« 長岡京での個展 | トップページ | 旋盤職人、ジャンカルロ・メスコリ »

2011年5月24日 (火)

ステンドグラス工房 ポッローニ

長岡京の個展の最終日までは通常の制作をしているので、4月のイタリア滞在記、再開しますね。中断していた、今回取材した職人さんの紹介をやって行きます。

127

フィレンツェの中心部からちょっと離れた所にあるステンドグラスの工房です。私は偶々YouTubeでこの工房の映像を見つけました。これは是非、行かねばなるまいと思い住所をメモ帳に書き込んでおきました。

ここの工房と知り合いの人はいないので、飛び込みで取材の申し込みをしました。時間があれば、あらかじめ丁寧に書いた手紙を出しておくんですけどね。いきなり訪ねても断られる事も多いので、かなり緊張します。幸い、写真撮影の許可も貰って、案内までしていただきました。

1919年、グイド・ポッローニさんという方が創設。最近までパプッチさんという方が代表だったのですが、この2月に80代で亡くなられたそうです。そのパプッチさんの娘婿のベッカティーにさんという人が現在の代表者です。(だからポッローニという職人さんは今はいないんですね。)

175

この方ベッカティーニがさん。丁寧に案内をしてくれました。私が訪ねた時は他に3人の職人さんが働いてましたが、他にも職人さんはいるそうです。かなり大がかりな物まで作ってて、上の画像みたいな作品がゴロゴロと・・・。近くで見れて幸せでした。眼福。

帰りに工房の歴史を書いた本やパンフレット等、いろいろと資料になりそうな物を貰って来ました。気合い入れて切り絵にしよう♪

|

« 長岡京での個展 | トップページ | 旋盤職人、ジャンカルロ・メスコリ »

コメント

個展の最中にいろいろと爆笑コメントありがとう。
君の切り絵のセンスは自分のブログで、笑いのセンスが発揮されるのは僕のブログだからね。。。(笑)

イタリアにも長いこといましたが、ぜんぜん知らない場所多いですね~。ステンドグラスが切り絵になったら。。。というか、ほぼ似たような作業じゃないの?

投稿: サスライシェフ | 2011年5月24日 (火) 06時41分

っていうか、俊寛の作品を、たとえばヴェッキオ宮殿のやつとか、フィレンツェ市がステンドグラスにしてオーダーして、飾ってくれたらいいのにねぇ。

投稿: yossy | 2011年5月24日 (火) 08時30分

サスライシェフさん、だって会場にいるわけじゃないし。個展前が一番忙しいのであって、始まっちゃえば楽ですよ。・・・実演しなきゃいけない時は、前日にある程度まで作っておかなきゃいけないから、けっこうきついか。

あの後、まだ思いついたんだけど、流石にくどいかと思って控えたんですよ。他人のブログだから好き放題な事も書けるかなーって(失礼なやつ・・・。)

まだまだ探せばいろんな所がありますので。職人シリーズのネタには困らないね。

投稿: 俊寛 | 2011年5月24日 (火) 11時47分

yossyさん、実現すると良いんですけどねえ。
職人同士のコラボって面白いですよ。11月の合同展で、小さいデザインのを皆に作ってもらって展示したけど、凄く評判良かったし。
手始めにマエストロあたりがフィレンツェモザイクで私の作品を・・・。

投稿: 俊寛 | 2011年5月24日 (火) 11時51分

早速 ホームページを 見てみましたよhappy02
色んな 職人さんの 渋い表情が 魅力的で、すばらしいですね。早く 実寸で、拝見したくなりますね( ^ω^ )

ステンドグラス 切り絵にしたら また 違った味で、すばらしいんでしょうねっ!!! 

お体に 気をつけて 作品作り 頑張ってくださいね。

投稿: tomo | 2011年5月24日 (火) 20時22分

tomoさん、ありがとうございます。11月をお楽しみに。頑張って作りますので。

このステンドグラスの工房も秋に間に合うように制作する予定です。かなり大きい作品にしたいのですが、果たしてどうなりますやら・・・。
考えるのも楽しいですけどね。

投稿: 俊寛 | 2011年5月25日 (水) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長岡京での個展 | トップページ | 旋盤職人、ジャンカルロ・メスコリ »