« 俊寛vsサスライシェフ、パートⅡ | トップページ | 下絵終了♪ »

2010年8月15日 (日)

お花畑

Yamanasi

ボッティチェリの「春」の模写、順調に進んでます。一日かけて地面の下絵終了。オリジナルの作品の画像から、なるべく正確に草花を描き込んでます。こんな細かい部分、適当に描いても「オリジナルと違うじゃないか!手抜きだ!!」と怒り出す人はいないと思うけど、正確に描く事自体が楽しいんですよ。何が楽しいのだろうと思う人の方が多いと思うけど、こういう作業に楽しみ・喜びを感じてしまうから仕方ないね。細かければ細かいほど燃えるんですよ。

Yamanasi_001

下の画像は作品の中央にいる女神ビーナスの足元の部分。黒地に花が浮き出るような感じになってるけど、こう少しパターン化・様式化をすると、フィレンツェモザイクみたいだなと思った。

さあ、後は木々を描けば下絵が終了です。今回の下絵で一番難しい部分だな。

|

« 俊寛vsサスライシェフ、パートⅡ | トップページ | 下絵終了♪ »

コメント

細かい作業、楽しいのわかります~♪
なんかね、燃えますよね!
でもでも、それにしても根気の要る作業ですねwobbly
できあがり楽しみにしてま~す!

投稿: にゃんこ | 2010年8月15日 (日) 10時27分

にゃんこさん、ご理解いただけましたか。
まあ、細かければ良い良いというものでもないけど、細かさもアピールの一つだしね。何より、私が楽しくやってるから良いのだ。

投稿: 俊寛 | 2010年8月15日 (日) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俊寛vsサスライシェフ、パートⅡ | トップページ | 下絵終了♪ »