« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

あはは・・・やっちゃった!

東京でジュエリー職人をやってる友人、内藤圭美さんから突然の電話。珍しい人から電話だなあと思って、何の用か聞いてみたら、11月前半に名古屋のデパートで一緒に展示会やらないってお誘い。

えー・・・大変に光栄で嬉しい話なんすけど、11月って展示会の予定が既に4つも入ってるんだよね。しかもその内の3つが同時進行の時期もあったりして、いくら何でも無理だろうって事で断ったら、直後にデパートの担当の方からも電話が来ました。

展示の準備なんかは店側でやってくれるし、出れる日だけ出てくれればOKとの事でした。とりあえず即答を避けて、2日間だけ考える時間を貰いました。

一週間の展示で、大作を出す必要は無いし、そのデパートでは初めてなので、新作を用意する必要も無い。何よりも内藤さんと一緒なら、さぞ楽しい展示になるだろうなと。

考えれば考えるほど嬉しさがこみ上げて来て・・・こりゃあもう、やるしかないよねって事でOKしました。(結局、2日も考えずに2時間考えただけでした。)

ゲゲゲの女房で「仕事が来る時に取っておかないと、いつまでも貧乏神と同居ですよ・・・。」って話があったらしい。私は見てないけど、後で親に言われました。ゲゲゲの女房、面白いらしいですね。

内藤圭美さんは私がフィレンツェに住んでた頃からの知り合いです。実力も高いんだけど、何よりもその体力が凄まじい。ほとんど一年中、全国のデパートに出店してるので、作品はいつ作るんだろうと不思議に思ってました。ある時、この疑問を本人に聞いてみたら「あたし、ほとんど寝ないから。」って返事でした。デパートが終ってから工房に戻って制作してるので、一日の睡眠時間が2~3時間だって。

・・・私もかなり睡眠時間は削って制作してるけど、内藤さんにはとても敵わない。世の中には凄い人もいるものです。

内藤さんは最近、自分の店を持ったので、大成功してほしいですね。

そういうわけで、内藤さんとのタッグは楽しみなんですけど、これで私は11月は5つの展示会をやる事に・・・。

私は生き残る事が出来るのでしょうか。今年の大晦日にはエッチな切り絵を作って公開するって、我がライバルに宣言したばかりなのだが・・・。

過労死してなければ来年もどうぞよろしく。

| | コメント (6)

2010年7月30日 (金)

小道具。

度々、記事にして来ましたが、今年に入ってから制作した作品のほとんどを、作業がひと段落つくごとに写真を撮って来ました。完成してからプリントして、モデルになった職人さんにあげてるんですが、これがなかなか評判が良い。皆、物を作る人なので、どういう過程で作品が仕上がるかが興味あるみたいで。

東京でジュエリーの店をやってる藤森隆君という人がいまして、彼は今年、自分のお父さんの切り絵をオーダーしてくれました。(お父さんもジュエリーの職人さんです。))6月に完成したので、納品した時に制作過程の写真もあげたんです。藤森君曰く

「こういうのを一冊のアルバムに入れて個展の会場に置いとくとお客さんが喜ぶんじゃない?」

その時は「そうだねえ・・・。」なんて聞き流してたのですが、世の中には便利な物があるんですねえ。マイブックという、自分で撮った写真を送れば本にしてくれるウェブがあるんです。

以前、両親がフランスに旅行した後で、旅行中に撮った写真を使って一冊の本にまとめてるんですね。料金は20ページで3000円ぐらい。一冊の本としては高いけど、個展の会場に置いておくのに丁度良いし、モデルになった職人さんにあげれば記念になる。とりあえず今年の1月に制作した常滑焼職人・土平栄一さんの切り絵の制作記録で、2冊頼んでみました。

Img_8197

やっぱり、きちんと製本された本だと気分良いですね。これならば展示会の会場に置いておいても恥ずかしくない。良い小道具だと思います。

・・・ただ面白いけど所詮は小道具だね。大切なのは作品自体のレベルを上げて行く事。先日、山梨の切り絵美術館で切り絵作家の百鬼丸さんが言ってたけど、「毎年、同じ場所で個展をやってると、飽きられるか名物になるかどっちかだよ。」と・・・。

シビアな現実ですね。まあ、自己表現を生業にしてる以上、同じ事ばかりやるのは甘えだしな。常に進歩する事を考えつつ作っていかないと、見に来る人達をガッカリさせちゃうし、私自身もつまらないしね。

ただ、こういう小道具も、そこから何か新しい発想が生まれる事もあるだろうから、いろいろ試して損はないなと思いました。

| | コメント (8)

2010年7月19日 (月)

山梨に行って来ました。

古川未央子さんの個展を見た日は町田市の叔母の家に泊めてもらい、翌日は山梨の身延という所に行って来ました。けっこう遠かったなあ。

実はこの山梨に切り絵の森美術館と言うのが最近出来まして、知人が個展をやっているので見に行って来たのです。

身延駅からバスに乗らなきゃいけないのですが、うっかり乗り損ねてしまい(最近、こういうのが多いなあ。気を付けなきゃ・・・。)次のバスが2時間後なので、やむなく各駅停車の電車で最寄り駅まで行って、そこから歩いて30分。炎天下だったので暑かった。腕と顔だけ日焼けしてパンダ状態です。でも緑の多い所を歩いて気持ち良かった。最近は遠出するって言っても名古屋か東京で(名古屋で遠出ってのも何だけどさ。)都会ばっかりだからな。やっぱり空気の良い場所っていいなと思った。田舎好きだしな。Yamanasi_004a

で、切り絵の森美術館では現在、4人の切り絵作家さんが展示会中です。私の知人ってのはこの中の一人で百鬼丸さんって方です。小説の挿絵とか本の表紙などを数多く手がけている作家さんです。ミクシィで知り合って、私が東京で個展をやる時には必ず見に来てもらってます。私はまだ百鬼丸さんの個展には行った事がなかったので良い機会かなと。百鬼丸さん自ら、他の作家さんの会場まで案内してもらいました。

帰りは身延から静岡に出て、そこから新幹線で愛知県に戻りました。4時間半かかっちゃった。やっぱり遠いよなあ。でも景色も楽しみつつ、久々に読書も出来たから楽しかったけど。

えー、どうもそんな感じで今年の私の夏休み終っちゃったかも・・・。皆様も楽しい夏をお過ごし下さい。さあ、制作を頑張るぞ!炎のように燃える夏!!

| | コメント (2)

2010年7月18日 (日)

古川未央子さんの個展。

Mioko_mostra2010

16日から東京でやってるフィレンツェ在住の陶磁器絵付け作家、古川未央子さんの個展に行って来ました。

正確なデッサン力と緻密な筆使いに繊細な色彩感覚、加えて半端じゃない仕事量。ほとんど点描のように描いてあるので、筆の跡が見えません。一度絵を描いて焼いた後、また絵を描いて焼いて・・・何度も繰り返す事で色や線が深みを持って行くのですね。陶磁器を何度も焼くと、割れる可能性も高くなるので、その辺りのギリギリの見極めも凄いところです。

なにしろ、ローマ法王に作品を献上したぐらいの腕前ですからね。世が世なら貴族から牧場の2つや3つぐらい下賜されててもおかしくないぐらいです。同年代の職人として、目標にしなきゃいけない人ですね。(いつもならライバル宣言するところだけど、おそれおおい・・・。)

古川さんも秋の名古屋の個展に参加されます。まだ未定ですが何かコラボしましょうって話しも出て来てます。この合同展、素晴らしい物になるはずなので、どうぞお楽しみに!

マジョリカ焼と磁器:ふたつのイタリア伝統の世界 II


2010年 7月16日(金) ~ 20日(火)

10:00~20:00  日曜日 13:00~20:00

最終日 10:00~17:00



東京 銀座 教文館 4階 エインカレム内ギャラリーにて

東京都中央区銀座4-5-1   TEL:03-5250-5052

銀座線・日比谷線 銀座駅 A9出口

・・・こういうの、始まる前に記事にしなきゃ駄目だよね。古川さん、すみません!最近、ブログもさぼり気味でいけませんね。

まだ火曜日まで続くので、東京在住でお時間のある方は是非、行ってみて下さい。

| | コメント (2)

2010年7月15日 (木)

カラーヴァリエーション。

Farfara

ブログの更新、滞ってましたね。すみません。現在、いろんな事で悩みながら制作中です。今月一杯はこの調子が続きそうです。来月になればドカンと一発、凄いのをぶちかませそうなんですけどね。

で、今日も制作してましたけど、試したい技法があるんだけど、準備に時間がかかりそうなので、一度小休止しました。明日改めて見てみると違う風に見えるかもしれないので。なるべくロスタイムが無いように制作してるんだけど、落ち着いて自分の作品を見つめ直す時間も必要なんですね。だから悩んでる期間も大事なんです。

と言う訳で、気分転換に小品を仕上げてみました。以前作ったキアゲハのカラーヴァリエーションです。サイズは全て9×9cm。

前のブログに書いたけど、この秋の合同展に参加してくれるメンバーの何人かは私のデザインを使ってそれぞれの技法で作品を作ってくれる事になってるんです。で、このキアゲハは木製象嵌の望月さんとフィレンツェモザイクの清水さんが作る予定。望月さんの木製象嵌は色違いのが2点仕上がるので、ならば私のも色を変えたのを作るかなって事で。

元のキアゲハのデザインをなるべく変えずに違う種類のアゲハ蝶をデザインしました。(3種類とも微妙に模様が違うので色を変えるだけでは表現出来ない。)左がキアゲハ、中央がクロアゲハ、右がカラスアゲハです。

並べると、なかなか面白いね。

| | コメント (4)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »