これだけで既に腹8分目ぐらいになってたりして。

158

私が頼んだパスタ。ウンブリア名物のストランゴッツィというパスタに似てるけど、名前が違いました。(何て名前だったか控えるのを忘れた・・・。)ストランゴッツィと言うのは「革ひも」という意味で幅広でちょっと縮れたパスタですね。この日食べたのはトマトとソーセージ、ポルチーニ茸で作ったソースで和えてあります。こちらも美味。粉川さんが頼んだタリアータ(イタリア風牛たたき)も焼き加減と塩加減が絶妙だったそうです。

154

トーディは御多分に漏れず、ウンブリアに多い小高い丘の上に作られた城壁に囲まれた街です。画像はサンタ・マリア・デッラ・コンソラツィオーネ教会。城壁外にあるので、トーディで最初に目にする建物ですね。ルネサンス期の建築家、ブラマンテによる設計。

156

車を駐車した真上にある教会。サン・フォルトゥナート教会と言います。13~15世紀にかけて作られました。ファザードの上部は未完成のままですが、静謐な雰囲気でなかなか良い。・・・単に平日の昼時で人通りが少なかっただけかもしれないけど。

165

ドゥオーモです。12世紀から建造が始まり、13世紀と16世紀に改修されています。あまりにも四角くて逆に印象的だなあ。いろんなドゥオーモを見て来たけど、これはこれで面白い。

160

ポポロ宮殿。1214年に建造。イタリアでもっとも古い市庁舎です。右手にガリバルディ広場がありますが、展望台になっていて非常に見晴が良い。吹き抜ける風も心地良い。

177

ガリバルディ広場より麓の町を望む。中央に見える教会は何て名前なのか知らないけど、小さくまとまってて可愛らしい。

206

トーディの城壁外まで下りて来ました。ここからの眺めが好きですね。城壁の中も中世の街並みが良く保存されてて、歩いてて楽しかった。

以上、18年目にしてやっと行けたトーディでした。

|

« スポレート | トップページ | マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポレート | トップページ | マヨリカ焼き職人、セルジオ・トマッジーニ »