« シニョーリア広場の切り絵 | トップページ | 似てるなあ・・・。 »

2010年9月16日 (木)

希望を友に

菅直人さんが再選したので、もうしばらく総理大臣なんだそうで・・・。どうも民主党の政治はどうなのよ?って感じで今の所低い評価なんですけど、総理と同じ苗字なのであまり悪く言えないんですよねえ。政治評論のテレビ番組なんかで「菅が・・・。」なんて呼び捨てにされてるのが聞こえるとギクッとします。呼び捨てにするのは止めてくれないか・・・と発言した評論家に反感を持ったりする。

一応念のために書いておきますが、私の本名は菅俊一郎(かんしゅんいちろう)です。10年以上、俊寛で通して来たから、みんな私の事を俊寛さんと呼びますが、私にも親が付けてくれた名前はあるんですよ。

古い友人は「菅君」、「菅さん」と呼ぶので。「菅総理」と呼ばれると、何だか幇間にゴマをすられてるみたいなので「いやいや。その手には乗りませんよ。」と気を引き締めてます。・・・別に私の事を言ってるわけじゃないですな。

まあ、「菅」って苗字自体が珍しいからね。私ゃ今まで生きて来た中で、うちの一族以外お会いした事がないです。菅直人さんのおかげで、漢字を説明する時に楽になりました。「菅直人さんと同じ字です。」って。

「菅」と「管」を間違える人は多いですね。毎年年賀状をくれる人がいるのですが、何度訂正しても「管俊一郎様」で来るので、そのうちこちらの気力が尽きた。

俊一郎の方も説明するのに骨が折れる。「人偏にム書いてル書いて・・・。」って説明するんですが、「田原俊彦の俊です。」って説明の方がわかりやすいかなと。昔、フィレンツェに住んでいた時に、何かの用事でローマの大使館の女の人から電話があって、名前を聞かれたので「俊一郎です。シュンは田原俊彦のトシです。」と言ったら、大笑いされた。「ワハハハハ・・・何だそれは!」って。笑いが収まってきて「同じ年代でしょうか?」と聞かれた。」まだヒーヒー笑ってた。いや、笑い過ぎだよ、あんた・・・と思った。実際、すぐにわかったじゃないか。

えー、何を書こうとしたかと言うと、最近のニュースから話題を展開させようとした所、脱線しちゃったんですね。本題はさっき見たニュースでチリの鉱山事故で地下に閉じ込められた作業員の奥さんが出産して、その子に「エスペランザ」って名付けられたって話を書こうとしたんでした。スペイン語で「希望」という意味ですね。イタリア語だとsperanza(スペランザ)です。

フィレンツェに住み始めて、語学学校に通ってた頃、辞書でこの「スペランザ」という単語を見つけてから常に心の中でつぶやいてました。語学学校の会話の授業で「あなたの好きなイタリア語は?」聞かれた時には「speranzaです。」って答えてたな。思えば自分の未来が不安な時代でした。だから希望だけは持っていたかったんですなあ。

「大丈夫。きっと明日は良い日だ。speranzaはある。」なんてね。ほとんど希望を友にって感じでした。早い話が暗い男だったな。当時は性格もとんがってて、友達も居なかったしね。今はたくさん居るけど。代わりにsperanzaって単語を口にする事がなくなったな。何でだろう?

・・・考える前に切って切って切りまくってるからかな。「未来に希望があるかどうか」それを考える暇があるなら手を動かせって事です。結果は後からついて来る。

最近、展示会の関係者に自分の事を話す機会が多くてね。15年間、切り絵をやって来たけど、やっぱりだいぶ変った部分もあるのだなって思いました。

チリの作業員の人も無事で帰って、エスペランザちゃんをその手に抱いてほしいなと思いました。

|

« シニョーリア広場の切り絵 | トップページ | 似てるなあ・・・。 »

コメント

考える暇があるなら手を動かせ。

最近滅入ること続きで、あーでもない、こーでもないと考えてモヤモヤの真っ只中にいたので、その一文でうわあ!と視界が開けた思いでした。
ほんとですね…いや、ほんとです。(二回言った)
勝手に自分に言われてると解釈します。
ありがとうございます。

苗字一文字+名前三文字のお名前ってバランスが良くて
昔から憧れます。

投稿: テノコ | 2010年9月16日 (木) 13時28分

テノコさん、しかし、そんな事を言うんだったら「ブログ書く暇があるなら手を動かせ。」って事になっちゃいますけどね。息抜きは必要なんで。
ポジティブな事を考えながら作業するのは良い事だと思いますよ。思わぬアイデアが浮かんで来たりする事もあるし。
「小人閑居して不善を為す」という言葉もあるとおり、くだらない人間が暇を持て余すとロクな事を考えないですから。精神の修養は心がけておかないと駄目なんですよ。

投稿: 俊寛 | 2010年9月16日 (木) 16時15分

俊寛さん、「伯爵」って名前じゃなかったんだ。。。知らんかった(笑)
僕の祖父はお坊さんだったのですが、あなたと同じ「俊寛」でした。お坊さんなので本名ではありませが。。。
俊寛という名になにか親近感を感じます。

僕も名前よく間違われます。 「古畑任三郎」が一世風靡してからは、フルハタとしかよばれません(笑)

でもね、これを利用して我家では「オレオレ詐欺」的な電話の対策には役立ってるんです。

「フルハタさんと高校時代同じクラスだった○○です。。」

って言われると、うちのかーちゃん、わざと話を聞いて長電話して遊んじゃう(爆)

それにしても田原俊彦ネタ、僕も爆笑させていただきました。だって。。。俊寛がピンクのバンダナしてるイメージが浮かび上がりましたから(笑)

投稿: sasuraichef | 2010年9月16日 (木) 19時22分

sasuraichefさん、そういえば最近見ませんね。田原俊彦・・・。
だいぶ前だけど、「菅さんと同じ大学出身で、声をかけた事は無かったけど、よく学内で見かけてました。久しぶりに卒業アルバムを見ていたら、思い出したもので、電話をしてみました・・・。」なんて電話がかかって来て、胡散臭いと思いながら話を聞いてみると宗教団体の勧誘でした。

伯爵はよせというのに。(何故そんなあだ名になったんだっけ・・・。)

投稿: 俊寛 | 2010年9月16日 (木) 19時59分

俊寛さん、あなたが「春」を完成させた記念にサスライシェフから記念品を贈ります。

ここにジャンプ

http://www.corriere.it/gallery/sport/09-2010/larissa/2/torna-larissa-sexy-patinata_01002f20-c1a3-11df-96dc-00144f02aabe.shtml#1

ほんの気持ちです。。。

投稿: sasuraichef | 2010年9月18日 (土) 08時49分

sasuraichefさん、ありがとー。
業者からのコメントかと思った。あやうくニフティに通報して削除するとこだったよ。

投稿: 俊寛 | 2010年9月18日 (土) 10時48分

うちも名前はそこらへんにないので、修正説明は恒例行事。
そして読み間違える一見さんは電話を取り次がないという
防犯対策に昔から役立っております( ̄▽ ̄)。
また、宅配のお兄さんが大きな声で読み間違えた
としても、それは修正しません。
周囲を見張っている悪人に勘違いさせられますから(誰が見張る?)。

考えることと身体を動かすこと、バランスよく
リンクさせられると一番ですね。
ごちゃごちゃ考えてるだけではかどらないなら”妄想”ですから。

投稿: あみもんやRyo | 2010年9月18日 (土) 11時11分

あみもんやRyoさん、世の中物騒ですからねえ。些細な事でも用心に越した事は無いかも・・・。
「考えてるだけでは”妄想”」そうですねえ。どっちかに偏らないように気を付けてないといけませんね。

投稿: 俊寛 | 2010年9月18日 (土) 14時37分

おお!そういえばあなたの名字と総理大臣の名字同じだったなぁ。今気がついた。
切り絵のNo1目指して頑張ってくれ!

投稿: あしたのもと | 2010年9月20日 (月) 13時09分

あしたのもとさん、そうだよ。総理と同じ苗字の菅でございます。オレの事を「菅総理!」って呼んでも何も出ないよ。

投稿: 俊寛 | 2010年9月21日 (火) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シニョーリア広場の切り絵 | トップページ | 似てるなあ・・・。 »