« 明日から個展です! | トップページ | ステンドグラス工房 ポッローニ »

2011年5月19日 (木)

長岡京での個展

   と言う訳で、昨日の夜遅く、家に帰りました。疲れた~。まあ、長岡京に滞在中はホテルに泊まってたんで、8時間以上寝れましたけどね。準備の日が一番きつかったかな。徹夜の状態のまま、長岡京まで運転して準備だったし。でもスタッフの方が手伝ってくれたので、会場造りは楽でしたけど。

1048

会場の様子です。1階にイタリアの職人シリーズを14点、2階に日本の職人シリーズ5点を展示しています。

1060

今回の展示会、昨年11月の中京大学での個展同様に私の切り絵とモデルになった職人さんの作品も展示しています。この画像はDMに使った切り絵で靴職人のマンニーナさん。左下にマンニーナさん制作の靴が見えます。この靴は4月の滞在で手に入れました。初日にマンニーナで修業してた弟子の方が来てくれました。関係者に見てもらえると嬉しいですね。

1052

これは木彫のビーニさん。折り畳んだシャツの彫刻と一緒に展示。ビーニ工房は閉鎖されたんで、もう手に入らない作品。

会場となった大阪成蹊大学の学生さんで、何年か前にこのシャツの彫刻の写真を見た事ががあったそうで、私の個展で実物を見るとは想像もしなかったので、凄く驚いてました。作品が遠く離れた所で誰かが覚えてくれてるって、職人冥利に尽きるような話ですね。今度、ビーニさんに教えてあげよう。

1062_3

こちらは革細工職人のジュゼッペ・ファ ナーラさん。彼の作品のコインケースと名刺入れを展示しました。この作品はジュゼッペさんの作品としては2番目なんです。1番目の作品はとても気に入ってくれたので、ポストカードと名刺、紙袋にまで「これでもか」ってぐらい印刷してくれてます。

店で買い物をすると、もれなく「切り絵グッズ」が付いて来るので、一緒に展示してみました。見に来た学生さんで、フィレンツェに旅行した時にコインケースを買ったら、ポストカードも付いて来たって人がいましたな。やっぱり、その工房の事を知ってる人が来ると嬉しいですね。勿論、初めて「こういう物を見ました。」って人も大歓迎です。展示会をきっかけに職人仕事に興味を持ってもらえるのが一番ですね。

1054_2

フィレンツェモザイクのロベルト・マルッチさん。彼の作品は4月の滞在で手に入れました。マルッチさん得意のフィレンツェのドゥオーモが入った風景。フィレンツェモザイクは私の切り絵だけではイメージするのは難しいでしょうね。実物を見せないとピンと来ないみたいです。

モザイク教室もやっているので、たくさんの弟子がいるのですが、その中の一人で、大阪でレストランをやっているご夫婦が見に来てくれました。彼らも私のと似たデザインのモザイクを持っているんだそうです。

1065_2

ここからは2階に展示してある日本の職人シリーズです。「日本の職人シリーズ」と言うよりも、「愛知の職人シリーズ」ですね。昨年から日本の職人シリーズも作っているのですが、まずは地元から始めますかって事で。これは中京大学の時も展示した、漆職人の武藤さん。額縁は武藤さんの塗った漆塗りの額縁。クール!

1068

3月に制作した獅子頭職人の早川さん。一緒に展示してる獅子頭は、実際に人が被れるサイズではないけど、凄い存在感があります。

1064

個展前にギリギリで完成させた名古屋友禅の大野さん。(しまった。見せないつもりだったけど、アップしちゃいました。)京友禅や加賀友禅は有名だけど、名古屋友禅ってのは知らない人も多いみたいで、見に来たお客さんから質問を受ける事も多かったです。

さて、今回の展示会で職人さんの作品は保護の為にアクリルケースに入れて展示していまして、これは中京大学でも同じ展示方法だったのです。で、アクリルケースの製作代を浮かせる為に中京大学に頼んで、アクリルケースを送ってもらったんですね。ところが到着したアクリルケース14個の内、11個が破損してたんだそうです。運送会社のミスだったそうですが、ケースが到着したのが個展開催の土日を挟んで3日前。期日もほとんど無いと言うのに、どうするよ?って感じで、担当の人は心労のあまり夢に出て来たんだそうで、大変気の毒な事に・・・。

って、私はこの間、どうしてたかと言うと、破損の状況がよくわからなかったというのもあるのですが、私が足掻いても状況が好転するわけでもないし、制作もまだ終わってないので、自分の仕事に集中してました。

結果はどうなったかと言うと、アクリルケースの無事な面を組み合わせるような感じで加工してもらいました。(今回の会場が美術系の学校で良かったよ。)

そういう訳でトラブルはありましたが、何とか個展開催する事が出来ました。スタッフの方々、お花や差し入れをしてくれた友人達、見に来てくれたお客さん達に感謝です。

最終日まで私はいませんけど、作品には説明書きも添えてあるので、私が不在でも楽しめるようになってます。まだの方は是非、見に行って下さいませ。

|

« 明日から個展です! | トップページ | ステンドグラス工房 ポッローニ »

コメント

お疲れさまでした。
かなり気になっていた名古屋友禅職人さんの切り絵が見れてガッツポーズです。
この前に展示されている作品もとても気になります。。。

色んな人と人が俊寛さんの切り絵を経由して繋がっるのって、すごいですね。

投稿: テノコ | 2011年5月19日 (木) 22時37分

テノコさん、おっ。やっぱり仕事と関わってる部分だから飛びつきますねえ。名古屋友禅の職人さん、私がいつも個展をやってるギャラリーの常連さんなので、次に展示する事があればお知らせしますよ。

投稿: 俊寛 | 2011年5月19日 (木) 23時44分

お疲れさま!
トラブルに構っていられない程、ギリギリまで制作と準備。
俊寛さんらしい!(笑)
講演を聴くチャンスを密かに狙ってるよん。

投稿: チーズ | 2011年5月20日 (金) 00時36分

チーズさん、ありがとさんです。日本の職人シリーズはまだ少ないけど存在感を放ってますよ。日本文化を見直す時期だからかな。
大学側から早い段階で対策が出てたので、私としてはお任せするしかないかなって事で、制作に集中させていただきました。
・・・現実逃避するってのも、あるんだけどねえ。

講演会、聞きに来てよね~。

投稿: 俊寛 | 2011年5月20日 (金) 02時42分

車で行ったんだ。それはご苦労様でした。
僕は先日久々に車で外勤でした。
思ったのは車の運転が下手になったこと。
特に車庫入れ。やっぱり普段から乗らないと
通勤だけではだめなようです。

投稿: あしたのもと | 2011年5月21日 (土) 21時40分

あしたのもとさん、宅急便で送る為に作品を梱包材で包む作業って、結構時間かかるので嫌なんですね。で、会場で外して、終わったら包み直して・・・。車に積んじゃう方が楽だし、時間の節約になります。流石に東京でやるんだったら宅急便を使うけど。
久々って、まだ1ヶ月ちょっとじゃなかったっけ?そこまで衰えるかなあ?

投稿: 俊寛 | 2011年5月22日 (日) 00時00分

初めて ブログを みましたhappy01 とっても 感激しました。 製作工程が 凄く 面白く とっても 興味を 持ちました。(・∀・)ニヤニヤ
色彩も 凄く いいですね。

ぜひぜひ 名古屋 で、 個展を 開催される際は ご連絡して頂けると 幸いです。

投稿: tomo | 2011年5月23日 (月) 19時26分

tomoさん、ありがとうございます。ブログだけでなくHPの方も見て下さいね。
制作の記録を取るのが好きで、後で自分で見てもけっこう面白かったりします。
名古屋での個展は11月です。期日が近づいたらお知らせするので、たまにチェックして下さいね。

投稿: 俊寛 | 2011年5月24日 (火) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日から個展です! | トップページ | ステンドグラス工房 ポッローニ »