« 集中開始。 | トップページ | カラーヴァリエーション。 »

2010年6月26日 (土)

靴職人、カロジェロ・マンニーナ。

Mannina1_2

フィレンツェを代表する靴職人、カロジェロ・マンニーナさんです。ちょっと前に完成。(いろいろ事情があって、今年に入って制作した作品は順番どおりに発表できなかったりします。)サイズは50×80cm。今年に入ってから制作した作品の中では最大のサイズですね。

今回は魚眼レンズでのぞいたように、パースを付けてデザインしました。空間が歪んでるようですが、マンニーナさんの辺りは手前に飛び出して見える。

マンニーナさんを作るのもこれで4回目。私は職人シリーズをやってる時に何よりも重要な事は、その職人さんがどんな人か知る事だと思っております。だから何度も同じ職人さんを作る事が出来れば、より深みのある作品になるのではないでしょうか。

知り合った時になるべく多くの質問をぶつけてみたり、同じ時間を過ごしてみて、出来るだけその人の個性をつかんでみる。そして切り絵を作ってみて、職人さんに見てもらう。そこから友達になって、徐々に付き合いを深めて行って、その人の人間性をもっと深く理解できた時、又は新たな個性を発見した時に、新しい作品を作る。

・・・と言うのが理想ですね。ただ、一度作っただけで付き合いが終る職人さんもいるし、第一作目で私の全てを出し切っちゃって、それ以上の物はとても作れないって職人さんもいるから(ただし後の場合は10年以上経ったら以前の物を超えようと思って作る気になるかもしれないけど。その時まで職人さんが現役でいてくれるかどうかが問題です。)全てが理想通りに行くというわけではないのですけどね。

Mannina2_3 

マンニーナさんは私がフィレンツェに住んでた下宿の前にお店があったので知り合いました。 この方の工房を見学させてもらった時に、「職人さんの切り絵って良いかもしれない!」という事に気が付いて、作ってみたのが現在の私のライフワーク「職人シリーズ」へとつながっています。あれから10年以上経ったけど、マンニーナさんは今も現役です。素朴で明るく、そして本当の意味で誇り高い立派な職人さんです。この作品で、私がずっと見て来たマンニーナさんの個性を伝える事が出来るでしょうか?

さて、お待たせいたしました。恒例の制作過程をまとめたパラパラ漫画です!クリックすると動きますので、どうぞお楽しみ下さい。貼る作業の最初の頃、作品を新聞紙で包んでありますけど、こうやって貼ってない部分は保護しないと作業してるうちに線が千切れてしまうんですね。これぐらいのサイズになると気を使いながら進めています。

Mannina_parapara

|

« 集中開始。 | トップページ | カラーヴァリエーション。 »

コメント

お久し振りです。
毎回素晴らしい切り絵を拝見させて頂いておりますが、一つ疑問があります。

切り絵の材料になる元絵は
「写真」で撮ってあるのですか?
「デッサン」を描き残しているのですか?
それとも「記憶」で描いているのですか?
お暇な時に教えて頂ければ結構ですし、企業秘密でしたらノーコメントで結構です。

『木製象嵌細工の職人さんのレナート・オリバストリさん』頑張って下さい。
それでは失礼致します。

投稿: 田舎番長 | 2010年6月26日 (土) 15時49分

おお、すごい絵だ!!

というかパラパラ漫画に感動した!!(笑)

若干魚眼レンズにしていると飛び出してみえるわけですね。。。。頂いた!!

投稿: sasuraichef | 2010年6月26日 (土) 16時31分

田舎番長さん、資料は基本はデジカメで撮ります。どうしても記憶しておきたい部分はスケッチします。本当は工房に置いてある物全部スケッチしたいんだけど、それをやっちゃうと働いてる職人さんに迷惑がかかるので。
住んでいた頃、毎日通ってスケッチしてたら嫌がられた事があります。職人さんの邪魔になってはいかんので、以後は写真を撮って、チェックして足りない部分を見つけると再度訪問して撮らせてもらうってます。
ただ、その工房の雰囲気を覚える事も大事なので、行った事のない場所は出来ません。思い入れが無いと作ってもつまらないので。

投稿: 俊寛 | 2010年6月26日 (土) 18時32分

sasuraichefさん、ありがとうございます。
パラパラ漫画も良いでしょう!シェフも料理する様子をパラパラ漫画にしてみてはどうかね?「パラパラ圭一郎」ってあだ名になるかも。
魚眼レンズっぽい構図、今回は良い効果が出たけど、難しいですね。まあ、自分の引き出しが増えるのは良い事です。

・・・「頂いた」って、何を?

投稿: 俊寛 | 2010年6月26日 (土) 18時38分

ご無沙汰してます。
マンニーナはお店の感じがいいですよねぇ。。。
お爺ちゃん長生きして欲しいなぁ。。。

あ。私ついに相方と2人で7月からお店兼教室兼作業場。見たいな感じで始めます。代官山で。

機会があったら遊びに来てくださいねぇ!

投稿: keisuke | 2010年6月26日 (土) 23時41分

keisukeさん、お久しぶりです。元気そうですね!
ついにお店を開けるんですね。おめでとうございます。店のカードが出来たら送ってほしいな♪
ウゴリーニ師匠の工房も溌剌たる感じで私も好きですけど、マンニーナさんの工房も素敵ですよね。何気なく置いてあるいろんな物に歴史が積み重なってる感じがします。
keisukeさんの工房がどんな感じになるか楽しみですね。

投稿: 俊寛 | 2010年6月27日 (日) 00時38分

マンニーナの表情も、革の置き方とかもすべて表現できてますね。
本当にすばらしい作品に仕上がってます。

しょうこさんか、マンニーナにメールとどいているか確認しときますね。

投稿: yukako | 2010年6月28日 (月) 05時46分

yukakoさん、見に来てくれてありがとう!かなり気合入れて作りましたので。
先日の滞在での取材を元に制作したので、見覚えある物ばかりでしょう?
マンニーナさんにはメールで見せました。返事が来ましたよ。喜んでました。(まあ、マンニーナさん本人がパソコンを使えるとは思わないので、多分アントニオかお店の子が代理で打ったんだろうけど・・・。)

投稿: 俊寛 | 2010年6月28日 (月) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集中開始。 | トップページ | カラーヴァリエーション。 »