« 京都の個展のお知らせ。 | トップページ | 日本の職人シリーズ第1号。 »

2010年1月27日 (水)

漆職人さんの工房見学。

Mutou 制作を一日休んで、職人さんの工房に取材に行って来ました。愛知県弥富市で名古屋仏壇の漆塗りをやっている職人さん、武藤久由さんです。

武藤さんとかミクシィで知り合ったんですけどね。いつも自分の仕事に関する事をブログに書かれていて、漆に対する愛情と、仕事に対する誠実さを感じていました。「これは是非、工房を見学させてもらって、切り絵にしなければなるまい。」と2年ぐらい前から決めていたんですけどね。

いい加減、日本の職人さんにも注目しようよって事で、今年は日本の職人さんの切り絵もかなり多く作る予定です。(しかし、作らなきゃいけない作品が多くて大変なんだけど・・・。)

衣服に付着した埃で仕上がりが台無しになるような、非常にデリケートな工房なので、私のような者が立ち入って良かったのか非常に恐縮しましたが(一応、毎日お風呂に入って洗濯された物を着てますけどね。私は不潔なわけではないですよ。それ以上に気を使わなきゃいけないんです。武藤さんときたら、この寒いのに靴下も履いてなかったですからね。)こころよく迎えていただきました。良い物を見せていただき感謝しております。

今まで見てきた工房って、その職人さんの仕事と直接関係無い、余計な物が多かったですね。例えば仕事中に食べるおやつとか、壁に貼ってあるヌードポスターとか・・・。でも、それはそれで職人さんの個性が現れてくる部分なんで、描いてて面白くもあるんですけどね。

武藤さんの工房では極力、そういう物を排して仕事に集中できる環境を整えてたような感じいでしたね。だからマイケル・ジョーダンのポスターや車の写真が貼ってあったり、マクドナルドのクーポン券が置いてあったり、北斗の拳のフィギュアが飾ってあったりと、そういう事はないんですけどね。やっぱり生真面目な方なんですねえ。余計な物が無いってのも一つの個性かもしれませんね。・・・ああ、ラジオとチョコレートは見つけましたな。

とは言うものの、お父さんの代から使われてる漆が染み付いた道具類も大変、風格がありました。漆を薄めるのに使う樟脳を入れる箱も50年ぐらい前から使い続けてる物ですからね。隅々まで気を使って整えられた工房。せっかく取材させていただいたので、気合入れて切り絵にしなきゃいけないと思いました。

武藤さんはすごく面白い方なんですよ。茶目っ気を出していろんな物に漆を塗ってみたり(蜜柑の皮とか葡萄の食べた後の房とかに漆を塗ったりしてた。)子供さんの夏休みの宿題の工作に、恐ろしく複雑な構造の、しかし子供でも作れる貯金箱を考案したりして・・・。武藤さんの発想は、いろん物事に対する優しさから出てるような気がしました。

今日はその後、名古屋の栄に出て、ギャラリー彩さんで開催中の合同展と名古屋市美術館で展示されてる警察官の美術展を見て来ました。どちらも知人が参加してます。ギャラリー彩さんの方では丁度、私の知人が在廊してたので1時間ほどお喋りして帰って来ました。

たまにはいろんな人と会うのも良いな。気分の良い一日でした。

|

« 京都の個展のお知らせ。 | トップページ | 日本の職人シリーズ第1号。 »

コメント

いよいよ、始まりましたね。

投稿: N.kojima | 2010年1月27日 (水) 09時34分

わざわざ、遠くまでありがとうございました^^
…なんか、照れます。
でも、よく見てくれてたんだなぁと、ちょっと嬉しかったです。
「余分なものは置いておかない。絶対に仕事に集中できなくなるから」
父親がよく言っていたことです。僕も同じ。
きっと切り替えが下手なんでしょうね。ついつい、気になってしまう。
とか言いながら、石ころとか置いてしまっているんですけどね。
でもあれも、塗っているときは視界の外になるようにしてるんですよ、一応(笑)
あんな仕事場でよかったのかな?という思いもありますが、楽しみにしています~^^

あと、「由久」ではなくて「久由」です。
念のためbleah

投稿: チーズ | 2010年1月27日 (水) 10時36分

N.kojimaさん、始まりましたねえ。とりあえずは東海地方の職人さんから。その内に関東まで遠征する事になるでしょうから、その時はよろしくお願いします。

チーズさん、おおっと。お名前を間違えるとは。うっかりしてました。すみません。直しておきますね。
コメントにも良いお話を書いていただき、ありがとうございます。あの石ころの置いてある位置にまでも意味があったんですねえ。
隅々まで気が配ってあって、自然と頭が下がります。
作り始める時には連絡しますね。

投稿: 俊寛 | 2010年1月27日 (水) 18時50分

ついに日本の職人さんシリーズに着手ですね♪

いつ製作するのかなあ。
とちょっと期待していたので、嬉しい。
とっても興味あり ! がんばってねっ !

投稿: ようこ | 2010年1月30日 (土) 00時40分

ようこさん、シリーズとして成立させるには10点ぐらいは作らないとね。取材したのはこれで3人目です。
イタリアの職人シリーズも続けるのでノルマが大変です。

投稿: 俊寛 | 2010年1月31日 (日) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の個展のお知らせ。 | トップページ | 日本の職人シリーズ第1号。 »