« フリーペーパーに載りました! | トップページ | 漆職人さんとのコラボ »

2010年10月12日 (火)

変な夢を見てしまった。

夢トーク・・・本当にどうでも良い話題ですね。くだらない話なので今回は読まなくてもOKな内容です。

なぜか私は相撲取りになってて十両ぐらいまでなってるんだけど、横綱の白鵬と飲んでた時に彼が26歳と知って愕然とした。(本当は25歳だそうですけどね。私の夢の中では26歳なんだそうです。)自分は白鵬関よりもずっと年上だというのに、いまだに十両・・・。落ち込んでたら、白鵬関に「楽な方向に行ってるからだよ。」言われてしまった。

「切り絵も相撲も、ある程度の結果は出してます。」と言い返したんですけどね。・・・夢の中では切り絵をやりながら相撲もやってるという設定みたいで。
その後、買い出しで市場にいる時に知り合いに会って、近況を話したりして。
「昨日、白鵬関に言われちゃってさ。自分もまだまだだなって・・・。」
てなことを言ってるうちに目が覚めました。
そんなに大相撲が好きだったっけ・・・いや、それよりも白鵬関は別に贔屓の力士じゃなかったはずなんだが。・・・って、そうじゃなくて、白鵬関に言われた一言が起きてからも耳に残ってました。
「楽な方向に行ってるからだよ。」
自分は楽な方に行ってるんだろうか。・・・努力が足りないのかな。「ある程度の結果は出してます。」って言い返したけど、ある程度ではダメなんだよな。堂々と出来ない所に自分の弱さがあるのではないかと。
んー・・・今回の展示会、制作ノルマが今までに無いほど厳しいんだよね。「実演」と言って展示会場で制作するんだけど、そうでもしないと次の展示に間に合わないから。それでも全部完成出来るかどうか不安であるから。そういった焦りが夢に出たんだろうか。
ま、焦らずに行こう。こういう時こそ落ち着かなきゃ。「常にベストを尽くしてる。」って言葉は堂々と言えるわけだしな。・・・こんなブログを書いてる暇は無いのか。いかん、いかん。制作に戻ろう。

|

« フリーペーパーに載りました! | トップページ | 漆職人さんとのコラボ »

コメント

展示会に向けて頑張られていますね!
相撲と切り絵の両立・・・というところが、面白かったです。夢で良かったですね!(笑)

大変だと知りつつ仕事を受け、
どこかで自分は出来るだろうとは思ってはいるけれど、今はきっと大変な状態・・・。
先日の私がまさに同じでしたのでよくわかる気がします。

きっと俊寛さんならできるでしょうし、
終わったら逆に”まぁ、こんなものか(出来ちゃった)”と思えると思いますよ。

つまり自分を信じて頑張るしかない!
応援していま~す。

京都行きは、
何故か友人が着々と話を進めていて、
多分行けると思います。
楽しみにしています!

投稿: kanabo | 2010年10月12日 (火) 17時03分

実は今日は僕も夢を見ました。
仕事の最中に肉屋に声をかけられ「金になる仕事があるが。。。」って言われ、素直についていったらボクシングジムで。。。
それから試合当日。計量を済ませシューズも履き手の甲にサポーターも巻きガウンを着ても妙におちついている僕。控え室をでて長い廊下を歩いて会場に向かっている時、初めての試合だったのでマウスピースをもっていないことに気づき相方に薬局まで買いに行ってもらいました(笑) 
しかも試合直前だというのにまだ腕時計をしていることに気づきあわててはずしました(爆)

そこら辺で目がさめたのですが、君との「夢対決」にあまりにも「差」があることがわかりました。。。(涙)

この勝負あなたの勝ちです。。。(* ̄ー ̄*)

投稿: sasuraichef | 2010年10月12日 (火) 18時29分

kanaboさん、相撲の稽古はしなくていいけどさあ、制作のノルマが山積みになってるのは同じなわけで・・・。
毎年、忙しくなってるような気がします。乗り越えれば、こんなもんかと思えますけど、果たして今年は乗り越えられるかどうか難しいですね。

そういえば、2月の京都の個展でお友達を紹介してくれたんでしたっけ?その方とご一緒ですかね?楽しみにしてます。


sasuraichefさん、そちらはボクシングですか。対戦相手が僕だったら面白かったのに。うなされるかも。

マウスピースって薬局に売ってるものなんですねえ。知らなかったよ。

まあ、私は白鵬関と話せたんで。現在、ただ一人の横綱ですから。そのあたりが夢対決で勝敗を分けた要因かもしれませんね。
とりあえず、来場所から白鵬関を応援しようと思ってます。

投稿: 俊寛 | 2010年10月12日 (火) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリーペーパーに載りました! | トップページ | 漆職人さんとのコラボ »