« 私の切り絵が着物の帯に! | トップページ | ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 »

2009年12月20日 (日)

ローマの風景その1、ヴァチカン。

毎年、一つだけテーマを決めて15点ほど制作している風景の切り絵。今年はデパートの美術画廊での個展が続いたので、いつもより多めに小さい風景を作りました。今年のテーマはローマの風景です。結局、名古屋の展示会に出した時は21点のローマの風景が完成してました。

今回からしばらくの間、ローマの風景シリーズを紹介していきます。

まずはヴァチカン関係から。Roma001

1番目はヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂。ローマ市内にある世界最小の国ヴァチカンは、カトリック教会の総本山でもあります。

サン・ピエトロ大聖堂は使途ペテロの墓所があった所に建立されたとされ、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇っています。

印象的なドームの設計は、当時既に高齢であったミケランジェロによるものです。

私が初めてイタリアに行ったのは21歳の時でしたが、ローマのホテルはヴァチカンの近くでした。朝一番でサン・ピエトロ大聖堂に出かけて、クーポラ(円屋根の事)の展望台に登れる階段の入り口が開くと同時に入場して「ローマの街独り占め」を味わいました。あれからヴァチカンに行く事はあっても、サン・ピエトロのクーポラに登る事はないですな。Roma002

2番目の画像は広場から見たサン・ピエトロ大聖堂です。教会正面や両翼の多数の円柱が並ぶ構成は、ミケランジェロから100年後に活躍したバロック期の芸術家、ベルニーニによるもの。ベルニーニはこの広場を「あたかも両腕を広げて信者を迎える母親のような」という事を念頭に置いて設計したそうです。

私はイタリアの建築で何が一番好きかと聞かれたら、第一にはフィレンツェのドゥオーモを挙げますけど、正面からの角度限定だと、こちらのサン・ピエトロの方が好きですね。正面に円柱が並んでる建物ってギリシアの神殿っぽくて神々しい気がします。

|

« 私の切り絵が着物の帯に! | トップページ | ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 »

コメント

俊寛さん、お久しぶりです。

サン・ピエトロ大聖堂、迫力がありますね。

周りの建物の屋根の雰囲気も良く出ていていいですね。

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラからの眺め・・思い出しますね~。

映画の”天使と悪魔”で、サン・ピエトロ大聖堂の上にいるヘリコプターから下を映しているシーンがあるのですが、自分がクーポラに上ったことがあったので”そうそう、こんな風にサン・ピエトロ大聖堂の屋根や下の広場、ローマの町が見えるんだっけ”と思っていました。

何せ・・・建物が好きなんです・・・。

クーポラからもし滑って落ちたら・・・ひゅ~。

大聖堂は大きいですな。

投稿: kanabo | 2009年12月20日 (日) 20時38分

kanaboさん、流石はカトリックの総本山だけの事はありますよね。荘厳な迫力に満ちています。

クーポラから滑って落ちたら・・・高所恐怖症なんで、想像したくないですねえ。サン・ピエトロとかフィレンツェのドゥオーモの展望台みたいに足場が安定してれば問題無いんだけど、ピサの斜塔は無理ですね。もしも階段から落ちたら・・・なんて事を考えると血の気が引いて来ます。

投稿: 俊寛 | 2009年12月21日 (月) 00時29分

活動を展開されていて素晴らしいですね!!!
これからもどんどん行ってくださ〜い!!!
Tanti auguri di buon natale e felice anno nuovo!!!!

投稿: MIMO | 2009年12月24日 (木) 03時06分

MIMOさん、いやあ・・・。活動しまくったわりに成果が乏しかったような気がしてます。来年は更に忙しくなるけど、どうなっちゃうんだろう・・・。まあ、すぐに結果が出ないかもしれませんが、10年、20年先により大きい収穫があると信じて頑張ります。

そちらもメリークリスマス・良いお年を!

(ローマには慣れましたか?)

投稿: 俊寛 | 2009年12月24日 (木) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の切り絵が着物の帯に! | トップページ | ローマの風景その2、衛兵とピエタ。 »