« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月28日 (水)

名古屋の展示会のお知らせ

名古屋の展示会まで1ヶ月切りましたので、お知らせします。東京での個展は12月なので、お知らせはもう少し後で行います。

最初はジュエリー作家の内藤圭美さんとの2人展です。職人シリーズと、小サイズでフィレンツェの風景の他、新シリーズでイタリアの食文化シリーズ6点を出します。

DMのデザイン、圭美さんが私の作品のイメージに合わせて切り絵風の指輪を出してくれましたので(どうやって作ってあるんだろう・・・。)私も美食家の圭美さんに合わせて食文化シリーズの中からパニーノのお店の切り絵にしました。

Kotennyou_mitsukoshi

名古屋栄三越 8階 

10月26日(水)~11月1日(火)

そして、ギャラリー彩での個展です。彩さんで個展をやるのは3年ぶりですね。(昨年は合同展だったし、一昨年は2人展だった。)私にとっては実家のような場所なので、そろそろ個展をやろうかなってんで、職人シリーズとトスカーナの風景、先日仕上げた最後の審判もこちらに出します。

Kotennyou_aya

ギャラリー彩
11月9日(水)~11月18日(金) 14日(月)は休廊。
ちなみにギャラリー彩は4階と1階に展示スペースがあります。私は4階を借りますけど、1階では友人でフィレンツェモザイク作家の本永景子さんが個展をやります。
本永さんは、昨年まで一緒に展示した、フィレンツェモザイクの清水優子さんと同じ工房で修業された職人さんです。私とのコラボ作品も出るので、一粒で二度美味しい展示会になっております。
両展示会とも趣向を凝らしてありますので、片方だけと言わずに両方来てもらいたいものです。
会場へのアクセスは三越、ギャラリー彩、共に地下鉄栄駅からです。三越はすぐにわかると思いますが、ギャラリー彩は6番出口を出るとトップカメラがあって、その横の建物です。

案内状をご希望の方はこちらからメールにて、ご住所とお名前を教えて下さい。お友達の分も配ってくれる方、行けないけど記念に欲しい方も、ご遠慮なくどうぞ。まだ交流の無い方でも大歓迎ですので、興味のある方はメール下さいませ。

たまに私の所までメールが届かない事もありますので(半年前に出されたメールが届いた事があります。サーバーの不具合でしょうか?)返信が来ない場合はお手数ですがブログのコメントでお知らせください。こちらからメールを出してみますので。

| | コメント (14)

2011年9月13日 (火)

切りまくるぜ!!

と言う訳なので、張り切って制作しております。

フィレンツェの職人シリーズ、額縁職人の工房を切り絵にしています。先ほど、全て切り終えました。

1175

サイズは70×115cm。私の作品では4番目に大きいサイズです。

大きい上に細かいデザインなので、全部切り終えるのに時間がかかりました。ナイフの握り過ぎて指が痛い。でも満足感はありますね。切って、切って、切りまくったって感じで。

やっぱり100cm超えると「大作を作ってる」って気分になります。本気度120パーセント。

実はこっそり2mのサイズの作品にも手を付けてて、5日程下絵をやってたんですけどね。さすがに11月の個展には間に合いそうもないので中断しました。で、現在の作品をやってるわけです。ギリギリ間に合うかなって。

でも2mの作品も、あきらめたわけじゃないので、時間を作って少しずつ進めて行くつもり。完成はいつになるのか、自分でもわからないですけどね。まあ、そう簡単に出来ないから良いのだ。自分の限界に挑戦しなくちゃ。

| | コメント (2)

2011年9月11日 (日)

あれから半年

東日本大震災から半年が経ちました。そして今日は10年前にアメリカの同時多発テロが起きた日です。大勢の平穏に暮らしていた方々が災難に遭われました。まずは黙祷をさせていただきます。

先日、地元の高校の放送部の子達は、私の所に取材に来ました。「切り絵を始めたきっかけは何ですか?」とか「制作の際には、どのような事を考えてますか?」とか「印象的な出来事は何ですか?」とか、そういった質問に答えたんですけど、考えさせられた質問が一つありました。

「俊寛さんから見て、今の高校生に期待する事って何ですか?」

質問事項はあらかじめメールで貰ってたんですけど、この質問に対する答えがちょっと長くなっちゃいました。以下、その内容です。

3月の震災、私の住んでる地域では全く被害も無く、テレビを見て東北地方の惨状に呆然として、何も出来ない己の無力さを悔しく思っていました。それは何も私だけでなく、この時期に日本中の人が同じ事を感じていたと思います。

数日後、何人かの友達とメッセージのやり取りをしてて、「結局は自分達の仕事を一生懸命やるしかないじゃないか。」という結論が出て来ました。

今は原発を何とかしようとしてる人達や、災害救助をしてる人達が最重要・最優先される時で、そういった人たちに感謝しなきゃいけない。それが終わったら、社会を立て直す人たちの出番。その後に皆の心を豊かにする人の出番。無駄な職業は無いのだから、いずれ自分の出番が来た時の為に力を蓄えておこう。・・・と、そんな事を考えていました。

未曽有の震災で、積みあげられた物は崩れてしまいましたが、私たちの親の世代、祖父母の世代、ご先祖様たちの世代がこれまでの日本を作ってくれたように。私たちは日本を復興させて、次の世代に良い未来を用意してあげる義務があるんです。

だから高校生の子供達に「自分たちに期待する事って何ですか?」と言われるのは、ちょっと不本意なんですよ。「むしろ大人たちに期待してくれよ。」と言いたい。

(そこをあえて高校生に期待する事があるとすれば、大きくなって社会の第一線に立った時に存分に力を出せるように、色んな事を勉強して健康でいて下さい・・・って事かな。)

さて、これまで私はイタリアの職人シリーズに力を入れて活動して来ました。職人さんの手によって生み出された物は素晴らしいが、作られる過程もまた美しい。それは実は地味な作業の連続なのだが、日常生活に真摯に取り組む事の大切さにつながって行く。職人仕事の良さを見直す事って、効率のみを求めて、それが行き詰りつつある現在の日本に必要な事じゃないかなと・・・。

と、こう考えてやって来まして、今後も職人シリーズは続けるけど、現状に合わせて軌道修正は必要ですね。

日本人が日本人である事に誇りを持てるような、前に進む力を与えれるような、そんな作品を目指して制作しようと思います。

最後に、私と同年代の皆様へ。

あの時期に震災関連のニュースで唯一、笑えた話がありました。(と言うか、微笑ましいって感じの話でしたが。)

暴走族の少年達が地震に巻き込まれて、避難所で大勢の人(敵だと思ってたってさ。)に親切にされたんだそうです。彼らはそれまでの行いを反省して、「これからは他人の為に生きて行きます。」と言って、警察に出頭して解散式をやって、ボランティアチームになったんだそうだ。

震災で失った物は多く、未だに解決していない問題は山積みです。しかし、諸問題は最良の方法で解決されます。頭の良い人はいるので、何らかの解決策が見つかるでしょう。時代が停滞するのではなく、むしろ進んで行くはずです。そしてより良い日本が生まれるでしょう。その為には各々がギリギリまで努力する事が必須なんです。暴走族の少年達でさえ、他人の為に尽くそうとしている。ならば私たち働き盛りの世代は、もっと頑張らなきゃいけない。気合いの入った所を一発見せてやりましょう。

共に頑張って日本を立て直した世代と言われるようになりましょう。

・・・今回は、話がいろんな所に飛んじゃいましたね。言いたい事が多過ぎるんです。この前の高校生達にも上手く伝わってると良いんだけどねえ。

| | コメント (5)

2011年9月 2日 (金)

展示会予定

秋の展示会の予定です。

まず名古屋で10月末からスタートです。ジュエリー作家の内藤圭美さんとの2人展です。職人シリーズと、小サイズでフィレンツェの風景の他、新シリーズでイタリアの食文化シリーズを出します。

名古屋栄三越 8階 

10月26日(水)~11月1日(火)

ギャラリー彩では個展です。彩さんで個展をやるのは3年ぶりですね。(昨年は合同展だったし、一昨年は2人展だった。)私にとっては実家のような場所なので、そろそろ個展をやろうかなってんで、職人シリーズとトスカーナの風景、先日仕上げた最後の審判もこちらに出します。

ギャラリー彩
11月9日(水)~11月18日(金) 14日(月)は休廊。
ちなみにギャラリー彩は4階と1階に展示スペースがあります。私は4階を借りますけど、1階の方には私の友人でフィレンツェモザイクの本永景子さんが個展をやります。
本永さんは、昨年まで一緒に展示した、フィレンツェモザイクの清水優子さんと同じ工房で修業された職人さんです。私とのコラボ作品も出るので、一粒で二度美味しい展示会になっております。
東京で個展です。新井画廊さんですね。前に東京で個展をやってから2年以上経ってるので、久々ですね。展示する作品は・・・名古屋の展示会次第ですね。職人シリーズを中心に展示します。
新井画廊
12月12日(月)~12月18日(日)
期日が近づきましたら、改めてお知らせします。DMは現在作成中です。ご希望の方はメール下さい。

| | コメント (15)

天才シェフがお店を!!

このブログでもおなじみの、サスライシェフこと古畑圭一郎さんと、奥様のyossyさんこと好恵さんが遂にレストランをオープンする事になりました!

サスライシェフと言えば、ここではカボチャの彫刻なんぞ彫って、私と対決ばかりしてる人って事になってますが、本職は料理人です。しかもミシュランで星を取った事もあるほどの天才シェフ。

一昨年のフィレンツェ滞在では、好恵さんがウエイトレスをやってたベル・コーレというお店で料理長をやっていたので、たっぷりとその腕前をを堪能させていただきました。「皿に絵を描く料理人」との異名を持つ程、美的感覚の優れた彼の事なので、味は勿論、目で見ても楽しめました。この年は週に2回ぐらい食べに行ってたなあ。

というわけなので、九州にご旅行の際には是非、食べに行ってみて下さい。イタリアを知り尽くした2人が創造する美食の世界!

9月6日よりオープンの予定です。

ランチ  11:30から13:30のオーダーストップ

ディナー 18:00から21:30のオーダーストップ

要予約です。

ristorantino Il Cipresso
鹿児島市東千石町8-9(天文館、グルメ通りの紅葉の木の下)
TEL 099.222.1713
URL http://ilcipresso.jp
EMAIL info@ilcipresso.jp

オープンに間に合うように何か作ろうかと思ってたんですけどね。今年も展示会のスケジュールが厳しいので・・・。クリスマスぐらいになっちゃうかな。その頃に行かれる方は、私の切り絵も見れるかも。(・・・って、勝手に決めてますけど。気が変わって、切り絵を止めて手編みのセーターを贈るなんて事もあるかも。)

| | コメント (8)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »