« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

昨年の職人さん2

Fabio_capanni1_2

挨拶回りは続きます。2人目は革細工のファビオ・カパンニさん。作品は今年の1月末に完成させています。サイズは40×60cm。
フィレンツェの北、バスで1時間の山中にあるスカルぺリアという町に工房があります。

ここは自社製品の他、フィレンツェにある観光客向けの土産物屋さんにも下請けとしてコインケースやペンケース等を卸しています。
一番左がロベルトさん、2人目は友人の荒山君。荒山君の向こうに居るのが紅一点のテレーザさん。中央に居るのが工房主であるファビオさん。一番右が若手のファビオーネ君。

ファビオさんは工房の2代目。いつもパリッとした服装で胸を張って歩いてます。ガキ大将みたいな人ですね。この切り絵に登場した以外にも3人ほど働きに来てますが、大勢の部下と使うのが楽しいみたい。

ファビオさんの部下の荒山君とは、フィレンツェの革細工職人、ジュゼッペ・ファナーラさんの所で修業してた時に知り合いました。ジュゼッペさんの所を卒業して、ファビオさんの所に就職してからも、時々ファビオさんと一緒にジュゼッペさんの所に来ていたので、私も紹介してもらいました。

2年前は年末に荒山君が一時帰国の時に着いて来て旅行してました。私も呼び出されたので、京都で待ち合わせして一緒に夕ご飯を食べに行きました。

どうもファビオさんには気に入られてるみたいで、2年前のイタリア滞在で初めて工房に行ったのですけど、ファビオさんは商談中で、仕方ないので先代の社長のヴァスコさんを取材して切り絵にしたんでした。「俊寛さんと話せなかったから、後で機嫌悪かった・・・。」と荒山君が言ってました。せっかく待っててくれたのに、悪い事したかなと思ったので、次の年はファビオさんを取材して切り絵にしたんですけどね。

荒山君は昨年、結婚して1月に子供さんが生まれました。彼女もイタリアに来て1年も経ってないのに、しかもスカルぺリアみたいな他に全く日本人が居ないような土地でよく生みましたねと思った。
今回の滞在では家に泊めてもらいました。奥さんと赤ちゃんと初対面。赤ちゃんを抱っこさせてもらったけど、落っことしゃしないかと緊張した。田舎なので、町の人とはほとんど顔見知り。だから周りの人達にすごく大事にしてもらってるって。この子、どんな人生を送るんだろうねと思った。

ファビオさんと彼の奥さんも来て、皆で晩御飯。すっかり家族ぐるみの付き合いになってるな。
上にファビオさんはガキ大将みたいな人と書いたけど、私は割と彼の気持ちが分かるんですね。今回、工房に行った時に気が付いたけど、従業員は工房のロゴマークの入ったトレーナーを着てました。作品で一番右のファビオーネ君が来てるやつ。よく見ると荒山君も上っ張りの下に来てるし、背中向けてるテレーザも下に来てるんだって。
「ファビオ、そういうの好きなんですよ。」と荒山君が言ってた。
私もそういうのは好きです。
しかし、ファビオさんの周りでは誰も理解してくれなかったようで、私が「このトレーナー、格好良いな。」と言ったら、「だろう!!」と凄く嬉しそうな顔で返事してた。

見栄っ張りだったり、変に頑固な所もありますけど、自分がボスだって責任感はあるから、目下の人達の事もちゃんと考えてる。それは「ファビオ・カパンニは男でござる!!」って意識してるからでしょうね。

・・・という事を食事してる時に言ったら、ファビオの奥さんが

「良かったわねえ。やっと理解してくれる人が出て来て!」

と突っ込んでた。このカップルも素敵だ。

411

翌日、トレーナーをプレゼントしてもらいました。これで私もファビオ・カパンニ一家の構成員だ!荒山君は「そんなに良いものかなあ・・・。」って感じで盛り上がってる私たちを見て笑い転げていた。なかなか暖かくて良いよ、これ。

作品は9月の名古屋の個展に出す予定。それに間に合うように、額縁を作ってもらってます。白木を額縁屋に組んでもらって、ファビオさんが革で包んで金箔を押して仕上げる。職人さんとのコラボレーションですね。一見、革に見えないので、展示会を見に来るお客さんに「実はこの額縁はご本人の作で、革で出来ています。」と説明するのが楽しみですね。皆、驚くから。

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

昨年の職人さん1

さて3月11日(月)の昼過ぎにマンチェスターからフィレンツェに戻って、次の日から本格的に取材を開始。職人さんの工房めぐりです。

新しい職人さんを探すのはなかなか難しい。不景気や後継者不足で工房はどんどん閉まって行く。また、以前から中国人が商品の写真を撮りまくって、コピーして安売りするって話が多いので、取材を頼んでも断られる事が多いのです。(イタリア人からしたら、見た目は日本人か中国人か分からないしね。)
飛び込みで取材許可を貰うという事が難しいんです。だから最近は既に切り絵にした職人さんに紹介してもらう事が多いですね。

だから挨拶回りはすごく大事なのです。どこで、どんな出会いがあるかもしれない。
で、昨年度に制作した作品のモデルになった職人さんの所には、作品をA4サイズにプリントした写真と、和菓子を持って行ってるんですね。

昨年度は日本の職人シリーズをやってたから、イタリアの職人さんはいつもと比べると少なかったです。

家具修復 ジュゼッペ・ゴッツィさん
紙人形 リタ・ガッリさん
革細工 ファビオ・カパンニさん
銀細工 ロランド・バッジャーニさん
銅版画 ジャンニ・ラファエリさん

この5人ですが、紙人形のリタさんだけは南イタリアのレッチェに住んでまして、フィレンツェからは11時間かかるので、お礼の品は小包で送りました。
他の4人は挨拶に行って、お礼を言って、ついでに情報収集。

まずは家具修復のジュゼッペ・ゴッツィさんから。

Giuseppe_gozzi_1

昨年の秋に制作した作品。サイズは60×55cm。
タイトルは「木喰い虫大将」。工房の壁に「Il re del tarlo」と落書きがあったので、訳した物をタイトルにしました。我ながら名訳。自分でも気に入ってます。

板にほぞ穴を開けて、つなぎ合わせて一枚の大きな板にしようとしてる場面ですね。奥にいるのは、同じヴェルッティ通りに工房を構えるアンドレア・ラッビさん。時々手伝いに来てるんですね。ヴェルッティ通りには工房が7軒あって、その内の4軒を既に切り絵にしてます。

ジュゼッペさんはヴェルッティ通りでは最長老で、生き字引みたいな感じ。あくせく働く歳でもないので、気が向いた時に出て来るんですね。だから会うのは難しいのですが、幸い今回の下宿はすぐ近くだったので、居そうな時間に行ったら居ました。

昨年、取材した時は「何だかよく分からないけど、写真ぐらい好きに撮りな。」ぐらいの感じでしたが、いざ作品が出来上がると喜んでくれました。

今回は、昨年ジュゼッペさんと一緒に働いてた、アンドレアさんの工房も取材したいんですね。もうこうなったらヴェルッティ通りの職人さんは全て切り絵にいしてやろうかと。ジュゼッペさんに話したら「おお、いいぞ。オレが話しといてやるから。」と、とても協力的。次の日においでと言われました。こうして職人さんの輪が広がって行く。

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

さらばイギリス。そして・・・。

イギリス3日目で最終日。出発は昼過ぎなので昼食はタテオカ君と一緒に。

100

ハンバーガーでした。ボリューム満点、肉質ジューシー!!最高の昼ごはん!!
実はホテルのレストランで食べたので、この前に前菜としてビュッフェ形式でいろんな物を食べてるから、お腹一杯。

104

最後にマンチェスターのシティホールまで行って旅行終了。何度も見てるけど、この建物も格好良いねえ。非常に絵になる。

さて、毎年お世話になるタテオカ君。彼が何の仕事をしてるかと言うと、「造形家」なんですね。具体的には人形アニメーションに使う人形の原型を作ってる。彼が所属してる会社では、有名なティム・バートン監督の映画の人形を作ってました。

51usipi9skl_2

これね。フランケンウィニー。最初に行った時に会社も見学させてもらいましたが、ここがもう、素晴らしい。人形内部には「メカ」と呼ばれる骨格が仕込んであって、顔の表情を動かす関節まであるという超精密なメカニズム。モーターがあるわけじゃないけど、正にメカだったな。
映画に使うから企業秘密の塊で、写真撮影は禁止でした。でもそれは当然の事なので、私としては色んな工程を見せてもらっただけで幸せでした。

さて、今回のイギリス初日に夕ご飯をタテオカ君と食べてたら、「社長に俊寛さんの事を話したら、そういう人であればうちの工房の様子を切り絵にしても構わんぞと言ってた。もし良かったら取材してみない?」との事。

何ィイイイイ!?

何という嬉しいお言葉!!願ってもない展開!!
まあ、今回のイギリス滞在では金曜日~日曜日だったので、会社は休みだから取材は出来ないから来年以降にって事ですけどね。
全然大丈夫!!むしろ一年余裕があるから、ゆっくり計画が練れる。いっその事、イギリス今まで行った事のあるロンドン、マンチェスター、リバプール、ヨークも切り絵にして、一緒に展示するとか・・・。

ちょっと夢が広がりましたね。・・・英語、勉強しなきゃ!!

ハイテンションを維持したままタテオカ君と別れてフィレンツェへ。しかし乗り継ぎのアムステルダムであの事件が。まあ、今回は全くダメージ無しで、むしろ贅沢して来たから良かったようなもんだけどね。ブログのネタにもなったし。
でも、こういう事があると疲れるので、出来ればトラブル無しで旅したいものです。

以上、イギリス滞在でした。

| | コメント (2)

2013年4月27日 (土)

ヨーク

「ヨークごっくん」ではない。「ヨーグルトはヨーク」でもないのです。イギリスの都市の名前。イギリス2日目は、タテオカ君にヨークに連れて行ってもらいました。ちなみにWikipediaで調べてみたらアメリカやオーストラリアにも同じ名前の都市があるんですね。オーストラリアにもヨーク半島という所があります。またドイツにはヨルクという町がありますが、ヨークと発音される事もあると。

さらに余談であるが(司馬遼太郎みたい)飲み物のヨークは現在は存在しないって。「十勝飲むヨーグルト」になったそうだ。・・・嘘だ!!良い商品名なのに、何も変える事はないだろうよ。ちょっとショック。製造してる会社は日清ヨークだそうですけどね。

で、ヨークですが、マンチェスターからは電車で1時間半ぐらい。イギリスの駅はなかなか絵になる所が多いけど、今の所ヨークが一番好きかな。(と、こう書くとイギリスの色んな所を旅してるみたいだけど、イギリスの駅は3つぐらいしか見てないよ。ヨークとマンチェスターと昨年行ったリバプールだけでした。)

093

適度に装飾もされてるし、駅の内部に歩道橋があるので、上から電車を見る事も出来る。

あいにく、この日は雨だったので傘を差して観光。唯一の観光スポットである大聖堂は、入場料が高かったので入りませんでした。

056

屋上のテラスにも出れるそうなんですけどね。天気が良ければ入場してたんですけど・・・。

その代りに町を囲んでる城壁の上を散歩して来ました。

061

たまに強い雨が降ったり、止んだり・・・。

047

お昼ご飯です。私が注文したのは、鶏とキノコのシチューをパイ生地でフタをして焼いた料理。隣のテーブルの人が食べてたのが美味しそうだったので、自分も注文しました。

046

タテオカ君はハンバーガー頼んでますね。前の日にフィッシュ&チップスを食べた店と経営が同じみたいで、メニューは同じでした。

・・・時間が余っちゃったので、駅の近くにあった観覧者に乗りました。男二人で。高い所からなら良い景色も見えるかもしれないと思って乗ってみましたが・・・。

281

雨で窓が濡れてるせいもあるけど、あまり良い眺めじゃないなあ・・・。立てる場所を間違えてる。絶対にもっと町が綺麗に見える場所があるはずなんだけどね。
2回転して千円ぐらいだったけど、シャンパン付きで貴賓席で5千円ってのがあった。誰が乗るのよ、それ?カップルが乗って一番高い所へ来たらプロポーズでもするとか。そんなにロマンチックな眺めでもなかったんだけどなあ。

夜はマンチェスターに戻って、いつものパブへ。サム・チョップス・ハウスって名前の店。美味しいので毎年行ってるんです。今年はキドニー・プディングってのを頼みました。キドニーって腎臓の事ですね。プディングってのは、この場合は小麦粉を練って蒸したり焼いたりした物の事。中に焼いた腎臓と細切れのステーキ肉が入ってて、グレービーソースをかけて食べます。

099

とりあえず珍しい料理を頼まなきゃって事で選んだのですが、腎臓の匂いがきつくて全部食べれませんでした。量が多かったし、付け合せがいつも通りフライドポテトとグリーンピースだったので、途中で飽きちゃった感じでしたね。

と言う訳で、イギリス2日目終了。

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

イギリス!!

イタリア滞在記始めたばかりで何ですけど、3日程フィレンツェにいた後、イギリスに行って来ました。(フィレンツェにいる間は大勢の友人・知人への挨拶回りで終わっちゃいました。毎年知り合いが増えてるから大変なのだ。)

目指すはイギリスのマンチェスター。友人で造形家のタテオカ君が住んでるので3年連続で遊びに行ってます。早朝にフィレンツェを出たので、マンチェスター到着は昼前。タテオカ君は仕事なので、夕方に待ち合わせって事で、一人でマンチェスターの街をブラブラ。

まずは腹ごしらえって事で、良さそうな店に入ってフィッシュ&チップスを注文。

009

ジャジャン♪ 写真で見てもわからないだろうけど、ドカーン!! って感じ。カラッと揚がっててビールも美味い!!
やっぱイギリス来たら一度は食べないとね。

010

昼食後はマンチェスター博物館に行きました。お目当てのティラノザウルスの化石。迫力ありますねえ。大学付属の博物館で、そんなに大きくはないけどノンビリ楽しんで来ました。・・・そもそもマンチェスターって、そんなに見どころがある土地じゃないんですよね。半日あれば観光終わっちゃうような所です。でも何故かこの博物館は行った事が無かったんです。若干、町の中心から離れてるってのもあったんだけど・・・。3年目にしてやっと行けました。

今回初めて一人で地図を片手にマンチェスターを歩いたんだよね。いつもはタテオカ君が案内してくれてたので。3年目にしてやっとマンチェスターの地理が分かった。

夕方、ピカデリー駅でタテオカ君と待ち合わせしてパブへ。二人で赤ワイン1本頼んでステーキを食べました。写真撮るのを忘れてました。

038_2

夕食後、タテオカ君のアパートへ。土産に持ってたインスタントラーメンを早速食べてくれました。食べる寸前の嬉しそうな顔!
飲んだ後のラーメンは至福のひと時。(私は食べなかったけどね。)

日本から出る前に、土産は何が良いか聞いたら「豚骨ラーメン」との事でした。丁度、最近食べて美味しかったマルちゃん正麺で豚骨があったので、5袋入りのを2パック持って行きました。 このマルちゃん正麺、凄い人気で近所のスーパーでは売り切れる事が多いみたいで棚に「人気商品なので品切れになる事がありますが、ご勘弁下さい。」なんて張り紙がしてあった。大喜びしてもらえて良かったよ。

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

イタリア滞在記スタート

やれやれ。帰国してから1ヶ月近くも経って、ようやく3月のイタリア滞在について記事に出来ます。リアルで大学ノートに日記付けてるから「何が起こったか忘れた」なんて事はないけどね。

さて、今年は3月4日(日)にフィレンツェ着。1ヶ月近い滞在なのでホテル住まいだと高くなるから、現地在住の友達に頼んで下宿を見つけてもらいました。キッチン・トイレ・風呂は共同で部屋を一つ借りて1ヶ月5~6万円ぐらい。サント・スピリト教会の近くと、職人さんの工房が多いので私としては住んでて楽しい地区でした。

で下宿到着直後にトラブル発生。

スーツケースが開かなくなった!!

鍵自体に問題無さそうなので、錠前の方の問題だと思う。そういえば出発前に鍵を閉めたんだけど、どうも硬くて閉めづらかった。その時から壊れかけていたのかもしれない。悪戦苦闘してたら、今回の下宿を見つけてくれた望月君が会いに来てくれた。

幸い下宿の近くに望月君が働いてる工房があるので、とりあえず2人で運びました。

「・・・で、どうします?」

と聞かれたけど、この場合、どうしようもない訳ですよね。仕方ないので電ノコでスーツケースの周りを切り裂いてもらい中身を取り出す事にした。

271a

無残な姿になった私の愛用のスーツケース・・・。まだ5年ぐらいしか使ってなかったのに。お気に入りだったのに。嗚呼・・・。

幸い中身は無事でした。望月君が上手に加減して切ってくれたんですねえ。物を修復する事を生業としている人に、物を壊す事をさせてしまって申し訳ない事をしました。ともあれ、望月君がいてくれて助かった。(実際はこの状況は全然助かってないんだけど!)

気分直しに友達が働いてるワインバーに飲みに行って酔っぱらって帰った。ラルド(豚の脂身を塩漬けにした物。)をつまみに赤ワイン。一仕事終わった体に心地良かったな。

着いた直後にやらかしてしまいましたが、この数日後に更にえらい目に遭ったわけですな。ブログの方にはあまりコメントは付かなかったけど、フェイスブックの方は大変な事になってたな。普段コメント付けない人までくれるし。って言うか、先日のイタリアフェアでも直接会って笑われたし。そういう芸風じゃないんだけど。

・・・まあ、今となっては楽しい思い出でした。

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

新作スタート!!

002

新作に取り掛かっています。ラヴェンナのモザイク職人、ルカ・バルベリーニさん。サイズは45×60㎝。

この方は昨年のイタリア滞在で取材したんですけど、その時は制作してる所が見れなかったんですね。一応、事前に電話を入れたんだけど話が上手く伝わらなかったみたいで・・・。だから今年の滞在で再取材させていただきました。

・・・やっと制作に入れます。何だか落ち着きますね。4月1日に帰国して、すぐにイタリアフェアの準備。一応、実演用の作品もやってましたけど、1ヶ月半以上まともに制作してなかったような気がして・・・。イタリアフェアの片づけも終わったので、今週から通常業務です。

下絵を描いてて楽しい事。やっぱり職人シリーズは良いですな。

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

日本橋三越イタリアフェア、終了しました。

9日間続いたイタリアフェア、昨日で終了いたしました。見に来てくれた方、作品・グッズを購入していただいた方、差し入れをしてくれた方、宣伝してくれた方、遠くから応援してくれた方々、どうもありがとうございました。

001

最終日にはフィレンツェからシャツ職人のレオナルド・ブジェッリさんが駆けつけてくれました。何を主張したいのかよく分からないポーズで写ってますけど嬉しかったです。偶々、東京で受注会があるので、日程が合ったから見に来てくれたんですね。日本での展示会で、モデルになった職人さんが来てくれたのは初めての経験でした。ちなみに、私が着てるシャツはブジェッリさんの作品です。

今回のイベントでは大勢の人たちに支えてもらってる事を改めて実感しました。人の情けが心に沁み入る。今後も精進して行きます。

さあ、明日から刃物振るう日々だ!!切って切って切りまくるぞ!!

| | コメント (2)

2013年4月 9日 (火)

明日からイタリアフェアです。

Dscf3692

明日から日本橋三越さんのイタリアフェアが始まります。
画像は実演用の作品。ミラノ、スカラ座の前にある、レオナルド・ダ・ヴィンチの像。サイズは10×15cmです。実演ではこれを切って行くのと、着色したパーツを貼って行く作業を見せます。
これまでのイベントでお見せした実演と同じですけどね。あまり真面目にやり過ぎると、声をかけづらいようなので、ゆる~くやります。
この下絵、ホテルの部屋で描いてるんです。イタリアに滞在してた時から実演の準備をしてたけど、それでもギリギリでした。やれやれ。間に合って良かった。

4月10日(水)~4月18日(木)
午前10時~午後7時30分 (最終日は午後7時終了)
三越日本橋 本館7階 催物会場

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2013年4月 5日 (金)

日本橋三越のイタリアフェアに参加します。

Dm1

4月10日(水)から東京・日本橋三越で開催されるイタリアフェアに参加させていただく事になりました。東京で初公開の作品も持って行きます。(スペースの都合で、持って行った作品全部一度に展示出来るわけではありませんが・・・。)

東京近郊にお住いの方、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

友人たちの展示会です。

Serie_di_encicropedia2_369

イタリアつながりの友人達の展示会です。名古屋栄三越、6階特設会場にて。

イタリアが育てた匠たち
4月3日(水)~8日(月) 10:00~20:00

秋の三越で一緒に展示しているジュエリーの内藤圭美さんの他、3年前のギャラリー彩さんでの合同展に出展してもらった陶磁器絵付け師の古川未央子さん、銀細工職人の中村貴寛さん、オーダー靴の老舗マンニーナ工房で腕を磨いた松岡祥子さんが参加されています。

イタリアの空気を感じたい方、是非見に行ってみて下さい。

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

無事に帰国しました!

4月1日なので、本当に帰国したのか疑う人もいるかと思いますが、今回はとってもスムーズに帰って来ました。突っ込み入れたくてウズウズしてるAndyさん、残念でしたね。

今回も大勢の人達にお世話になり、楽しく、かつ考えさせられる事の多い旅でした。やっぱり一年に一回は行くべきですね。滞在記は徐々にアップして行きます。

さて、ノンビリする暇も無く、激闘の日々が再び始まります。
頑張ります!!

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »