« 滞在中から制作してた作品 | トップページ | マンチェスターへ! »

2012年4月29日 (日)

パルマとピアチェンツァ

エミリア・ロマーニャ紀行も後半戦です。すでに3月21日(水)。この辺になるとスケジュールがビッシリ詰まってます。前の晩は友人達とお食事会で食べ過ぎちゃいました。基本的には夜に友達と食事する事が多いので、昼は控え目なんですけど、パルマっつーとパルメザンチーズと生ハムで有名な土地。やっぱりちゃんとしたレストランで食べたいよねえって事で頑張って食べて来ました。

・・・っと、その前に風景の取材。パルマはイタリアに住み始めた直後に友達に誘われて生ハムを食べに来た事が一度だけあります。ですが、その時は学校が終わってから電車に乗ったので、食べに行っただけで町はほとんど見てないんです。だから実質は初めて行く場所ですね。

で、食文化についての切り絵も作りたいので、チーズや生ハムを売ってる店なんかも見てみますかって事で、「地球の歩き方」には町外れのサンタクローチェ広場の近くにチーズの店が7軒ぐらい軒を連ねてるとあるので、ツーリストインフォメーションで地図を手に入れて、サンタクローチェ広場へGO!!

さて歩くとけっこう時間がかかったのですが、チーズの店なんてどこにも見当たらない。仕方ないので情報収集の為にバールに入ってコーヒーを飲んで、バールの女の子に聞いてみたら「あれは、もう無いわよ。」って返事。川の近くに市場があって、地下にチーズ屋さんがあるとの事でした。やれやれ。川の近くって町の中心部のすぐ傍で、サンタクローチェ広場まで来る必要無かったんだ。

しかし、市場に行って地下のチーズ売り場も見てみたんですが、これがスーパーマーケットみたいで全く絵にはならない。まあ、食品売り場だから絵にならなくても文句は言えませんけどね。ここまででパルマに着いて1時間半過ぎちゃってます。仕方ないので近くをうろついて、良さそうな店に入って32か月熟成のチーズを買いました。

・・・って買い物が目的じゃなかったんでした。一応、写真も撮りましたけどね。ちょっと準備不足って感じの写真になってしまいました。ちょっと切り絵にしにくいかも。余裕を持って挑まなきゃいけませんね。

1684

その後はドゥオーモと洗礼堂に行きました。

1715

こちらがドゥオーモ。鐘楼は修復中。お昼時なので、人がいなくて静かでした。

1716

こちらは洗礼堂。ドゥオーモ広場の端からでは近過ぎて、ドゥオーモと洗礼堂を一緒に取る事は無理でした。切り絵にする時は一つの画面に収めようかな。

さて、お待ちかねの昼ご飯です!地球の歩き方に載ってたコリエーリという店に行きました。前菜とプリモだけで良いかと思ってたら、給仕さんが勧めるのでもう1品前菜を頼んじゃいました。

1739

まずは定番の生ハム。やっぱパルマと言ったらこれを食べなきゃ。15年前に来た時(店は違うと思う)に初めて生ハムを食べて「うん。実に力強い味だね。」なんて、漫画の美味しんぼみたいな感想を口にしたっけ。ああ恥ずかしい。若気の至りですね。

1738

生ハムと一緒に来たもう一つの前菜。トルタ・フリット(ケーキのフライの意味)塩気のあるふわっとした生地で中は中空。だから何とか食べれたけど、まだこの後も料理が来るんだよね。

1745

トルテッリと言うパスタです。中身はハムとリコッタチーズが入ってます。これにパルメザンチーズのすりおろしをかけて食べます。ほとんど限界だったけど、何とか完食。もうこれ以上入らない。

お腹一杯で歩きたくなかったけど、町をちょっとぶらついた後、ピアチェンツァへ移動。パルマからは1時間弱。ここは前にクレモナにヴァイオリン職人の工房の取材に行った帰りに、電車の乗り換えで降りた事がある。駅前のフードコートみたいな所に入ってパニーノを買っただけだったので、観光するのは初めて。

1795_2

これがピアチェンツァのドゥオーモ。閉まってたので中が見学出来なかった。残念。

1848

こちらは市庁舎。写真には写ってないけど、左右に騎馬像を2つ従えてます。ドゥオーモが割と質実剛健な印象に対して、こちらは優雅ですな。

夕方にはピアチェンツァを発ってフィレンツェに4時間近くかけて戻りました。この日は夕ご飯抜き。やっぱり昼ご飯を食べ過ぎたようで、お腹空かなかった・・・。

|

« 滞在中から制作してた作品 | トップページ | マンチェスターへ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。