« ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 | トップページ | ローマの風景その4、観光客がいっぱい。 »

2009年12月22日 (火)

ローマの風景その3、聖天使城

Roma006_2ローマの風景シリーズ、今回はヴァチカンを出まして、聖天使城(イタリア語だとカステル・サンタンジェロ)に行きます。ヴァチカンからは歩いて10分ぐらい。目と鼻の先ですね。ヴァチカンが危なくなると、法王は秘密の通路を通って、この城へ避難するそうです。

聖天使城はローマのテヴェレ川の川沿いにある城です。元々はローマ皇帝ハドリアヌスの墓所として作られたのですが、徐々に軍事利用されるようになり、ルネサンス期には完全に要塞とされました。15世紀のローマ法王クレメンテ7世はドイツ皇帝の侵略を受け、ローマが略奪された際に、この城に逃げ込みました。この時の略奪でローマの文化財は奪われ、教会なども破壊されました。ルネサンス文化の中心だったローマは壊滅し、ルネサンスは終焉を迎えたと言われています。

さて、この城が何故「聖天使城」と言われているのか。590年にローマでペストが大流行した時に法王グレゴリオ1世が、城の頂上に剣を鞘に収める大天使ミカエルの姿を目撃しました。これ以後、ペストの流行が終焉に向った事から、この城が「聖天使城」と呼ばれるようになったのです。

Roma007_2  現在でも城の頂上に天使の像が置かれています。

橋の欄干には10体の天使の像が置かれています。「ローマで一番美しい橋」と言われているのもうなずけますね。何とも優雅な眺めです。

映画「ローマの休日」では、橋のたもとに作られた舞台でダンスパーティーに参加する場面がありましたが、夜間にライトアップされた聖天使城が奇麗でしたね。

私はこの城と橋の組み合わせが好きなので、角度を変えて2点制作しました。斜めから見た、テヴェレ川の入る構図と、正面から橋を抜ける構図。どちらも魅力的な風景です。

調子に乗って更にもう1点、橋に立つ天使の像も切り絵にしてみました。10体天使はそれぞれ持っている物は違うのですが、その中で一番目立っていた十字架を持つ天使を選びました。

Roma008_2天使像の作者はバロック期の彫刻家ベルニーニによるものです。ローマでは至る所にベルニーニの仕事が見られる。先のブログで紹介したヴァチカンのサン・ピエトロ広場のようにベルニーニによって設計・装飾されたローマの名所は数知れず。「ローマはベルニーニのために作られた。」と賞賛されたそうです。スケールの大きい話だなあ。

そういえば最近、公開された映画「天使と悪魔」にはこの聖天使城がバッチリ登場してたそうですね。忙しくてつい見逃してしまいました。「アマルフィ」ってのもあったなあ。映画に行く暇があったら、少しでも早く完成させる為に制作しなきゃいけないんだけど、イタリア関係の物は押さえとかなきゃいけませんね。そういうのも勉強の内でしょうから・・・。

|

« ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 | トップページ | ローマの風景その4、観光客がいっぱい。 »

コメント

まいどー。見た瞬間、僕も映画を見たので、『あー』とおもいましたよ。
今年も残り僅かですね。

投稿: N.kojima | 2009年12月22日 (火) 10時19分

N.kojimaさん、まいどー。完成した直後にテレビで「ローマの休日」をやってたので、どの場所が出てくるのかチェックしながら見てました。やっぱり思い入れのある風景になりますよね。
・・・って、どの映画を見たのでしょうか?

投稿: 俊寛 | 2009年12月22日 (火) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 | トップページ | ローマの風景その4、観光客がいっぱい。 »