« 早速新作!! | トップページ | 次々新作!! »

2009年12月 6日 (日)

花シリーズ。

Fiore 名古屋の2人展を見に来てくれた方は見てますけどね。以前からコツコツと作り貯めていた「図鑑シリーズ・花」36点です。展示会の準備の日の朝6時に完成。

・・・展示会に見に来たお客さんに「なんか前回の個展でも準備の日まで制作してましたね。」と言われてしまいました。同じ事を繰り返してるみたいで恥ずかしいですね。決して普段から怠けているわけじゃないのに、何故いつもこうなるのだろう?

黒い背景に花がポッと浮き出るように、花びらの部分だけアクリル絵の具を吹きつけて表現しています。これをやらないと黒い線が強すぎて汚い花びらに見えてしまうんですね。こうすると柔らかい感じになります。このスタイルにたどり着くまで、いろいろ試作を重ねました。

「この絵を真っ暗な中に置いたらどうなりますか?」という質問が出ましたが、真っ暗な中に置いたら見えなくなります。電球が入ってたり、蛍光塗料を使ってるわけではないのです。でも「光って見える。」というのは私にとっては褒め言葉ですね。よく「影絵みたいに裏から光を当ててみたらどうか?」と言われる事もあるんですけど、それは影絵であって、切り絵じゃないんですね。影絵の大家というと有名な藤城清治さんという方がいらっしゃいますけど、仮に私が同じようにやってしまうと、藤城さんの真似になってしまうんですね。あれは藤城さん以外がやっちゃいけないと思ってます。ならば「光を使わなくても光って見える表現」をする事が切り絵師としての目標ではないかなと。その意味では、今回の作品で課題をクリアしたという事ですね。

1段目の左から コスモス、キキョウ、アネモネ、ユリ、アサガオ、カーネーション

2段目の左から モクレン、アブラナ、モモ、チューリップ、サギソウ、スミレ

3段目の左から アジサイ、ツバキ、マツヨイグサ、ウメ、グロリオーサ、ボタン

4段目の左から マーガレット、マリーゴールド、ヒナゲシ、フジ、ナデシコ、ブーゲンビレア

5段目の左から ミモザ、スズラン、アヤメ、カタクリ、ノアザミ、ヒマワリ

6段目の左から バラ、サクラ、レンゲ、タンポポ、スノードロップ、スイレン

今回は絶対外せないメジャーな花や私の好きな花、前にこのブログで何点か公開した時にリクエストがあった花など36点選び出して作ってみました。急いでデザインしたのもあるので、ちょっとぎごちないデザインもありますけどね。

作ってて気が付いたけど、園芸種よりも野に咲く草花の方が好きですね。イタリアで4月頃に咲き乱れるヒナゲシとか。他にもノアザミとかレンゲ、アブラナあたりがお気に入りです。

展示会では賛否両論でしたねえ。「らしくない」って意見もあったな。普段イタリアものばかり切り絵にしてますからねえ。こういうのが1点ぐらいあったって良いじゃんって思います。

|

« 早速新作!! | トップページ | 次々新作!! »

コメント

らしくない、かどうかは、何とも申し上げられません。
でも、実物を拝見しましたが、「なるほど、こういうのもアリだな~」と思いました。
黒の上からエアブラシ吹き付けるって、単純なようで、すごい効果だなあと、エアブラシの威力を感じました。
いやあ、それにしても、花といい生き物といい、しっかりそのものの「品種」や「種類」が作り分けられるというのは、本当に、スゴイですね。

投稿: KAWAZO | 2009年12月 7日 (月) 00時30分

花はやっぱりいいですよね。

投稿: N.kojima | 2009年12月 7日 (月) 00時43分

KAWAZOさん、この技法はかなり前に開発したものなんですけどね。最近は使い所が無かったので。この技法が使える事に気が付くまでが長かったのです。
花も動物も好きなんです。ついでに職人とイタリアも大好きなので。他に好きなものは・・・。(以下略)

N.kojimaさん、そうですねえ。ただ切り絵で花を作る人は大勢いますので。どうオリジナリティを出すかが問題でしたね。この技法で作って正解だったと思います。

投稿: 俊寛 | 2009年12月 7日 (月) 12時41分

おひさしぶりです。
花の作品かわいいですね!生でみたかった~!
休みがうまく合わず観にいけませんでした…。次回楽しみにしてます!よく東京も行くので時期が合えば東京のも見てみたいなとおもっています。
勉強させていただきます★

投稿: ヤマガタサチコ | 2009年12月 7日 (月) 19時17分

ヤマガタサチコさん、お久しぶりです。展示会ではかなり目立ってたんですけどね。作風が違って見えるらしくて「これも切り絵なの?」って質問が毎日一人ぐらいはいました。

東京ではしばらく個展の予定は無いですねえ。名古屋並みに毎年1回やれると良いのですけど、なかなか難しいですね。

投稿: 俊寛 | 2009年12月 7日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早速新作!! | トップページ | 次々新作!! »