« 革細工職人、ヴァスコ・カパンニ | トップページ | しばらく無理みたい・・・。 »

2011年5月 6日 (金)

製本職人、オメロ・ベンベヌーティ

今回の滞在で取材した職人さんの紹介です。

335

製本職人のオメロ・ベンベヌーティさん。Via Romanaって、大通りに面した工房兼ショップがあるので、前から目を付けてた工房です。ここは以前、切り絵にしたブロンズ職人のカルチナイ兄弟が友達なので、紹介してもらいました。

オメロさんは革屋マーブルペーパーで装丁された本やアルバムを作る職人さんです。現在66歳。11歳の時に製本学校に入って技術を習得されました。

いかにも職人さんって感じの素朴な方ですが、インターネットも使いこなしてて、お店に置いてある商品のいくつかは和紙が使われてましたが、そういうのはネットで購入したんだそうです。「サイトを立ち上げてからネットを始めたけど、あれは良いね。世界中からお客さんが来る。」と言ってました。

・・・私もいい加減HPの方を更新しなきゃなあ。もうずっとブログばかりになってますが・・・。

「どうやって職人さんと知り合うのですか?」とよく質問されるのですけど、飛び込みで行く事もあるんですけど、出来れば避けたい。先方にとっては、いきなり入って来て「切り絵のモデルになって下さい!」と言われるわけだから、けっこうビックリするみたいです。更に最近は中国人が店に入って来て、バシャバシャ写真を撮りまくって、似たような商品を作って安く売っちゃうって事も多いのです。そのj結果、昔からの職人さんの工房がつぶれて行く。イタリア人にしてみると、日本人も中国人も区別つかないですからね。で、だいたいの職人さんは頑固だから、一度疑うと私が何者か説明しても「聞く耳持たぬ!」って感じなので。実際に5軒ぐらいそんな感じで取材を断られています。

と言う訳で、やむを得ない場合は飛び込みで取材を申し込んでますけど、出来れば既に切り絵にした職人さんから紹介されて行くというのが一番安心ですね。

オメロさんはオープンな方なので、飛び込みで行っても多分、受け入れてくれたと思います。初めて行った時は日本人の生徒さんを教えてたので(けっこうお弟子さんの数が多いみたいですね。)特にネタになるような作業はしてなかったのですけど、後で行った時は革で本を装丁する作業を一通り見せてもらいました。

363

こちらがこの日に作っていた革で装丁された本。正方形を組み合わせた模様は革で作ったモザイク。こういう作業って、切り絵にも通じるので興味深い。この本のモザイクは簡単なデザインだけど、もう1冊もっと複雑な模様のを作ってて、部品が同じような色・形だから、バラバラに置かれたパーツを見てて

「さぁて、どれがどこに嵌るんだったかな?」

なんて事を言ってました。私の作業でも割とそういう事は起こったりするので親しみを持ちました。

こういう作業はクリェイティブだから、あまり疲れないんだそうです。

帰国前に挨拶したかったんだけど、工房が閉まってたので会えなかったな。この方の切り絵は夏頃に制作予定なので、出来上がったら写真を撮ってメールしよう。

|

« 革細工職人、ヴァスコ・カパンニ | トップページ | しばらく無理みたい・・・。 »

コメント

オメロさん知ってま~すhappy01
でもFirenzeでお会いしたのではなく、
京都のThe Writing Shopさんで
オメロさんの装丁されたノートが販売されていました。
そこのマダムが以前京都で行われた
俊寛さんの個展に伺ってお話されたと思います。
オメロさんは個性的な方ではと思っていますが、
優しそうな方ですね。
次回Fienzeへ行ったら是非立ち寄ってみたいです。
もちろん切り絵の作品も今から楽しみですcatface

投稿: kanabo | 2011年5月 6日 (金) 15時39分

kanaboさん、オメロさん日本でも有名だったんですねえ。知りませんでした。

京都のお店の方・・・誰だろう?関西圏では昨年から個展を始めたから、お会いしたのはキャッキャラさんか高台寺か、大阪だと阪急百貨店って事になりますが・・・。

革製品というと、鞄か靴ってイメージがあったんですが、製本ってのもあったんですねえ。今まで意識しなかったんですけど、取材してて奥の深い世界だと思いました。

投稿: 俊寛 | 2011年5月 6日 (金) 16時39分

御池のギャラリーのハガキをマダムに送ったら足を運んで下さったようです。
THE WRITING SHOP 京都 で検索してみてください。
ベリーショートヘアーのマダムのブログがあり、その中でオメロさんの作品が紹介されています。
マダムはインターネットで捜し当て個人輸入しているので、日本でオメロさんの作品が買えるのはそこしかないのではないかしら。

投稿: kanabo | 2011年5月 6日 (金) 18時30分

遅くなりましたが、お帰りなさい!
私もイタリアで製本に魅せられた一人です。
ほんとに奥が深いですよね。
いつかフィレンツェに勉強しに行きたいな~と
夢を抱いていたのでとても興味深いです。
俊寛さんの作品、楽しみにしてますhappy01

投稿: Waikiki子 | 2011年5月 6日 (金) 22時47分

kanaboさん、今度京都に行く時に訪ねてみます。
でもネットってすごいですね。私ももうちょっと活用しないとなあ。

Waikiki子さん、おお!ここにも製本愛好家が!!
以外といるもんですねえ。と言うか、私が無知だっただけですね。まだまだフィレンツェの職人業界も奥が深い。

頑張って作ります。

投稿: 俊寛 | 2011年5月 7日 (土) 03時41分

俊寛さん DMありがとうございます。
曜日はわかりませんが見に行きます。

あとアートラボのブログに掲載してもかまいませんでしょうか?
生徒にも見に行ってほしいので。

投稿: baba | 2011年5月10日 (火) 10時24分

babaさん、ありがとうございます。掲載の方も是非、お願いします。

投稿: 俊寛 | 2011年5月10日 (火) 11時18分

DM届きました♪
思っていたより大きくて、素敵でした。
絶対に行けないけど、気分だけでも。
お部屋に飾りますo(*^▽^*)o

投稿: rie24 | 2011年5月11日 (水) 09時44分

素敵なDMをありがとうございます!
さすがに今回は伺えませんが(残念)、
伺えないからこそDMをいただき嬉しいですhappy02

次回Firenzeへ行った際は、
絶対マンニーナさんの所で靴を買います!

投稿: kanabo | 2011年5月11日 (水) 17時51分

rie24さん、大学側が作ってくれたDMですので。いつもは普通の葉書サイズで作ってますけどね。

いつの日か、気が向いたら来て下さいね~。

kanaboさん、また次の機会にでもお願いします。

マンニーナさんの靴は本当に良いですよ。2足持ってますけど、履き心地抜群!
ご来店の際には「俊寛の友達です。」の一言をお忘れなく。

投稿: 俊寛 | 2011年5月11日 (水) 18時31分

久々にBlog見たので、いまさらチックですが...
「そっか、渡伊中なんですね!」って。。。

私はマンション工事の件で諸々ありまして、東京にいます。
9月からになりました。とほほ。

俊寛さんもいるならやっぱ春に行きたかったな。
滞在記で楽しませてもらいますねー。

投稿: fuyumi | 2011年5月12日 (木) 16時01分

fuyumiさん、もう帰ってるよ。

ブログの方、ちゃんとチェックしてますよ。マンションの工事、なかなか終わらなくて大変ですね。

もー、忙しくて、しばらく滞在記の更新は無理みたい。すみません。

来年は3月に行く事になりそうです。いっそ9月も止めて、3月まで延期しませんか?

投稿: 俊寛 | 2011年5月12日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 革細工職人、ヴァスコ・カパンニ | トップページ | しばらく無理みたい・・・。 »