« イタリア滞在記の開始です。 | トップページ | ろくろ師・ロランド »

2012年4月 5日 (木)

土曜日と日曜日

イタリアに到着したのが3月2日(金)の夜だったので、次の日とその次の日は実質は活動出来ない状況ですね。土・日曜日はだいたいの工房はやってないので。ですが3日(土)も4日(日)も日本から友人が旅行に来ていたので、行動を共にしたり夕食を一緒にしたりしました。

3日(土)はブロンズ職人のバンキ一家と家族ぐるみの付き合いをしてる、東京の鈴木さんがお母様とイタリア周遊の旅行に来ていて、この日はフィレンツェ滞在だったので、私も混ぜてもらいました。鈴木さんは東京で個展をやった時に、バンキさんが知らせてくれてたので見に来てくれてるんです。「一度、皆でフィレンツェで会えると良いですね。」と会う度に話してたのですが、まさか実現するとは思ってなかった。

バンキさんの所に行く前に革細工職人のジュゼッペ・ファナーラさんの工房に行き、コインケースを買われました。土曜日だけどお店が開いてて良かった。私もジュゼッペさんに挨拶出来たし。

P1040522

バンキ一家と一緒に昼食して、その後はミケランジェロ広場を散歩して、お父さんのランベルトさんの家に行き、夕食を一緒に取って解散。皆、良い人達でした。こういう人達ばかりだと世の中、平和なんですがねえ。

P1040538

4日(日)は夕食が約束が入ってたので、昼はアレッツォの骨董市に行きました。毎月第一日曜日に町全部が市場になるんですね。もう何度も来てるんだけど、やっぱりあるんなら行こうかなって事で。

この人は多分、来ているだろうと思ったら、やっぱりいました。でかいからよく目立つ。

2609

しばらく一緒に行動してましたが、2日前に下宿の鍵を受け取って待っててくれて、その後で一緒に晩御飯も食べてるので、既に話題が無くなっちゃったんだよなあ。間が持たなくなったので「じゃあ、またね。」と別れて、一人でうろついてたら、屋台出してた女性にいきなり声をかけられた。

「シュンカン!!」

誰だこの人と思って、よく見てみたらロベルト・マルッチさんのモザイク工房にいたリトアナでした。工房を辞めて自分の工房を作って、で骨董市に出て自分の作品を並べて売ってたんだそうです。まさか、こんな所で会えるとは思わなかった。

048_roberto_marucci

前に制作したロベルト・マルッチ工房の切り絵ですけど、教えられてる方がリトアナ君。暴走機関車のようにエネルギッシュな人。

で、アレッツォから帰って、リストランテ・ベルコーレへ。今は亡きサスライシェフが働いてたお店ですね。壁には、今は亡きサスライシェフが描いた料理のデザインが飾られています。

2830

今は亡きサスライシェフの意志を継いでシェフに昇進したリョーコ先生もお元気でしたよ。

2580

今は亡き、今は亡きって、やたらサスライシェフを亡き者にしようと画策しているみたいですけど、そういう訳ではない。しかし、何故か色んな人から「サスライシェフがいないから寂しいだろう?」と言われた。べっ、別にサスライシェフが居なくたって寂しくなんかないんだからね!!「今は亡き」扱いで充分だ!!

大阪から旅行で来ている藤田夫妻と、フィレンツェモザイクのマエストロ、ロベルト・マルッチ先生、その弟子の本永景子さんと新弟子の安田さんとお食事。

Img_1881

右のお二人が藤田夫妻で、大阪でギリシア・イタリア料理のアッラ・パーチェというレストランをやってます。奥さんの方がフィレンツェモザイクをマルッチ先生から習っています。藤田夫妻はトルコとイタリアを旅行してて、この日しか皆で集まれる日が無かったのです。

私と藤田さんの間にいるのが本永さん。昨年の秋のギャラリー彩の個展で、私の下の階で個展をやった作家さんですね。で、藤田夫人の右にいるのがマエストロ。この写真を撮った時は、新弟子の安田さんは帰っちゃった。シエナに住んでるから、帰りのバスに乗り遅れないように早めに帰っちゃうんだよね。この様子を見て、マエストロは「シンデレラ」と呼んだ。若い女の子が習いに来てて、とっても嬉しそうなマエストロ。

マエストロ、自分が酒を飲まないからって、私に押し付けるの止めてくれないかなあ。ベロベロに酔っぱらって帰っちゃった。頭痛かった~。

イタリア取材の本番前のウオーミングアップのような土日でございました。

|

« イタリア滞在記の開始です。 | トップページ | ろくろ師・ロランド »

コメント

今は亡き者でございます。
一生亡霊のごとくとりついていきますので。。。季節はずれのうらめしや~。。。

投稿: 今は亡き者。。。 | 2012年4月 9日 (月) 23時28分

今は亡き者。。。 さん、わあビックリした!スパムメールかと思って、削除して通報しようかと思った。よく見たら今は亡きサスライシェフさんじゃありませんか。・・・って、自分で「今は亡き」なんて書いといて忘れてたんだけどね。

憑りつくなら私じゃなくてベルコーレさんでしょう。次に食べに行ったら「化けて出て来た。」なんて話が出たらどうしよう?

投稿: 俊寛 | 2012年4月10日 (火) 00時01分

この記事へのコメントは終了しました。

« イタリア滞在記の開始です。 | トップページ | ろくろ師・ロランド »