« 誰か教えて下さい | トップページ | 絶好調である! »

2011年3月 4日 (金)

調子良く進んでます。

獅子頭職人の早川高師さんの切り絵、調子良く進んでます。

198

右側の男の獅子頭の顔の更に右にある物は、男の獅子頭の顎と耳ですね。耳は左側においてある女の獅子頭の分も置いてあります。木屑もちょっとずつ貼ってます。

199

画面右の真ん中ぐらいに箪笥の上に置いてある小型の男女の獅子頭を貼りました。赤ちゃんの頭ぐらいの大きさだから、実用には使えないけど、なかなか可愛い・・・。

200

木屑も徐々に増えて行きます。

立体感を出す部分(例えば壁と人物の間)なんかは厚紙を挟んで接着してるから、浮き上がって見えるのですが、木屑が重なってる部分にも厚紙を挟んで接着してあります。凄く細かい部分だから大変ですけど、こういう部分もキッチリ作り込むと仕上がりが段違いに良くなります。面倒くさいのは確かですが、やってみると面白いですよ。

201

箪笥を貼りました。早川さんの工房で使われてる箪笥、かなり良い物に見えます。すごく大事に使われてるような気がするんですどね。こういう時に家具を見る目があると良いんですけどね。

|

« 誰か教えて下さい | トップページ | 絶好調である! »

コメント

少しずつ進んでいく状況を見るのもいいですね。
今回の作品のサイズはどれぐらいなのですか?

投稿: baba | 2011年3月 4日 (金) 09時35分

babaさん、「日々の積み重ね」って感じですね。
サイズは50×65cmです。

投稿: 俊寛 | 2011年3月 4日 (金) 13時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« 誰か教えて下さい | トップページ | 絶好調である! »