« 今回の下宿。 | トップページ | フォルテピアノの工房にて。 »

2010年4月 6日 (火)

金箔貼り職人、ルチアーノ・カリエリ。

152 さて、イタリア滞在のメインイベント、工房回りです。これから切り絵にしたい工房を回るだけでなく、既に切り絵にした工房にも挨拶回りしなきゃいけない。

到着して数日は既に切り絵にした職人さんに挨拶に行くだけで終ってしまいます。当然の事ながら、年々切り絵にした職人さんの数は増えていくので、挨拶回りにかかる日数も増えていく。

今年は一応の挨拶回りが終ったのは5日目でしたね。今回は2年ぶりの滞在なので、久々の再会に話が長くなるし、道を歩けば知り合いと会って、そのままバールへなんて感じで、目的地に到着できないまま日が暮れてしまったこともあったり・・・。

フィレンツェモザイクのロベルト・マルッチさんの工房なんか、割と早い段階で行くはずでしたが、訪ねたのが4日目だったからな。この工房で制作活動をしてるyossyさんに「ゴメン!今日も行けない・・・。」と何度も電話したっけなあ。

画像はイタリア行きの直前に仕上げた作品。金箔貼り職人のルチアーノ・カリエリさん。サイズは40×40cm。額縁とか宗教画なんかの一部に金箔を貼って、わざと汚してアンティーク調に仕上げたりします。作品の場面も刷毛でタールを塗って、汚しているところ。ピカピカの金色がくすんだ渋い色調に仕上がる。

彼の工房の取材をしたのは、かれこれ3年前。一度作り損ねて放置してあったのですが、やっぱり取材させてもらった以上は仕上げて持って行かなきゃ申し訳ないと思って、気合入れ直して最初から作りました。

今回、この作品をフィレンツェに持って行ってるんですね。そんなに大きくないので、手荷物で持って行きました。持っていった以上は本人に見てもらおうというわけで、滞在初日に工房に行ってみました。ルチアーノさんもけっこう高齢なので働いてるかどうか不安だったんですけどね。

工房には不在でしたが、別の職人さんが金箔を貼っていたので、ルチアーノさんの事を聞いてみたら、近くの土産物屋さんで店番をしてるとの事でした。どうやら店を持ってるみたいで、最近は工房と店が半々ぐらいに出てるんだそうです。早速、教えられた場所に行ってみたら・・・いました、ルチアーノさん!

ルチアーノさんも私をひと目見るなり「あ・・・前に会った事があるね。」と思い出してくれました。早速、作品を出して見せてみました。喜んでくれましたねえ。最近は作品をイタリアに持ち込む事が少ないので、直接本人に見てもらうのは久しぶりでした。Karieri_2

ルチアーノさんの工房では額縁も扱っているので、この作品に合わせた額縁を注文しました。アンティーク調に仕上げた金の額縁。こういうコラボレーションがやれると非常に楽しい。これをやりたかったから作品を持ち込んだんですね。実物がないと、やっぱりイメージしにくいでしょうし。

額縁が仕上がったのが帰国の寸前だったので、この額縁に作品を入れて本人に見せる事が出来なかったのが心残りです。今年の秋の個展に出すので、写真を撮って送らなきゃいけませんね。

|

« 今回の下宿。 | トップページ | フォルテピアノの工房にて。 »

コメント

3年間もたっているのに自分の事を覚えててくれたら作品を残せて良かったって思いますよね。そして、その作品をモデルになったかたの製作した額に飾れるなんてお互いにとって最高の作品じゃないですか!
金箔を貼ってわざと汚して年期が入ったように仕上げるなんて凄いですよね。僕なら貧乏性なんで金ぴかのままにしとくかも…
年々挨拶回りが増えるのは大変かもしれませんがそれだけ作品が産み出され、喜んで貰えるってことですよね!最高ですよ!!

投稿: しば | 2010年4月 6日 (火) 23時48分

しばさん、逆に毎年挨拶に行ってるのに未だに覚えてくれない人もいます。切り絵を見せれば「ああっ!」って思い出してくれますけどね。
何年も前に取材したまま、まだ作品にしてない職人さんもけっこういますので。作らなきゃいけないんだけど、展示会のテーマに沿った作品を優先しちゃうんで、後回しになる事も多いんですね。
今回のルチアーノさんみたいに仲良くなれると、また別のその人の魅力を発見したりします。そうすると「この人をまた切り絵にしたい。」って願望も出て来るんですね。今まで切り絵にしてきた職人さんの中でも何人かはそうやってパートⅡを作ったりしました。より深みが出て良い作品が出来るんですね。本来はそのようにじっくりと時間をかけて作品を練り上げていくというのがベストなんですが、展示会のノルマも考えると難しいですね。
・・・とグダグダ考えてるとK山先生に怒られそうなので。自分の出来る事を最大限やっていくしかないんですなあ。

投稿: 俊寛 | 2010年4月 7日 (水) 01時10分

親しくなるとより良い所発見できてより良い作品になるんだからまだ手付かずの作品もほんの少しずつの時間でも積み重ねて作品にして欲しいと思います。

投稿: しば | 2010年4月 7日 (水) 09時57分

しばさん、そうなんですよね。まず1点作ってみて、それを見てもらって・・・そうしてるうちに仲良くなって行くので。積み重ねは大事だと思います。

投稿: 俊寛 | 2010年4月 7日 (水) 16時35分

秋の個展は東京もあります?
額はそのときまで楽しみにしてますね~

そして私は切り絵の中の人形が気になります(笑)

投稿: Andy | 2010年4月 7日 (水) 21時48分

Andyさん、今年の予定は名古屋で2回、京都と大阪で1回ずつなので、東京は無いのです。・・・と言うか、しばらく東京での展示予定が入ってないんですね。何とかしなきゃと思ってるんですが・・・考え中です。
ちなみに、この作品は名古屋で展示します。同時期に京都と大阪なので一箇所しか展示出来ないんですね。

投稿: 俊寛 | 2010年4月 7日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回の下宿。 | トップページ | フォルテピアノの工房にて。 »