« ローマの風景その3、聖天使城 | トップページ | ローマの風景その5、スペイン広場。 »

2009年12月23日 (水)

ローマの風景その4、観光客がいっぱい。

Roma009 聖天使城から、ローマの街中へ移動します。ヴァチカンや聖天使城なんかも観光客は多いのですが、場所そのものも広いので、人口密度自体はそんなに高くないです。しかし、街中に位置する観光地では狭い場所に観光客が殺到するので、前に進めない程混む事になります。

絵に描く分には人が多い風景の方が好きなんですけどね。「人影がまばらな観光地って、どうよ?」って思うので。やっぱり観光地は賑やかな方が良いのです。

画像1はパスクィーノの像。

元々はトロイア戦争に登場するメネラオスの像と言われていますが、最早何が何だかわからないぐらい破損しています。16世紀にパスクィーノさんという口の悪い靴職人のおやじさんが、ローマの政治の悪口を書いた紙をこの像に貼り付けたところ、それに倣ってこの像に政治や世評の風刺を書いた紙を貼り付けるのが流行したそうです。いつしか、この像は、最初に貼り紙を付けたおやじさんの名前である「パスクィーノ」と呼ばれるようになりました。現在も現役で使われています。貼り紙の上に落書きまでされてたりします。

Roma010 画像2はパンテオンです。

現在はイタリアはカトリックの国ですが、キリスト教が布教される前は多神教の時代でした。何でもかんでも神様にしちゃう懐の深さを持っていたんですね。キリスト教も、最初は多神教の一つとして迎えられたのです。

パンテオンは多神教の時代にローマの全ての神を祀る為に建てられた神殿です。キリスト教が国教となってからは、教会として使われたので「邪神の神殿」と破壊される事も無く、現在まで残りました。ルネサンス期の巨匠、ラファエロの墓もこの内部にあります。

パンテオンも私が好きな建物ですね。威風堂々たる存在感を持っていると思います。

映画「ローマの休日」ではこの広場のオープンカフェでシャンパンを飲む場面がありました。パンテオンの後方に位置するカフェなので、パンテオンの柱と、その前にあるオベリスクしか映ってないんですけどね。Roma011

画像3はトレヴィの泉です。

観光地のローマでも最も人が多い場所ですね。ローマは昔から水道が完備されていた街です。この泉も初代皇帝のアウグストゥスによって整備された水道の終端施設が元になっています。移築と再設計・改装が加えられて、現在の姿になったのは18世紀です。

泉に背を向けて、肩越しにコインを1枚投げると再びローマに来る事が出来ます。2枚投げると幸せな結婚が出来ます。3枚投げると離婚できるんだそうです。・・・この3枚目の願いは誰が考えたんでしょうね。って言うか、いかにもイタリア人的なオチだなあと思いますが、キリスト教が厳しく離婚を禁じていた時代の名残とも考えられるんだそうで、何だかイタリア人のしたたかさが感じ取れますね・・・。

|

« ローマの風景その3、聖天使城 | トップページ | ローマの風景その5、スペイン広場。 »

コメント

切り絵に登場する人々の衣服を見て季節を想像しています。フィレンツェは24年ぶりの大雪で。ミケランジェロ広場からのDUOMOを見晴るかす雪景色の写真をおくってきました。俊寬さんだったらおもしがってみられるだろうな。と

投稿: musica | 2009年12月23日 (水) 18時05分

musicaさん、切り絵にする事を考えると夏服の方が好きですね。冬も良いのですが、夏服を着てる人が登場する方が元気一杯な感じがするので。
珍しくフィレンツェに雪が積もったそうですね。私がフィレンツェに住み始めた年にも雪が積もって、語学学校に一緒のクラスだったブラジル人の子が「初めて雪を見た・・・。」って感動してました。以来、私が住んでる間は雪が積もった事はなかったですね。今、思えば、雪のフィレンツェも写真に撮っておけば良かったですね。

投稿: 俊寛 | 2009年12月23日 (水) 18時22分

広場へは歩いて登ったそうで途中何度も滑ったそうで、途中で撮った道筋にもひとはいなくて。あんまり写真を取りにのぼった人っていなかったのかな。と思いいます./日本画だと胡粉を置けば雰囲気出ますけれど。切り絵は考えても解りません。俊寬さんの作品で工房シリーズで一目見て直感で革職人と思ったのがあって。それは台の上に置かれた革のカーブと質感だったので。俊寬さんは名人と思いました。おこがましいのですが之はお伝えしたかったので。

投稿: musaica | 2009年12月23日 (水) 20時08分

musaicaさん、雪景色のフィレンツェの切り絵ですか・・・。多分、通常の1、5倍ぐらい時間がかかるでしょうね。ちょっと今の制作ペースで手を付けるわけにはいかないですねえ。

革の質感について褒めていただき、ありがとうございます。
表現が難しい素材もあるんです。今後の課題は苦手を作らない事ですかね。頑張ります!

投稿: 俊寛 | 2009年12月23日 (水) 21時00分

真っ白な週末だったんですよ・・大変でした、アレッツォも。切り絵でローマの風景も素敵ですね。私はお花のシリーズが特に気に入りました!よいお年をお迎えくださいませ。歌子

投稿: utako | 2009年12月23日 (水) 23時46分

utakoさん、アレッツオも雪でしたか。あの日は愛知県も雪だったんですよ。日帰りで京都に出張だったけど、京都の方は降ってなかったですね。底冷えはするけど、積もる事は滅多に無いそうです。その点でフィレンツェと京都は似てますよね。
花シリーズを気に入っていただき、ありがとうございます。試行錯誤を繰り返した末に決まったスタイルなんで、愛着があるシリーズなんです。

そちらも良いお年を!!

投稿: 俊寛 | 2009年12月24日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマの風景その3、聖天使城 | トップページ | ローマの風景その5、スペイン広場。 »