« パルマとピアチェンツァ | トップページ | リヴァプール »

2012年4月30日 (月)

マンチェスターへ!

昨年のイタリア滞在では、イギリスのマンチェスターへ行きました。ネットで知り合った友人が住んでいて、良かったら遊びに来て下さいと誘ってもらったんです。昨年の滞在は4月で旅行するには丁度良い季節。友人にも親切にしてもらったし、不味いと評判のイギリス料理も意外と美味しかったので、すごく楽しい思い出になりました。だから今年も遊びに行って来ました。・・・って、これじゃイタリア滞在記にならないな。

ともあれ3月22日(木)はマンチェスターへ出発。空港から電車でピカデリー駅へ移動。10分程待ってたら友人の舘岡孝君が迎えに来てくれました。舘岡君は人形アニメーションを作る会社で原型を作る仕事をしています。実はこの日は私の誕生日でした。舘岡君に言ったら「え~っ!!俺なんかと一緒で良いんですか~?」って感じでしたが、楽しく騒げれば良いのだ。

って事で、パブへGO!舘岡君が「イギリス料理を出す良い店を見つけたんですよ!」と言うので行ってみたら去年も食べに来た所でした。「いや・・・ここ去年も来てるよ。あのウエイターの女の子、覚えてるもん。あの子、居たじゃん去年も。」「あ、あれれ・・・。」って感じで。お客さんが来るたびに連れてってるみたいなので、一緒に来た事を忘れてたみたいですね。まあ、それだけ美味しい店って事なので私としては異存は無い。

1864

舘岡君と。昨年は私はローストビーフとヨークシャープディング、舘岡君はチーズバーガーでした。ピアノの生演奏があったっけな。「去年はそこのテーブルだった。」と、ここまで言ったら「思い出した!!」と言われた。

以下は「切り絵師・俊寛、マンチェスターを喰らう」のコーナーです。すっかり「~を喰らう」って言い方が定着しましたねえ。皆さんも使ってみよう!

まず前菜は私がホワイトバイトのフライとチップス。ホワイトバイトは白魚ですね。正確な種類まではわからなかったけど、ワカサギみたいな感じでした。チップスはポテトフライの事。カリッとあがってて美味しかった~。

1862

こちらは舘岡君が頼んだホタテの貝柱のソテー。ちょっと貰ったけど、これも美味しい。

1863

メインに頼んだ、オープンシェパーズパイ。パイと言うから、パイ生地に入ってると思ってたけど、ご覧の通り。マッシュポテトと羊の挽肉を炒めたもの。後で調べたら、シェパーズパイはマッシュポテトの中に挽肉を入れてオーブンで焼く料理だそうです。「オープン」と頭に付いてるので、生地から具を出してあるという事ですね。成程。

1865

こちらは舘岡君が頼んだサーロインステーキ。グレービーソースをかけて食べる。ちょっと貰ったけど、肉汁たっぷりで滅茶苦茶美味しい!!シェパーズパイも悪くないけど、見た目が寂しいのが残念かな。

1866

・・・ステーキにすべきだったかな。でもシェパーズパイなんて珍しい料理を食べれたので満足です。食べた事の無い料理って気になるからね。

舘岡君に「イギリス料理は気に入りました?」と聞かれたので、力強く「気に入りました!!」と返事しました。ワハハと笑われましたけどね。まあ、料理が美味しいと評判のイタリアから、料理が不味いと評判のイギリスに来てるので、どうなんだろうって感じですけど。イタリア滞在も後半戦で、ちょっと飽きてきたのもあったし、実際イギリス料理は美味しかった。そう言えば、今回の滞在で同居してた料理人の子も「最近のイギリス料理は頑張ってますよ。」と言ってたな。良い事だ。

誕生日だったので、舘岡君にご馳走してもらいました。ご馳走様でした♪楽しかった~。

|

« パルマとピアチェンツァ | トップページ | リヴァプール »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。