« キャンティ | トップページ | ヴェネツィアの風景、その1 »

2011年3月22日 (火)

ピサ、サン・ガルガーノ

Pisa003_2

かの有名なピサの斜塔です。サイズは15×10cm。

建設している時から地盤沈下によって傾きだして、現在も傾いたまま立っています。「明日倒れるかもしれないから、今のうちに見ておけ!」とよく言われますが、これはほとんどキャッチコピーみたいなものです。だいぶ前から「倒れる、倒れる・・・。」って言われてたしね。

中に入って登れるけど、私ゃ傾いた状態の展望台に上がる勇気は無いので、未だに上った事はありません。多分、この先も上る事はないでしょう。

その代りに「塔を支えるポーズ」で記念写真は撮りました。皆やるんだよな・・・。

Pisa002

ピサのドゥオーモ広場です。サイズは15×20cm。

ピサというと斜塔だけ取り上げられる事が多いのですが、塔とセットになってる礼拝堂(ドゥオーモ)と洗礼堂も素晴らしいです。芝生の緑とのコントラスとが美しい。一見の価値はありますね。ただ、ピサはここしか見る物が無いんだけど・・・。

・・・と思って、手元にあった地球の歩き方を確認してみたら、面白そうな観光スポットがけっこうありました。カンポサント(納骨堂)とかシノピエ美術館はドゥオーモ広場にあるし、ドゥオーモに行くまでの道にあるサンタ・マリア・デッラ・スピーナ教会も印象的でしたけど、カヴァリエリ広場とかサンタマリアの塔とか古代船博物館とか、行くべき場所はまだまだありました。

機会があれば行ってみようかな・・・。

Toscana008a

続いては場所を変えて、サン・ガルガノの風景。草原の中に立つ廃教会です。サイズは10×15cm。

シエナの南30kmに位置する場所です。シエナでバスを乗り換えて行くのですけど、公共交通機関しか使えない私にとっては、かなり行きにくい場所ですね。バスの本数が少ないので。それでも「屋根の無い教会」ってすごく魅力的なので気合い入れて行きました。

18世紀に屋根が崩れて、以後は教会として使われる事もなく、外壁のみ残った状態で現在も立っています。教会が化石になっちゃったような感じですね。それでも壁の内側を歩くと荘厳な感じがします。

周囲にはバールが一軒だけあるけど、ロクな物を売ってないので、干からびたようなパニーノを齧りながら(何か売ってるだろうと思って、弁当を持って行かなかった・・・。)憮然とした顔で風に吹かれて来ました。天気悪くて、この後で雨になるんだけどね。サン・ガルガノでは大丈夫だったけど、フィレンツェに着いてから降り出して、ずぶ濡れになって家に帰った。そういえば、その時に出会った女の子が・・・(話が脱線して関係無い方向に行くので、以下は省略させていただきます。)

|

« キャンティ | トップページ | ヴェネツィアの風景、その1 »

コメント

お誕生日おめでとうございます!!
ピサの斜塔、私は登っちゃいましたよ~。何も考えず、まっしぐらに(笑)

投稿: maron | 2011年3月22日 (火) 21時49分

maronさん、ありがとうございます。(人に言われて気が付いたんだよなあ・・・。)
さて斜塔ですが、上った人の話を総合すると「私には無理だ。」という結論になりました。話を聞くだけで想像してしまって駄目なんです。

投稿: 俊寛 | 2011年3月22日 (火) 23時25分

お誕生日おめでとうございます。

塔を支えるポーズ必ずやりますよね(笑)
私が行った時には中に入ることもできず、結局登れなくてこちらも次回の宿題です。

ここまで傾いてはいないけど、ボローニャの斜塔には
登りました。階段を登る時、意外と傾いててちょっと怖かったです。

投稿: はっとり | 2011年3月22日 (火) 23時30分

はっとりさん、ありがとうございます。
そういえばボローニャにも傾いた塔、ありましたね。
ピサもそうだけど、何度も行ってる割に、注目しなかった所っていっぱいあるかも・・・。ちゃんと見ておかなければいけませんねえ。いつ作品にするかわからないし。

投稿: 俊寛 | 2011年3月22日 (火) 23時34分

ピサの斜塔は私もここ数年で実物を見ました。
あまりにも有名ですが実物を見ると結構感動しました。
私もまだ斜塔には登っていません。
自己責任で・・・と言われるとなかなか登ってみようという気にならなくて。
ましてや予約した日にたまたま雨が降ったら嫌だし(笑)。

私もPisaは地味だけれどなかなか面白い町だと思いました。
私のFacebookの写真はカンポサントで撮ったイタリアの青空です。良かったら探してみてください。
またPisa大学の近くにはそこそこ美味しいリストランテ(?)トラットリア(?)があります。
2回行って美味しかったので大丈夫です(笑)。地元のおじいさんも一人で食べていましたから。
Pizzaの窯があってお昼からPizzaが食べられます。美味しいです。

投稿: kanabo | 2011年3月23日 (水) 09時21分

俊寛さま

 一日遅れですみませんが

  お誕生日おめでとうございます。

 私も例のポーズで家内に撮ってもらいましたが、家内がカメラに慣れてないので、何度もダメ出ししてようやくOKした覚えがあります。

 斜塔へ登りたかったのですが、眩暈の持病があるので諦めました。あとで倒れても良いから登っておけばよかったと後悔しました。

 それにしても,初めて斜塔を遠くから一瞥した感想は「思ったより傾いている」というものでした。

 後で見たら、ここで撮った写真はほとんど地面が傾いていました。

投稿: たっぽう | 2011年3月23日 (水) 22時13分

kanaboさん、メジャーすぎて足が向かないってのはあるかもしれませんね。でも確かに見ておくべき建物です。
ピサは、観光地というよりも学生の町ですからね。
そういえば駅の近くにキース・へリングが壁画を描いた教会があったっけ・・・。何故こんな所に?と思いました。
ピザ、食べたいですねえ・・・。

フェイスブックで探したけど、見つからなかった・・・。私、本名で登録してるので探してみて下さいな。

投稿: 俊寛 | 2011年3月27日 (日) 23時10分

たっぽうさん、ありがとうございます。制作に集中して忘れてたりして・・・。
眩暈するのでしたら塔に上るなんて無茶はしない方が良いかも・・・。そんな高い所で調子の悪そうな人を見かけたら、私までつられて調子を悪くしそうです。

投稿: 俊寛 | 2011年3月27日 (日) 23時14分

ピサの洗礼堂は残響が豊かです。私が行った時は、観光客を中に入れてから、扉をぴったりと閉め、素晴らしく声のいいテノールのガイドと、バリトンの門番が、それぞれ、ホー、ホッ、ホー(ド、ソ、ミ)、ホー、ホッ、ホー(ド、ソ、ミ)と唄い、6重奏を聴かせてくれました。

投稿: anan | 2011年3月30日 (水) 16時41分

ananさん、そういうサービスもあるんですねえ。素敵だ。あまりそういう場面に遭遇した事がないなあ。塔の中でしたら入るんですけどね。上るのはちょっと・・・。

投稿: 俊寛 | 2011年3月30日 (水) 19時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« キャンティ | トップページ | ヴェネツィアの風景、その1 »