« おそるべし民間療法。 | トップページ | 額縁職人 ヴァレンティナ・セルニッシ。 »

2010年4月27日 (火)

たまには新作でも。

Zukan_nuovo イタリア滞在の話が続いております。まだちょっとあるので小休止で新作をどうぞ。

と言っても9×9cmの図鑑シリーズですけどね。あくまでも息抜き。ちゃんとした作品もやってますが、そちらはまた別の機会に。

上段 左から 

クシイモリ ヨーロッパに生息する両生類。色といい、背びれといい、ゴジラの幼生って感じですね。 

フナムシ 磯遊びをするとワラワラ出て来る。この歳になって初めて描いたけど地味だな。

ラブカ 原始的な特徴を残したサメ。深海に生息する。こういう顔のおばちゃんが、そこら辺にいそうな気がする。

オオアリクイ 南米に生息する哺乳類。テレビでこれが走ってる所を見た事があるけど、モップが走ってるようだった。

中段 左から

ツチブタ アフリカに生息する哺乳類。豚に似てるけど別系統で進化してるので、豚じゃないんだそうだ。

ヤモリ うちで晩御飯を食べてる時に窓に張り付いてるのを見つける事が多い。お腹の方から見るわけだけど、何とも可愛らしい。

オオミズアオ 蛾の一種。着物を着てるようで何とも艶やか。

マサバ、ゴマサバ 酢でしめても、塩焼きにしても、味噌煮にしても美味!トマトで煮込んでパスタのソースにするのも好きです。

下段 左から

モズ 「モズのはやにえ」と言って、捕らえた獲物を木の枝に串刺しにする行動で知られる。特に理由があって、こういう行動をしているわけじゃないらしい。早い話が趣味?

カワトンボ 渓流なんかで見られる。茶色の羽、細くて青い体が繊細な雰囲気。

デンキナマズ ナイル川・コンゴ川に生息する。体内の発電器官によって最大350ボルトもの電撃を発する。(何か改造人間みたい。)

ダルメシアン ディズニーの「101匹ワンちゃん」で有名になった。Wikipediaで調べたら、尿路結石が出来やすいと書いてあった。あれは痛いからな。可哀想に・・・。

|

« おそるべし民間療法。 | トップページ | 額縁職人 ヴァレンティナ・セルニッシ。 »

コメント

たのしいですね。これを見ていると、なるほど、
だからモザイコ・フィオレンティーノの題材も「蛾」なのね、納得。
という印象です。

わが息子が爬虫類(恐竜含む)と海洋生物のおもちゃを好むのですが
共通するセンスを感じます……。面白いです。

投稿: tomoxn | 2010年4月28日 (水) 17時49分

tomoxnさん、マエストロには「猫なんてどうだ?」と勧められたんですが、たくさんの人が作ってますからね。あえてマイナーな生き物を選んだのです。(猫も好きですけどね。)

私も2月に江ノ島の水族館に行った時にサメの玩具セットを買いました。いくつになっても玩具とか好きで困ったもんです。(滅多に買いませんけどね。)
このシリーズもプラモデルを組み立ててる感覚で作ってます。

投稿: 俊寛 | 2010年4月28日 (水) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おそるべし民間療法。 | トップページ | 額縁職人 ヴァレンティナ・セルニッシ。 »