« 山梨に行って来ました。 | トップページ | あはは・・・やっちゃった! »

2010年7月30日 (金)

小道具。

度々、記事にして来ましたが、今年に入ってから制作した作品のほとんどを、作業がひと段落つくごとに写真を撮って来ました。完成してからプリントして、モデルになった職人さんにあげてるんですが、これがなかなか評判が良い。皆、物を作る人なので、どういう過程で作品が仕上がるかが興味あるみたいで。

東京でジュエリーの店をやってる藤森隆君という人がいまして、彼は今年、自分のお父さんの切り絵をオーダーしてくれました。(お父さんもジュエリーの職人さんです。))6月に完成したので、納品した時に制作過程の写真もあげたんです。藤森君曰く

「こういうのを一冊のアルバムに入れて個展の会場に置いとくとお客さんが喜ぶんじゃない?」

その時は「そうだねえ・・・。」なんて聞き流してたのですが、世の中には便利な物があるんですねえ。マイブックという、自分で撮った写真を送れば本にしてくれるウェブがあるんです。

以前、両親がフランスに旅行した後で、旅行中に撮った写真を使って一冊の本にまとめてるんですね。料金は20ページで3000円ぐらい。一冊の本としては高いけど、個展の会場に置いておくのに丁度良いし、モデルになった職人さんにあげれば記念になる。とりあえず今年の1月に制作した常滑焼職人・土平栄一さんの切り絵の制作記録で、2冊頼んでみました。

Img_8197

やっぱり、きちんと製本された本だと気分良いですね。これならば展示会の会場に置いておいても恥ずかしくない。良い小道具だと思います。

・・・ただ面白いけど所詮は小道具だね。大切なのは作品自体のレベルを上げて行く事。先日、山梨の切り絵美術館で切り絵作家の百鬼丸さんが言ってたけど、「毎年、同じ場所で個展をやってると、飽きられるか名物になるかどっちかだよ。」と・・・。

シビアな現実ですね。まあ、自己表現を生業にしてる以上、同じ事ばかりやるのは甘えだしな。常に進歩する事を考えつつ作っていかないと、見に来る人達をガッカリさせちゃうし、私自身もつまらないしね。

ただ、こういう小道具も、そこから何か新しい発想が生まれる事もあるだろうから、いろいろ試して損はないなと思いました。

|

« 山梨に行って来ました。 | トップページ | あはは・・・やっちゃった! »

コメント

本いいですね。

飽きられたら、カボチャに切絵していきましょう。。。

投稿: サスライシェフ | 2010年7月30日 (金) 17時01分

サスライシェフさん、それも一つの手だね。今度、教えて!

投稿: 俊寛 | 2010年7月30日 (金) 17時25分

同じ事ばかりやるのは甘え。
うーん、刺さる言葉ですthunder
最近、自分の中でマンネリ化する思考。

本、良い感じですね。
小道具でなく、何処かの出版社から出ても全然おかしくないです。売り込めば、本当に出版されるかも・・

投稿: ina | 2010年7月30日 (金) 22時10分

inaさん、初コメありがとうございます。
まだまだ成長途中だと思ってますので。新作に取り組む時は、過去の作品を越えなきゃと思ってやってます。・・・気合が空回りする事も多いですけどね。

本を出すのは難しいですよ。大手出版社は特にね。(そこを目指さないといけないわけですが・・・。)

投稿: 俊寛 | 2010年7月30日 (金) 23時51分

すっかりご無沙汰しちゃって・・・
フォトブックいいですよねぇーーー
3000円もするような高価なものは個展に置くと
良いですが、人にプレゼントするならもっと
安いのもありますよ。
あと、自分でプリントして自分で製本するキットも
売ってます。

「飽きられるか名物になるかどっちか」

確かにシビアなご意見。
これはどの仕事でも言えますね。
私はイベント系の仕事が多いので、同じイベントだと
飽きられるかなぁ~と思いながらやってます。

俊寛さんのは今度はどんなものが・・・と思って
見るので、飽きられるなんてことありませんよ。

あとね、11月のイベントの担当者が変わったのですが、
元美術画廊にいた人なので、いいかんじで仕事が
できるんじゃないかと楽しみにしております。

投稿: がっちゃん | 2010年7月31日 (土) 00時42分

マイブックはいいですよね~!
私も4年前に四川にパンダに会いに行った際の写真を
マイブックで本にして母にプレゼントしましたが、
しっかりした装丁ですよね(特にハードカバータイプ)

俊寛さんの場合、手元から旅立った過去の作品をまとめたものがあってもいいですよね(^^)
それとか、小さい作品とかをレイアウトを自由にいじれるからまとめて楽しくとか・・・

この小道具も見るのが楽しみですね~

投稿: Andy | 2010年7月31日 (土) 01時43分

がっちゃんさん、ハードカバー仕様だと3千円ぐらいで
もっと簡単な製本だと安いのですけど、モデルの職人さんに対する感謝もあるので。
自分で製本するのもあるんですね。面白そうだけど、それをやる時間があるのなら一点でも作れって怒る人もいそうだなあ・・・。

私の作品も基本的には変らないですからね。同じ技術。・・・まあ、新しい事をやれば良いというわけでもないので。作品自体により深みを出して行くことですかね。

11月のイベント、そろそろ準備をしないといけないのですが、どうなるかなあ。

投稿: 俊寛 | 2010年7月31日 (土) 01時59分

Andyさん、そうそう。旅行の写真集なんか楽しいですよね。自分の仕事を離れても、けっこう使い道がありそうです。

過去の作品集・・・マイブックだとちょっとね。ページ数が多くなっちゃうし、欲しがる人が出て来そうなので、そうなると対応できないなと。
マイブックについては、かなり前から知ってたんですけど、自分の作品に活用しなかったのは、1部だけ作ってもしょうがないって認識があったからです。
でも、こういった使い方もあるって事に気が付いたのです。固定観念から離れると違うアイデアも出て来ますね。

投稿: 俊寛 | 2010年7月31日 (土) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨に行って来ました。 | トップページ | あはは・・・やっちゃった! »