« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月26日 (土)

東京の個展のお知らせです。

026

と言う訳で東京の個展のお知らせです。前に東京で個展をやってから2年以上も経ってるので、すっごく久々ですね。

新井画廊
12月12日(月)~12月18日(日) 
AM11:00~PM7:00 (最終日はPM5:00まで)
02
東京メトロ銀座駅A3出口より徒歩5分です。
現在DMの宛名を入力中です。(今年からパソコンを使って宛名を書くようになったのだ!!)週明けには投函出来るように頑張ろう。
DMをご希望の方はメール下さい。

| | コメント (0)

2011年11月25日 (金)

シエナの風景2点

先日の名古屋の個展に展示した作品を2点紹介します。

個展では小サイズの作品で、トスカーナの風景のシリーズを展示しました。フィレンツェの周りの小都市のシリーズですね。シエナのドゥオーモ。サイズは20×20cmです。

Toscana012

12世紀後半から13世紀にかけて建設されました。このドゥオーモの壮麗な佇まいを見ると、シエナがフィレンツェとも覇権を争った程、繁栄した都市国家だった時代がしのばれるというものですね。

トスカーナの風景のシリーズは、個展の前にあった三越の2人展で実演を兼ねて制作していたのですが、この作品だけは出来ませんでした。白い建物って苦手なんです。私の作品では全てのパーツに影を付けてますけど、白い建物の場合だと、強く影を付け過ぎると汚らしくなってしまうんですね。これまでにもフィレンツェのサンタクローチェ教会や、ピサのドゥオーモを切り絵にして来ましたけど、1度は色付けに失敗してやり直してるんです。失敗を避けるためには集中してやらなきゃって事で、2人展が終わってから取り組みました。幸い、感じよく仕上がった。

シエナの風景は、けっこう切り絵にしてて、ドゥオーモかマンジャの塔が中心になる構図が多かったんですけど、正面のファザードを描いたのは初めてですね。縞模様の鐘楼も素敵だ。

続いてはドゥオーモに隣接した博物館(この建物も元々はドゥオーモに代わる新ドゥオーモになる予定だったらしい。)のテラスから見た風景。サイズは15×20cmです。

Toscana006

テラスと言っても、かなり高い展望台です。横っちょのドゥオーモのクーポラ(丸屋根の事)と同じぐらいの高さがあるかな。

ここからはカンポ広場とマンジャの塔、プブリコ宮殿が良く見える。絵の具にバーントシエナ(焼けたシエナの意味)という色があるけど、このシエナの建物の色の事ですね。フィレンツェのオレンジ色とはまた違って、シックで美しい。

で、私は高い所が嫌いなのですけど、高い所から見た風景というのは絵になるので、取材の為にドゥオーモのテラスに上ってるわけです。この作品の元になる写真を撮った時は、マンジャの塔にも上っていて写真を撮ってます。上ったり下りたり、けっこう大変だったりします。マンジャの塔から見た風景は既に切り絵にしてますけどね。3月に公開してます。見たい方はこちらをどうぞ。

この2点は個展で売れちゃいました。なので、今後の展示会で出る事はないのです。「本物が見たい!」と思ってくれた方、すみません。他にも良い作品が出せるように頑張りますので、ご勘弁下さい。

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

恋する女の子に贈るファッションマガジン!!

いつもの調子と違うので「何事!?」と思った人もいるかもしれませんが、大丈夫です。いつもの俊寛です。とうとう変になったわけじゃないので、ご心配無く。

期間限定でインターネットで見る事が出来る雑誌の形式を取ったサイトで、nemo(ニーモと読む)というのがあります。そこでコラムを担当しているモデルの一之瀬レイさんからインタビューを受けまして、掲載されました。

公開されたのは10月26日で、ちょっと報告が遅れてしまいました。丁度、三越の2人展の最中で、その後も個展に突入してたので、つい後回しになってしまいました。

しかし、何か皆から冷やかされそうな媒体に出ちゃいましたね。どう考えても、対象年齢は20代の女の子・・・。先日の個展の時に、一時帰国中で東京から見に来てくれた木製象嵌職人の望月君と、その彼女と晩御飯にひつまぶしなどを食べに行ったのですけど、「実は今度、恋する女の子に贈る・・・。」と冒頭の言葉だけで二人とも目が点になって、「・・・というのに掲載されたんだが。」と言い終えたら、軽くのけぞりながら「えええ!(よりによって)俊寛さんがあ!?」と失礼な反応をされてしまいました。ちなみに()内は口に出して言われたわけではないですが、彼らの心がそう言ってた。フン、どうせお前たちも対象年齢外じゃ。

と言うより、このブログを読んでる人って20代以下の人は少ないんじゃないかなあ。アンケートを取ってるわけじゃないので、わかりませんけど。

私なんかが出て良いのかしらと思いましたが、インタビューの内容は、私がいつも喋ってるような事です。別に何か変わった事をやるわけではないので良いかな~って・・・。(そういうのを期待した方、残念でした!)

ただ、元々このコラムは「手紙を通じて人々に幸せを」という趣旨なので、インタビューも手紙に関した質問もあって・・・。私はほとんど手紙を書かないので、答えるのに苦労した部分もありました。

半年ぐらいは公開されているようなので、興味のある方は見てみて下さいませ。

ウェブマガジンnemo 私の記事が載ってるのはvol.16です。 

| | コメント (4)

2011年11月18日 (金)

名古屋の個展、終了しました。

名古屋・栄のギャラリー彩での個展、無事に終了いたしました。期間中、見に来てくれた方、差し入れをしてくださった方、作品を買ってくれた方、宣伝を手伝ってくれた方、遠くから声援を送ってくれた方、ギャラリー彩のスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

1階で展示してたフィレンツェモザイクの本永さんも大成功だったようです。良かった、良かった♪お客さんがいない時に、本永さんの会場を覗いてお喋りしたりしましたけど、すごく勉強になりました。やっぱりマルッチ工房出身の職人の中ではエースですからね。一緒にやれて良かったです。

・・・しかし、本永さんが大成功したって話をマエストロが聞いたら「僕も日本で俊寛と一緒に個展をやりたい!!」って言いだすかもしれない。誰が面倒を見るのだ?

さ~てと、展示会も終わった事だし、ちょっくら鹿児島にでも遊びに行こうかって感じですが、まだ東京の展示会があるんでした。3週間後です。1点でも多く新作が出せるように頑張ります。

そして、来年の予告です。まずギャラリー彩での個展は「日本の職人シリーズ」を中心に展示します。こういうご時世だから、日本文化の良さを見直そうという事で。まずは私の地元の東海地方の職人さんの切り絵を揃えて展示しようと思っています。

で、1階の会場にはこの方が登場します。

033a

名古屋仏壇の漆塗り職人、武藤久由さんです。私とのコラボ作品も企画中です。そういえば、切り絵のモデルになった職人さんと一緒に個展をやるのは初めてですね。

そしてイタリア好きのお客さんは、三越の2人展へどうぞ!イタリアの職人シリーズに加えて、今年から始めた「イタリアの食文化シリーズ」も充実させて、食の都であるパルマとボローニャを中心に、エミリア・ロマーニャ州の風景を切り絵にして行こうと思っています。

・・・作りたい物だらけだけど、やり切れるのかな。まあ、何とかなるか。

と言う訳なので、名古屋の皆様、来年お会いしましょう。東京の皆様は3週間後をお楽しみに。

| | コメント (6)

2011年11月13日 (日)

月曜日はお休みです!!

名古屋・栄のギャラリー彩の個展、順調に進んでます。

月曜日は画廊がお休みなので、ご注意下さい。

ギャラリー彩って、会期が10日間で、中盤で月曜日が休みって、変わった方式で運営されてます。自然の成り行きでこうなったらしいですけどね。展示を行う側としては期間が長ければ、その分だけ見てくれる人も増えるのでありがたいですけど、少々疲れますね。

まあ、1階で展示してる本永さんは私よりも疲れているでしょうけど。展示会の経験があまり無くてホテル住まいだからなあ。

ともあれ、月曜日はノンビリ過ごして英気を養いますか。・・・って、細かい仕事をやる事になるでしょうけどね。

火曜日からよろしくお願いします。

| | コメント (6)

2011年11月12日 (土)

友達の個展の紹介です。

昨年、名古屋で一緒に合同展をやった、フィレンツェ在住の木製象嵌職人、望月貴文さんの個展が東京であります。

201109_28_55_f0204955_7404263

木製象嵌は薄くスライスした様々な色・模様の板をそれぞれの形に切り抜き、組み合わせて一枚の絵に仕上げる技法です。フィレンツェモザイクと考え方は一緒ですね。

合同展の後、精力的に制作しているようで頼もしいですね。好奇心旺盛なので、色んな工房に顔を出しているので、私の次ぐらいにフィレンツェの職人界で顔を知られているんじゃないかなと。だから、最近は彼の知らない職人さんを私が知ってたりすると、何となく安心したりして・・・。

来週から個展なので、今頃は準備で大変だろうなと思ってたら、昨日私の個展に見に来てくれました。わー、ビックリした。

久々の再会なので、晩御飯を一緒に食べに行きました。色々話もしましたが、考え方が私と似てるなあって思いました。最近、木製象嵌を施した時計を作ったそうですが、針の部分をフィレンツェ在住の彫金家の吉野清さん、枠の部分を昨年の合同展仲間の中村貴寛さんが手がけたコラボ作品だったそうで、こういう話が出ると「良いではないか!」って思っちゃうんだよね。視野も広い人なので、これからも頑張ってほしいと思います。

11月17日~22日 12時から19時まで 早稲田スコットホールギャラリー(新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園 セミナーハウス)

201109_28_55_f0204955_737212_2

東京近郊にお住いの方々、お時間のある時に是非見に行ってみて下さい!

「フィレンツェノッポ」こと、望月貴文さんのブログ

私も名古屋の個展が終わったら見に行くつもりです。友達が頑張ってると刺激を受けますねえ。

| | コメント (4)

2011年11月11日 (金)

個展の様子です。

毎年恒例のギャラリー彩さんでの個展(恒例のと言っても、一昨年は2人展だったし、昨年は合同展だったけど・・・。)3日目でした。良い調子で進んでます。

1187

エレベーターを出てすぐ、入り口前にはミケランジェロの模写の切り絵を展示してます。手前が今年の夏に仕上げた最後の審判。奥が2年前に作ったトンド・ドーニ。もう一つ、ピエタも作って「一人ミケランジェロ祭り」をやろうかと思ったけど、間に合わなかった。残念・・・。

Dscf2161

会場手前は「トスカーナの風景シリーズ」を展示してます。フィレンツェの周辺の小都市特集ですね。画像はシエナの風景が並んでいます。

Dscf2163

こちらはサンジミニャーノの風景。丁度1週間前にNHKの「世界ふれあい街歩き」で紹介されたましたから、グッドタイミング。あの番組のおかげで町で一番高い塔の名前が「グロッサの塔」だという事がわかりました。

Dscf2162

会場の奥では職人シリーズを展示しています。画像は最新作の額縁職人、ヴァレンティナ・セルニッシさんの工房の切り絵。タイトルは「絵画の相棒」サイズは70×115cm。私の作品では4番目に大きい作品です。先日、放送されたCBCテレビのイッポウで、この作品の制作過程を紹介してもらいました。

1193

で、こちらは1階の会場。フィレンツェモザイクの本永景子さんの個展です。一昨年・昨年と一緒に展示した清水優子さんの先輩にあたる職人さんです。

1197_4 

フィレンツェモザイク職人、ロベルト・マルッチさんはモザイク教室で大勢の生徒さんを指導されました。(私も教えてもらって、1つだけ作った事がありましたけどね。)何人かは作家活動するほどになりましたが、本永さんはその中でも最優秀で、師匠のマルッチさんも一目置く程の腕前です。 作風も本永さん性格が良く出ていて、穏やかながらも凛とした緊張感が漂う素晴らしい作品に仕上がっています。

今回、展示した作品の中でも、私が一番気に入った作品です。魚のカサゴ。今回、本永さんに教えてもらって初めて知ったけど、石の中には火で炙ると色が変わる物もあるそうで、このカサゴの赤い色もそうやってバーナーで炙って出した部分もあるそうです。必ずしも赤い色に変わるわけではなく、灰色に変わったり、全く変わらなかったりする事もあるそうで、どんな色に変化するか、やってみないと分からないんだそうです。だから火で炙る時はすごくドキドキしたと言ってました。・・・奥が深いなあ。

1191

で、こちらは今回の展示会の為に本永さんとコラボした作品。私の切り絵のデザインでフィレンツェモザイクで作ってもらいました。9×9cmで、トノサマガエルと熱帯魚のベタです。昨年もフィレンツェモザイク、木製象嵌、銀のレリーフでやりましたね。モチーフの選択がいかにも本永さんらしくて面白い。(本永さんは虫とか魚とかカエルが好きなようです。)カエルの質感など、相応しい色・模様の石を選択されていて、素晴らしいですね。

1194

と言う訳で、名古屋の個展もまだ始まったばかり。私の切り絵と本永さんのフィレンツェモザイク、一粒で2度美味しいお得な展示会ですので、18日(金)までです。(14日の月曜日はお休みなので、ご注意下さい。)まだの方は是非お願いします。

| | コメント (4)

2011年11月 8日 (火)

明日から個展です。

と言う訳で、明日から名古屋栄のギャラリー彩さんで個展です。ああ疲れた。結局、前日まで暴走モードでした。

今回の個展のDMに使った作品の紹介がまだでしたね。

047

クリエーティブな時間の始まり 製本職人 オメロ・ベンベヌーティさんの工房にて

サイズは40×55cmです。

革やマーブルペーパーで、本やアルバムを装丁する職人さんです。現在66歳。11歳の時に製本学校に入って技術を習得されました。

作品では革で本の表紙を作っている場面で、2色の革を組み合わせて幾何学模様のモザイクを作っています。こういう作業はクリエーティブだから疲れないそうですが、同じような形のパーツなので、どれをどこに使うのかわからなくなる事もあるそうです。(私もそういう事を時々やっちゃいます。親近感が湧きますねえ。)

個展では職人シリーズが10点、小サイズの「トスカーナの風景シリーズ」が24点、おまけの作品が3点展示します。(最初の予定では職人シリーズ9点とトスカーナの風景シリーズ30点の予定でしたけど、会場スペースの都合で変更になりました。)

あと実演ですけど、先週の三越で頑張り過ぎて、お客さんが話しかけづらい雰囲気を作ってしまったので、今回は時間を決めてやろうかと思います。毎時30分からスタートして、10分~15分間ぐらいで一通りの作業を見せるという事で。まあ、臨機応変にやって行きましょう。

2011年11月9日(水)~11月18日(金) 11月14日(月)は休廊です。

ギャラリー彩 (4F)

AM11:00~PM6:00 (最終日はPM4:00閉廊)

地下鉄「栄」駅下車6番出口前、トップカメラの横です。

TEL 052-971-4997 FAX 052-971-2979

よろしくお願いします。

| | コメント (4)

2011年11月 2日 (水)

もうじき個展です。

Kotennyou_aya

と言う訳で、来週から毎年恒例のギャラリー彩さんでの個展が始まります。まあ、毎年恒例と言っても、一昨年はフィレンツェモザイクの清水優子さんとの2人展、昨年はイタリアで修業した作家を集めての合同展だったので、彩さんで個展をやるのは久々ですけどね。

今日は久しぶりにジムに行って来ました。受付で会員証の代わりにmanacaを出しちゃいました。受付の女性は顔色一つ変えずに「これは違います。」と言われたので我に帰って、慌てて会員証を出しました。ここ一週間、manacaを使って電車に乗ってたのでついうっかり・・・。「さっきのは見なかった事に・・・。」と受付の女性に言ったら、微かに笑ってくれました。ボケには突っ込んでほしいんだよなあ。

ゆるく生きてちゃダメだという事だ。気を引き締めて行こう。

で、実は2つヘマをしてます。

その1 ホームページの方のお知らせが、昨年から更新出来てないんです。HPビルダーのソフトを無くしてて、パソコンを買い替えたので、昨年の中京大学とか三越の情報がそのまま残ってるんです。今年の名古屋はギャラリー彩の個展で11月9日から11月18日までなので、お間違えなく。

その2 今年の名古屋用のDMですけど、三越の2人展と彩の個展の期日が近過ぎるので、2枚のDMをまとめて透明の封筒に入れて送ってるんです。1000枚以上そうやって送ったので、料金別納で出したから80円切手を貼ってないので、1枚のDMを丁寧にパッケージして送ったと思われた方が多いらしいのです。ちゃんと2枚入ってますので「三越のDMは来たけど、個展のDMはまだかな~。」と思ってる方、ご確認して下さいませ!!

と言う訳で個展までラストスパートで1点でも多く出せるように頑張ります。

2011年11月9日(水)~11月18日(金) 11月14日(月)は休廊です。

ギャラリー彩 (4F)

AM11:00~PM6:00 (最終日はPM4:00閉廊)

地下鉄「栄」駅下車6番出口前、トップカメラの横です。

TEL 052-971-4997 FAX 052-971-2979

よろしくお願いします。DMをご希望の方はこちらからメールにて、ご住所とお名前を教えて下さいませ。(ギリギリで届く事になりますけど・・・。)

| | コメント (2)

2011年11月 1日 (火)

名古屋栄三越、終了しました。

1週間続いた名古屋栄三越の、内藤圭美さんとの2人展「イタリアが育てた匠たち」終了しました。見に来てくれた方、遠くから応援してくれた方、そして一緒に展示してた内藤圭美さん、お世話になった三越の阿部様とフロアスタッフの方々、どうもありがとうございました。次回も頑張ります!!

今回の反省  展示会中、ずっと実演をしてたんですが、しっかりやり過ぎたような気がします。絵の具を使う作業以外、全部実演しましたが、見ていて面白いだろうなとは思うのですけど、それと作品の価値そのものとは別かなって・・・。早い話が「これだけ苦労して作ってます」と訴えてるようなもので野暮かなと・・・。そういう能書きの部分が無くても「良い物」でなきゃいかんのでしょうな。

能書きと言えば、作品に説明文を付けてるんですけど、あれも文書が長過ぎるみたいですね。葉書サイズの紙に書いてるんですけど、「老眼なので読めません・・・。」ってお客さんもいました。次回からは文章を少し簡潔にして、文字を大きくプリントしよう。

で、実演の話に戻るけど、実演用のパーツを準備するのも大変だったんです。絵の具で色付けの作業は家に帰ってからやってましたけど、2時間以上はかかるので疲れました。寝たいけど寝れないという・・・。

もう一つ問題は、一心不乱にやってたので、お客さんが声をかけづらかったらしい。

・・・頑張り過ぎるのも考え物だな。

・・・次のギャラリー彩と東京の個展のDMにも「実演をやります。」とバッチリ書いちゃっのでやりますけど、もうちょっと緩めにやろうかな。うん。そうしよう。決めた!

とりあえず、今日はこれから三越でやり残したパーツを貼ってしまおう。ギャラリー彩の個展まであと1週間、ラストスパートだ!!(このシーズンはわやくちゃなスケジュールだな。)

| | コメント (9)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »