« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月29日 (月)

コラボいろいろ

  368_2

おかげ様で合同展は大好評です。今回の合同展は、私が9年間に渡って訪ねた職人さんの工房で、多くの日本人が修業していたので、そういった連中を集めて展示会を開きたいという希望があったので実現したのですね。

で、どうせなら単に同じ場所に並べるだけではなく、何か関連付けた展示にしたいなって事で、私の職人シリーズは参加者たちの師匠の切り絵を展示してあります。

中でも目玉になった作品が画像1です。木製象嵌のレナート・オリバストリさんです。(50×60cm)作品が入っている額縁は、レナートさん本人の手によるもの。美しい木製象嵌が施されていますが、切り絵でレナートさんが修復しているチェスボードと同じ模様でデザインしてくれました。もう、最高に贅沢な額縁ですね。問題はこの作品が売れた場合、私の手元には何も残らない事ですね・・・。

372

続いては、昨年一緒に2人展をやった清水優子さんとのコラボです。私の切り絵、図鑑シリーズより3点チョイスして、フィレンツェモザイクで作ってもらいました。猫とカワセミとペンギンです。スライスした様々な色の石を切り抜き、寄木細工のように組み合わせて表現する技法ですね。いずれも素晴らしい出来栄え!よくここまで私のデザインを再現出来たなと思います。猫の肉球とか、カワセミの羽とか、ペンギンの胸の黄色から白に切り替わるところ等、素晴らしいですね。

369_2

そして木製象嵌の望月貴文さんとのコラボ。こちらも3種類制作してますが、1種類につき4点のカラーヴァリエーションが出来ます。4枚の色違いの木の板を重ねて一度に切るので、同じ形のパーツが出来るんですね。切り抜いた部分を組み合わせて、もう一つの作品を作るというわけですね。「色違いが4つ出来ます。」と言うので、私もそれに合わせて色違いを2点、デザインを若干変えたのを1点で合計4点にしました。右上の緑色の背景のヘラクレスオオカブトがオリジナルのデザインです。左上がリッキーブルーという青みが勝った個体。左下は湿度が高かったり、栄養状態が良かったりする時に現れる羽が黒化した個体。右下はデザインをちょっと変えてネプチューンオオカブトです。

371

こちらはアゲハチョウですね。左上がオリジナルのデザインでキアゲハ、右上がナミアゲハ、右下がカラスアゲハ、左下がクロアゲハです。

370

こちらはカエルですね。上がアマガエル、2番目がアカガエル、下がイチゴヤドクガエルです。カエルが3種類なのは、別の会場で展示している、銀細工の中村貴寛さんがカエルを作ってるから、そちらにも展示してるからですね。

374

で、これが銀細工の中村貴寛さんの作品を中心にした展示。左が私の切り絵で右が望月さんの木製象嵌。3つ並べると3兄弟って感じですね。銀のカエルは水の流れや葉っぱも付け加えて表現してあります。ちなみに「ムラサキガエル」なんてカエルは実在しないのですが、中村さんがブログを書く時のハンドルネームなので作っちゃいました。

378

中村さんは一番コラボをやった種類が多くて、6種類作ってくれました。上のカエルの他、リュウキンとアフリカゾウ、カメレオン、ヤマネ、ウサギです。一枚の銀の板をタガネとハンマーで打ち出して作っています。

379

これはウサギの打ち出し。来年の干支です。切り絵では表現出来ない細かい部分も作り込まれてますね。ウサギのふわっとした毛の感じとか。

職人って異業種間の交流ってあまり無いんだけど、コラボしてみれば可能性は無限に広がるかなと思ってます。今回のコラボ、前からすごくやりたかった企画なんですけど、実験的な要素も多いんですね。私が思いついたのはこんな感じだけど、どんどん新しいアイデアが出て来ると面白いだろうなと思います。

あ・・・陶磁器絵付けの古川さんともコラボしてたんだった。写真を撮るのを忘れてました。次回のブログで紹介します。

| | コメント (5)

2010年11月26日 (金)

度々、すみません。

366

NHKのニュースですけど、河村市長のリコール問題の影響で放送が変更になっちゃいました。日曜日のお昼のニュースだそうです。楽しみにしてくれてた皆様、申しわけありません。

合同展は順調に行ってます。見に来たお客さんは大満足で帰っていかれます。多分、私一人で個展をやるよりも満足度は高いんじゃないでしょうか。

画像は私の展示スペース(の一部)職人シリーズ4点ですけど、参加者の親方達って事で、より身近に感じてくれるみたいです。

同じ時代を同じ地で過ごした仲間ですから。どの作品にも共通した感覚があるんですね。私の出来ない事を代わりにやってくれてるようなものなんです。だから、合同展ではあるけど、「一つのチームの個展」って感じですかね。・・・ん~。上手い言い方が見つからないな。

まあ、私だけでなく、参加者全員が幸せで、見に来た人が満足してくれれば、それが一番かな。

明日から週末です。たくさんのお客さんが来ますように。

| | コメント (4)

2010年11月24日 (水)

はは、すみません。

テレビの件ですが、てっきり6時のニュースと思ってましたが、放送されるのはお昼でした。

26日(金)の昼、NHKで12時15分から20分の間で展示会の様子が紹介されます。12時15分までは全国のニュースの時間で15分以降は地方局に切り替わるんだそうです。

というわけなので、今日の夕方のほっとイブニングに出るかと待ち構えてくれてた皆様、申し訳ありません。(その内の一人はうちの親です。)

愛知・岐阜・三重に在住の方は見て下さいませ。

| | コメント (6)

テレビに出ます。(出るはずです。)

さあ、いよいよ今日から名古屋栄の合同展が始まります。やれやれ。ず~っと睡眠不足だったけど、これでようやく眠れる。昨日も2時間半ぐらい眠っただけだもんね。搬入するまで、何だかんだでやる事が一杯あってさ。昼ごはんも車を運転しながらサンドイッチを齧ってたりでした。

作品のタイトルカードが間に合わなかったので、今作ってます。結局、今日も寝るのが遅くなっちゃうなあ。(今、午前2時13分です。)

で、明日は初日ですが、開場と同時にテレビ局の取材があります。夜6時からのNHK、ほっとイブニングで展示会の様子が出るかもしれません。

・・・って、オンエアの日時を聞くのを忘れてた。多分、今日の夕方だと思いますけどね。違ってたらすみません。

愛知・岐阜・三重のみの放送ですが、この地区にお住いの皆様、どうぞよろしく。

| | コメント (5)

2010年11月22日 (月)

イタリアで修業した作家たち

Shunkan_mostra_gruppo 怒涛の5連続(重複)展示会ラッシュのラストです。(終わるのは高台寺の個展の方が後ですけど・・・。)

いつもの名古屋・栄のギャラリー彩さんで、1Fと4Fを借り切っての合同展示会です。

 私同様にフィレンツェで修行した作家を集めました。フィレンツェモザイク、陶磁器絵付け、木製象嵌、銀細工、陶芸 に私の切り絵を合わせた6人の展示です。
 展示会のテーマは「絆」です。それぞれの築いた人間関係がどのように作品に反映されているのかを感じていただければ幸いです。
 その為に、この展示会では職人シリーズは4点しか出ませんが、参加者の師匠の切り絵で統一しました。フィレンツェモザイク、銀細工、木製象嵌、磁器絵付師の4人です。 
 
作家同士のコラボ作品も出ます。私のデザインでフィレンツェモザイク、木製象嵌、銀細工の作家がそれぞれの技法で作品を仕上げます。
また、私と陶磁器絵付けの作家がラファエロの鶸の聖母子の模写作品を制作します。(DMで古川さんの作品の画像)
更に木製象嵌の切り絵は、モデルになった職人さん本人の手による額縁に収めて展示します。見事な木製象嵌が施された額縁です。
 
他にもフィレンツェモザイクの作家と陶芸家のコラボ作品も出る予定です。

単に同じ場所に作品が並べてあるだけの合同展ではなく、各作家が関連性を持った展示会になります。これがきっかけとなって作家同士の交流を深めて行ければ良いなと思っています。

イタリアで修行した作家たち
名古屋栄 ギャラリー彩/アートサロン彩

11月24日(水)~12月3日(金) 11月29日(月)は休廊です。 

AM11:00~PM6:00

名古屋市中区錦3丁目25-12 AYA栄ビル4F ギャラリー彩
地下鉄栄駅6番出口 トップカメラ横

TEL 052 971 4997

いよいよ明後日から!!

| | コメント (4)

2010年11月20日 (土)

中京大学の個展終了

11月4日から続いた中京大学の個展が終了しました。「母校での展示」という事もあって楽しかったです。

昨日は漆の武藤久由さんが来てくれました。作品の前でパチリ。武藤さんの手による漆の額縁もすごく好評でした。他の額縁と明らかに違ってるので目立つんですね。本人に改めて漆塗りについて説明してもらいましたが、大変な手間をかけておられる事にビックリ。

359a

あとでブログに作品を見た感想を書いてくれました。

「漆の桶に覚えのために書いた文字までしっかり描かれてる!笑」

・・・だそうです。こういうのって、私と本人にしかわからない凄くマニアックな部分ですが、想いを共有できるのが嬉しいですな。

今日は常滑焼の土平栄一さんが来てくれました。作品の前でパチリ。

360a

もう来ないと思ってたので、来てくれて良かった!今回、実演台の所に、土平さんの切り絵の制作記録のフォトブックを置いておいたんだけど、それを手に取って眺めていたお客さんに「この方がモデルになってくれた職人さんです。」と紹介したら「ワアッ!!」と受けてました。ちょっと後で、切り絵の前で土平さんが他のお客さんと盛り上がってたな。楽しんでもらえて良かった。

土平さんに取材した時は「うちなんかが絵になるのかなあ?」なんて首をかしげてましたけど、お客さんに「すごく絵になる工房ですね!!」と言われて照れてらっしゃいました。

今回の個展ではモデルになった本人が見に来てくれるというのが嬉しかったですね。今年に入って制作した日本の職人さん4人の内、漆の武藤さん、常滑焼の土平さん、靴の内山さんが来てくれました。(残る一人は東京の方ですからね。)喜んでくれるのがダイレクトに私に伝わって来る。フィレンツェで職人展に参加してた頃は現地の職人さんが見に来てくれてたけど、今は日本でしか展示してないし。久々の経験でしたね。

というわけで、滞りなく終了しました。見に来てくれた皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました。

明日は日帰りで高台寺です。紅葉、きれいだろうなあ。しかし駅から高台寺に行くまでが大変そう・・・。

| | コメント (3)

2010年11月16日 (火)

名古屋三越・阪急イタリアフェア、終了しました。

11月10日から続いた阪急百貨店のイタリアフェアが終了しました。先ほど愛知県に戻って来ました。初めて参加するイベントでもあり、いろいろと勉強する事の多い1週間でした。見に来てくれた皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございます。

期間がかぶってたけど、名古屋三越も既に終わってるんですね。先週が高台寺・中京大学・三越で、今週が高台寺・中京大学・阪急と3つの展示会が同時進行でわけのわからない状況でした。阪急に会社員時代の上司が見に来てくれたんですが「DMと一緒にスケジュール表が入ってたけど、いつどこにいるのかよくわからない。」と言われました。それは私自身が一番わかってないんです。まあでも遅刻することもなく、ちゃんとスケジュール通りに会場にいたので、何とか乗り切ったって事でいいかもしれない。

で、明日からは20日までが高台寺・中京大学と2つの展示会が同時進行、24日からは高台寺・ギャラリー彩での合同展と2つの展示会が同時進行ですが、な~んか物凄く楽な感じがします。(だからって手は抜きませんので)人間、どんな状況にも慣れるもんですね。

| | コメント (4)

2010年11月 9日 (火)

明日から阪急百貨店のイタリアフェアです

怒涛の連続展示会の4番目、大阪梅田の阪急百貨店で明日から始まるイタリアフェアに参加します。

私の知り合いも結構参加されてて、「いいなあ、みんな・・・。」と思っていた展示会なので、今回参加出来るのが凄く嬉しかったりします。

11月10日(水)の午後2時半~、11月13日(土)、15日(月)の各午後4時~にトークイベントをします。いつも通り、イタリアの職人さんについての話をします。興味がある方は是非、見に来て下さいませ。

会期中はパソコンを使わないので、このブログへのコメント、メールの返信などは一切出来ないので、ご了承ください。

よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2010年11月 8日 (月)

岐阜県海津市の佐光考章さまへ。

ずっと私の展示会の記事を書いて来ましたが、今日はちょっと連絡事項があります。

11月7日(日)の朝、佐光考章さんのお父様より電話がありました。息子の考章さんは昨年の12月末より行方不明になっているそうです。お父様は何か手がかりが無いかと、手を尽くして行方を探されています。

そんな中で、私から届いた展示会のDMを見て、私の事を孝章さんの知り合いで、行方を知っているか、何か情報を持っていないか確認をされたかったので、DMに記載してある私の携帯まで電話をされたそうです。

私は佐光考章さんという方は知人ではなく、以前の個展に見に来て、名前と住所を芳名帖に書いてくれたので、DMを出したという事なので、心当たりは全く無いのです。

万が一、このブログを佐光考章さん本人が見ておられましたら、すぐにご家族に連絡してあげて下さい。警察に捜索願も出されて、大変心配しておられます。

また、何か情報を持っておられる方は、とりあえず私のところまでメールを下さい。佐光さんの連絡先は控えてありますので、仲介します。

佐光考章(さこう たかあき)さん 21歳 身長170cm 目の大きな、きれいな顔立ち

昨年末ごろ、友人の家に行くと岐阜県海津市の自宅を出て以来、連絡が無いそうです。 

人命に関わる問題かもしれないので、いたずら等の目的でのメールはお止め下さい。また、今回のブログではコメントは受け付けないので、ご了承下さい。

|

2010年11月 6日 (土)

中京大学&名古屋三越

358

中京大学と名古屋三越の展示会、順調進んでます。

画像1は中京大学の個展の会場。写真だとわかりづらいけど、職人シリーズの切り絵と一緒に職人さんの作品もアクリルのケースに入れて展示してあります。こういう展示方法って初めてなので、どうなるかと思ってましたが、やってみると思ってた以上に良い感じです。見に来てくれた人の評判も良くて一安心。広いスペースにゆったりと展示してあるので、非常に贅沢な気分ですね。

356

画像2は靴職人の内山友晴さん。彼をモデルにした切り絵の前で記念写真を撮りました。内山さんの横に彼の手による革のスニーカーがあります。私がケースに入れたんだけど、置き方が不満だったみたいで、ケースを開けて位置を変えてくれました。成る程、彼自身の手でディスプレイした方が靴が引き立つ。展示会場にはイタリアの靴職人、マンニーナさんの靴も展示してあったので、そちらもついでに直してもらいました。

Cac81c72

今日はトークイベントの日でした。画像3がトークイベントの写真です。スライドを見せながらイタリアの職人について喋ってます。「私も3月のフィレンツェ滞在で、フィレンツェモザイクを作りまして。1週間ぐらいかけて作ったんですけどね。スズメガをデザインしたものです・・・。」なんて話をしてます。

・・・いやいや。まさか、この私が母校の教壇に立つ(座ってるけどさ)事があるとは思わなかったな。学生時代を知ってる人にしてみれば大笑いだよね。教室に入ってみて、3人ぐらいしかお客さんがいなかったらどうしようと思ったけど50人ぐらい入ってました。ああ、良かった。まあでもお客さんが多いと、その分プレッシャーも感じるんだけどね。けっこう楽しんでくれたみたいで、ちょっと肩の荷が下りた気分です。(でも来週、大阪の阪急百貨店のイタリアフェアでもトークをやるんだけどね。)

357

画像4は名古屋栄三越の二人展の会場です。こちらは風景画の小品が30点展示してます。実は準備の日が中京大学の準備と重なってしまったので、三越の担当者の方に展示してもらったんです。上品な感じで、こちらの展示も評判が良いようです。いろんな人に助けてもらってますねえ。

こちらで展示してるジュエリー作家の内藤さんは実力のある方なので、一緒にいて安心感があります。昨日は三越にいたのですが、私たちの展示期間中、下の階では横浜中華街フェアをやってまして・・・。休憩中に内藤さんと一緒に回ったのですが試食品が美味しかった。いや、試食ばかりしてるわけではないですけどね。ちゃんと杏仁豆腐のソフトクリーム買って食べたし。美味しかったですよ。

三越も中京大学もまだ展示は続きます。中京大学は今月20日まで、三越の方は9日までやってます。明日、11月7日は三越に出て実演もやってますんで、お時間のある方は見に来て下さいね。三越に出るのは最後になりますので。

日曜日は中京大学の会場は開いてないのでご注意して下さい。

| | コメント (12)

2010年11月 4日 (木)

中京大学の個展開始です

005

名古屋栄三越の個展、私が不在にも関わらず見に来てくれた皆様、ありがとうございました。

さて、3つ目の展示会、中京大学での個展が今日から始まります。卒業して以来17年、こういう形でこの学校に戻って来るとは思いませんでした。思えば、切り絵を始めたのは、まだ在学中だった頃、友達がやっているのを見て、見よう見真似で作ってみたのが最初でした。原点に立ち返るようで、感慨深いものがありますね。

この展示会では、イタリアの職人と日本の職人シリーズを展示しますが、私の切り絵と一緒に、モデルになってくれた職人さんの作品も展示します。こういう展示方法は初めてなので、どうなるかと思ってましたが、いざ展示をしてみたら思った以上に良い!私の作品と職人さんの作品のお互いが引き立てあってるみたいです。何だか私のすぐ後ろに職人さんたちがいて、見守ってくれてるみたいです。

この展示会には11月4日(木)、6日(土)、8日(月)、18日(木)、19日(金)、20日(土)の13時~17時に在廊して実演をやります。6日(土)は教室を一つ借りてトークイベントもやります。イタリアの職人の世界について話す予定です。どうぞよろしくお願いします。

俊寛展 イタリアの職人、日本の職人

2010年11月4日(木)~20日(土) 9時~17時 入場無料 日曜休館

名古屋師昭和区八事本町101-2 中京大学 名古屋キャンパス4号館1階

中京大学アートギャラリー C・スクエア

名古屋市営地下鉄名城線・鶴舞線 八事駅下車 北改札口経由 5番出口直結

あ、そうそう。5日(金)と7日(日)は名古屋栄三越にいますので、こちらもよろしく。11月9日までに名古屋に来られる方は、両方見るのも良いかも。中巨大学は職人シリーズ、三越は風景と、テーマが分かれてますので。

| | コメント (3)

2010年11月 3日 (水)

今日から名古屋栄三越の2人展です。

003

11月の怒涛の展示会ラッシュの2番目です。名古屋栄三越にて。フィレンツェで鍛えたジュエリー作家、内藤圭美さんとの2人展です。

この展示会、私の所に話が来たのは3ヶ月前。既に4つの展示会が決まってたので、いくら何でもこれ以上は無理だろうと一度は断りました。しかし、三越の担当の方と話をしてるうちに「圭美さんと一緒ならさぞ楽しいだろうな・・・。」と思ってしまい、結局引き受けました。

ただ、この状況なので、期間中に出れる日は11月5日(金)と7日(日)のみで、手持ちの作品から出展という事で。ちなみに7日(日)は私と圭美さんの共通の友人の藤森君が結婚式ですが、結婚式の話が来るのが三越の話が出た後なので、泣く泣く断りました。藤森君、ゴメ~ン。

さて、私は手持ちの作品の中から、イタリアの風景の小品を30点出す予定でしたが、せっかくの圭美さんとの2人展なので、まったく新作が出ないのは悪いだろうという事で、フィレンツェの風景を1点、ミラノの風景を1点作りました。これでヴェネツィアを除いて、北から南までのイタリアの風景を出す事になる。ヴェネツィアの風景は今月後半の合同展の方に出すからね。

ついでに、風景の作品で2点、どこにも展示した事がない作品があるので、それも出す事にしました。職人シリーズが始まる直前に作ってた作品です。日本に戻って来てから、個展には職人シリーズを中心に出してたので、この2点は出しそこなってたんですね。でもで気は悪くないので、思い切って出す事にしました。

ああ、圭美さんの紹介がまだでしたね。フィレンツェに住んでた頃、下宿の同居人の友達だったので知り合いました。その頃はたいして付き合いは無かったのですが、日本に引き上げてからミクシィで再会しまして。その後、互いの展示会に行ったり来たりしながら仲良くなった。

圭美さんはジュエリー作家として最高ランクの職人さんですが、着物にも造詣が深く(元々、フィレンツェに行ったのは布の勉強をしたかったそうだ。)昨年は私の切り絵を着物の帯にプリントして、それに合わせて帯止めを作るというコラボをやりました。

先月、圭美さんが彫金家仲間とフィレンツェで合同展をやったのですが、着物にこの帯を合わせて行ったら、かなり評判が良かったそうです。フィレンツェに住んでる私の女友達からも「どうやったら手に入るんですか?」と問い合わせが来たぐらいです。こちらから購入出来ますので、興味がある方はどうぞよろしく。

というわけで、大変才能もあり、魅力的なお方でありますが、なんと言っても特筆すべきはそのタフさ。全国のデパートで展示をこなしてるので、いつ制作する暇があるのか不審に思って聞いてみたら「終わってから家で作ってるよ。私、あまり寝ないから。」だそうです。一日に3時間ぐらい寝れば十分なんだそうで。

・・・私もどっちかと言うとタフな方で、集中力が上がれば睡眠時間は減るけど、とてもこの人には及ばない。見習いたいものですが、これ以上睡眠時間が減ると命の危険がありそうだ。

まあ、そういう訳なので、ギリギリの状態で制作活動を行う作家の2人展って事で、どうぞよろしく。

004_2

私は5日(金)と7日(日)しかいませんが、圭美さんは毎日いますので。

| | コメント (4)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »