« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

今年もありがとうございました。

2009年も今日で終わりですね。皆様にはどんな年でしたか?

私の方は相変わらずの一年でした。制作が終ったら展示会で、展示会が終ったら制作・・・。「激闘」って感じでしたね。基本的には楽しくやれたので「苦闘」にならなかったのが幸いです。

楽しくやれたのは、いろんな形で応援してくれた皆様のおかげですねUmi002a_5

お礼と言うわけではないですが、今年最後の作品です。(男性限定のお礼になってますな。女性の方、ごめーん。)

この方のブログに出てた写真を勝手に使わせてもらいました。(良いのか?勝手に使っちゃって・・・。いやいや、多分喜ぶだろう。)

サイズは7,5×6,5cmです。今までの作品の中で最小サイズですね。これまでは9月末に作ったラオコーンが7×7cmだったので、ほんの少し面積が小さいのです。

背景の海の部分はステンシルの技法です。型紙を作って、台紙にスプレー糊(簡単に剥がせるタイプ。)で固定して、その上からアクリル絵の具を吹く。最近、この技法にこってるんだけど、今回はあまり上手く表現出来なかったなあ・・・。まあ、サイズが小さ過ぎるからというのもあるかも。でも、この技法はいろいろ使えそうなので、今後の表現の幅は広がるな。

さて、来年も既に展示会の予定は決まっております。まだまだ不景気が続きそうですが、それを吹っ飛ばすぐらいパンチの効いた作品を作って行こうと思います!

今年一年間、お世話になりました。2010年もよろしくお願いします。皆様も良いお年をお迎え下さい。

俊寛

| | コメント (12)

2009年12月27日 (日)

ローマの風景その8、全ての道はローマに続く。

Roma021 ローマの風景シリーズはこれで最終回です。

画像は「アッピア街道」です。カラカラ浴場から南へ進むと、古代ローマ人が整備した国道の一つ、アッピア街道が始まります。

古代ローマ人は徹底的に道を整備したのです。宿場ごとに軍隊も駐留したので、物流の発展と治安が確保され、ローマの繁栄の源となったのです。

このアッピア街道は現存するローマの街道の中でも最も有名で「街道の女王」との異名を持ちます。紀元前312年に執政官アッピウスによって敷設されました。(アッピウスの名前を取ってアッピア街道と名付けられた。)最終的にはローマから南イタリアのブリンディシまで約600キロの道路として完成しました。

と言う訳で、今も当時のまま残されているアッピア街道を歩いてみました。カラカラ浴場から歩いたのですが、交通量が多いのに歩道が無かったりで、アッピア街道の起点にたどり着くまで、けっこう大変でしたね。危ないし、排気ガスはすごいし。

ですが、アッピア街道が始まってからは楽しく歩けました。道の両脇が緑地なんで空気もきれいで人もいない。民家も無い。あるのは木と遺跡の破片である大理石だけ。(ローマ市に近づくとカタコンベがあるけど。カタコンベって地下室にミイラが安置されている地下墓地の事です。あまり行きたくない場所ですねえ・・・。)賑やかな風景は好きですが、こういうひっそりした場所も気分良いものです。

・・・しかし果てしなくこの風景が続くので2時間ほど歩いた時点で、それ以上進むのをやめて引き返しました。切りが無いし、街灯など一つも無いので夜になると真っ暗になる。いや、そりゃこういう場所には街灯なんて置いて欲しくないけど、真っ暗になったら帰れなくなりそうなんで。

歩き疲れたけど、たまにこういう場所を散歩するのは良いものですね。

| | コメント (4)

2009年12月26日 (土)

ローマの風景その7、遺跡地区。

Roma018_2 画像1は「フォロ・ロマーノ」です。ローマ帝国時代に政治・宗教の中心だった場所の遺跡です。これは前回のカンピドリオから見た風景。

左からヴェスパシアヌス神殿、聖ルカ・マルティーノ教会、手前がセプミティウスの凱旋門、奥に元老院、右にあるのがサトゥルヌスの神殿です。教会以外は古代ローマの遺跡ですね。

そういえば、ちょっと前の写真では凱旋門の前に自動車道路が通ってるのが写ってるけど、昨年の取材で私が撮って来た写真では発掘してる途中みたいになってますね。多分、何か遺跡が出てきたので道路を取り壊したんでしょうね。未だにローマの地下には遺産が眠っているのです。

だから地下鉄はローマ程の大都市であるにもかかわらず、開発が遅れているし、それがローマの交通の悪さにもなっている。ローマの自動車の排気ガスによる大気汚染は物凄いですからね。元々、自動車の無い時代に作られた建物を今も利用しているので、それは仕方ない事です。

Roma019 画像2は「コロッセオ」です。円形闘技場です。当時の最高の娯楽として、奴隷出身の剣闘士による試合が行なわれました。(早い話が殺し合いです。現代人の感覚としては野蛮ですがねえ・・・。)人気のある選手はスター扱いだったらしいですね。

剣闘士の試合が廃れてからは、この建築物も本来の意義を失い、一部が破壊されて建築材として持ち去られてしまいました。現在見られる姿は、外周が半分以上剥ぎ取られた状態です。

とは言え、今なお威厳のある圧倒的な存在感を保っています。ローマでも最重要の遺産である事は間違いないですな。

フォロ・ロマーノやコロッセオの付近は古代ローマの遺跡が最も残っている地区ですが、そこから少し歩くと「カラカラ浴場」があります。Roma020

紀元212年にカラカラ帝によって造られた浴場の遺跡です。浴場とトレーニングジムと図書館がセットになった施設ですね。今だったら健康ランドにネットカフェが合体したような物と考えればよろしいかと。

古代ローマ人はお風呂が「文化の一部」と言える程好きだったようで、各地に浴場の遺跡が残っています。カラカラ浴場は、最も良い状態で保存された浴場の遺跡ですね。床には所々にモザイクが残っていました。

ローマ帝国も末期になるとロクな皇帝が出なかったので、短命政権が続き、それが帝国の衰退に拍車をかけるような感じなのですが、カラカラ帝も同様で在位6年で暗殺されています。

しかし、彼の手がけたカラカラ浴場は今も残っています。かなり広大な敷地の中にある遺跡なので、空気の汚れも気にならず、散策していて気持ち良い所でした。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

ローマの風景その6、真実の口。

Roma015 画像1は有名な「真実の口」がある教会。サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。(長い名前だなあ。面倒くさいので以降は真実の口教会としますね。)

この教会の近くはローマ時代の遺跡が数多く残っていて、教会の裏手にはチルコ・マッシモと言う古代の競技場の跡があります。(このチルコ・マッシモ、現在は単なる野原だけど、隣にフォロ・ロマーノというローマ帝国の時代に政治・宗教の中心だった大遺跡群があるので、野原の向こうに遺跡が見えるという、大変絵になる場所です。今回は切り絵にしなかったけど、いつかやってみたいネタですね。)

ローマが多神教だった時代に立てられた神殿なんかは、キリスト教がローマの国教となって以降は「邪神の神殿」として破壊されるか、そのまま利用されてキリスト教の施設として生き残るか、又は増設・改築と言う形で古い部分と新しい部分が混在した建物になるかで、いずれにしてもキリスト教が国教になる以前と以降では街の様子が違って来ます。

この真実の口教会も、ご多分に漏れず、ミトラ教の神殿の上に建てられたものです。ミトラ教というのは、太陽神ミトラを主神とするイランやインド辺りで発生した宗教で、一時期はキリスト教とも国教の座を争ったと言われています。

教会の地下にはミトラ教の神殿が残されています。多くの観光客が真実の口だけ見て帰るので、全然知られてません。面白そうな話ですが、私もこの事を知ったのは最近なので、まだ見てません。次回、ローマに行く時にチャレンジしようと思ってます。

Roma016 2番目の画像は、おなじみの「真実の口」です。

教会入り口の壁面に取り付けられています。嘘つきがこの口に手を入れると抜けなくなったり、手を食い千切られたりする伝説があります。元々はマンホールの蓋で、海神トリトンをデザインしたものと伝えられています。何故、いつから、この場所に設置されているか不明なのですが、教会の壁と言う事を考えると、「嘘をついてはいけない」という信者への戒めとして使われたのではないでしょうか。

「ローマの休日」では、新聞記者のジョーが手を食われたふりをしてアン王女をからかう名場面がありましたね。

連日、観光客が手を突っ込んで記念写真を撮って行くので、口の部分はツルツルになっています。Roma017

真実の口教会からしばらく歩くと、マルケルス劇場やシナゴーグ、ヴィットリオ・エマヌエレ2世の記念堂など(これらも、いずれ切り絵にします。)の観光名所を通り過ぎると、カンピドリオの丘に着きます。(画像3です。)

左右に双子神の像が置かれた階段を登ると、マルクス・アウレリウス帝の騎馬像が置かれている広場があります。この広場はミケランジェロの設計によるものです。敷石の幾何学模様が美しい広場です。

マルクス・アウレリウス帝の奥、正面の建物は市庁舎。左右の建物は美術館です。古代ローマ時代のブロンズ像が数多く収蔵されていて、見ごたえのある美術館です。

この丘はローマの七丘の中でも最も高く、至近距離にフォロ・ロマーノがあるので見晴らしも良い場所です。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

ローマの風景その5、スペイン広場。

Roma012 さて、トレヴィの泉から更にローマの街中へ進みます。

1番目の画像はスペイン広場です。この場所も常に観光客でいっぱいですね。スペイン大使館が近くにあるので、この名前で呼ばれています。

「ローマの休日」では、この場所でアン王女がジェラートを食べるシーンがあるのですが、現在はこの場所で飲食をする事は禁止されています。観光客が多過ぎるので、こんな所でジェラートなんて食べたら、前の人の頭に落っことして喧嘩になりかねない。(作品では若干、人を減らしてあります。本当は階段など見えないぐらい、びっしりと座り込んでるんです。少しは階段も見せないと何がどうなってるのかわかりませんからね。)

スペイン広場も好きな場所なので(人の多い観光名所って好きなんです。実際にその場所に行くと前に進めないぐらい大変だけど、切り絵にすると賑やかな作品になるので。)階段の上に立つ教会もクローズアップして切り絵にしてみました。(2番目の画像)Roma013

この教会はトリニタ・ディ・モンテ教会と言います。昨年のイタリア滞在でローマに取材に行った時は、教会前のオベリスクが修復中で袋をスッポリとかぶせてあったので、後ろの教会が全く見えなかった。これじゃ切り絵に出来ないなと思いましたが、16年前に始めてイタリアを旅した時に撮った写真が出てきたので、それを参考にデザインしました。

教会は今ではきっちり修復されて、私の作品みたいな茶色く染まったような感じじゃなくて、純白の教会に生まれ変わってます。でも絵にする事を考えると、多少は小汚い方が良いですね。貴重な文化財なので、修復するに越した事はないのですが、絵に描くとなると別の問題です。

3番目の画像はポポロ広場です。古くから交通の要所であり、ローマの玄関口とも呼ばれています。この広場にはポポロ門やオベリスク、噴水など見所は多いのですが、その中でもあえてこの双子の教会をチョイスして切り絵にしました。

イタリアでは「双子の教会」って時々見ます。ずっと寄り添うようにこの場所に立ってるって思うと、なんだか可愛らしく思えますね。しかし、同じ場所に同じような形の教会を作る意味ってどこにあるんだろう?

この双子教会の名前は「聖なる山の聖母マリア教会」と「聖母マリアの奇跡教会」です。

この広場からは、ピンチョの丘へと続く階段があります。ピンチョの丘からはローマの街が一望出来ます。Roma014_2

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

ローマの風景その4、観光客がいっぱい。

Roma009 聖天使城から、ローマの街中へ移動します。ヴァチカンや聖天使城なんかも観光客は多いのですが、場所そのものも広いので、人口密度自体はそんなに高くないです。しかし、街中に位置する観光地では狭い場所に観光客が殺到するので、前に進めない程混む事になります。

絵に描く分には人が多い風景の方が好きなんですけどね。「人影がまばらな観光地って、どうよ?」って思うので。やっぱり観光地は賑やかな方が良いのです。

画像1はパスクィーノの像。

元々はトロイア戦争に登場するメネラオスの像と言われていますが、最早何が何だかわからないぐらい破損しています。16世紀にパスクィーノさんという口の悪い靴職人のおやじさんが、ローマの政治の悪口を書いた紙をこの像に貼り付けたところ、それに倣ってこの像に政治や世評の風刺を書いた紙を貼り付けるのが流行したそうです。いつしか、この像は、最初に貼り紙を付けたおやじさんの名前である「パスクィーノ」と呼ばれるようになりました。現在も現役で使われています。貼り紙の上に落書きまでされてたりします。

Roma010 画像2はパンテオンです。

現在はイタリアはカトリックの国ですが、キリスト教が布教される前は多神教の時代でした。何でもかんでも神様にしちゃう懐の深さを持っていたんですね。キリスト教も、最初は多神教の一つとして迎えられたのです。

パンテオンは多神教の時代にローマの全ての神を祀る為に建てられた神殿です。キリスト教が国教となってからは、教会として使われたので「邪神の神殿」と破壊される事も無く、現在まで残りました。ルネサンス期の巨匠、ラファエロの墓もこの内部にあります。

パンテオンも私が好きな建物ですね。威風堂々たる存在感を持っていると思います。

映画「ローマの休日」ではこの広場のオープンカフェでシャンパンを飲む場面がありました。パンテオンの後方に位置するカフェなので、パンテオンの柱と、その前にあるオベリスクしか映ってないんですけどね。Roma011

画像3はトレヴィの泉です。

観光地のローマでも最も人が多い場所ですね。ローマは昔から水道が完備されていた街です。この泉も初代皇帝のアウグストゥスによって整備された水道の終端施設が元になっています。移築と再設計・改装が加えられて、現在の姿になったのは18世紀です。

泉に背を向けて、肩越しにコインを1枚投げると再びローマに来る事が出来ます。2枚投げると幸せな結婚が出来ます。3枚投げると離婚できるんだそうです。・・・この3枚目の願いは誰が考えたんでしょうね。って言うか、いかにもイタリア人的なオチだなあと思いますが、キリスト教が厳しく離婚を禁じていた時代の名残とも考えられるんだそうで、何だかイタリア人のしたたかさが感じ取れますね・・・。

| | コメント (6)

2009年12月22日 (火)

ローマの風景その3、聖天使城

Roma006_2ローマの風景シリーズ、今回はヴァチカンを出まして、聖天使城(イタリア語だとカステル・サンタンジェロ)に行きます。ヴァチカンからは歩いて10分ぐらい。目と鼻の先ですね。ヴァチカンが危なくなると、法王は秘密の通路を通って、この城へ避難するそうです。

聖天使城はローマのテヴェレ川の川沿いにある城です。元々はローマ皇帝ハドリアヌスの墓所として作られたのですが、徐々に軍事利用されるようになり、ルネサンス期には完全に要塞とされました。15世紀のローマ法王クレメンテ7世はドイツ皇帝の侵略を受け、ローマが略奪された際に、この城に逃げ込みました。この時の略奪でローマの文化財は奪われ、教会なども破壊されました。ルネサンス文化の中心だったローマは壊滅し、ルネサンスは終焉を迎えたと言われています。

さて、この城が何故「聖天使城」と言われているのか。590年にローマでペストが大流行した時に法王グレゴリオ1世が、城の頂上に剣を鞘に収める大天使ミカエルの姿を目撃しました。これ以後、ペストの流行が終焉に向った事から、この城が「聖天使城」と呼ばれるようになったのです。

Roma007_2  現在でも城の頂上に天使の像が置かれています。

橋の欄干には10体の天使の像が置かれています。「ローマで一番美しい橋」と言われているのもうなずけますね。何とも優雅な眺めです。

映画「ローマの休日」では、橋のたもとに作られた舞台でダンスパーティーに参加する場面がありましたが、夜間にライトアップされた聖天使城が奇麗でしたね。

私はこの城と橋の組み合わせが好きなので、角度を変えて2点制作しました。斜めから見た、テヴェレ川の入る構図と、正面から橋を抜ける構図。どちらも魅力的な風景です。

調子に乗って更にもう1点、橋に立つ天使の像も切り絵にしてみました。10体天使はそれぞれ持っている物は違うのですが、その中で一番目立っていた十字架を持つ天使を選びました。

Roma008_2天使像の作者はバロック期の彫刻家ベルニーニによるものです。ローマでは至る所にベルニーニの仕事が見られる。先のブログで紹介したヴァチカンのサン・ピエトロ広場のようにベルニーニによって設計・装飾されたローマの名所は数知れず。「ローマはベルニーニのために作られた。」と賞賛されたそうです。スケールの大きい話だなあ。

そういえば最近、公開された映画「天使と悪魔」にはこの聖天使城がバッチリ登場してたそうですね。忙しくてつい見逃してしまいました。「アマルフィ」ってのもあったなあ。映画に行く暇があったら、少しでも早く完成させる為に制作しなきゃいけないんだけど、イタリア関係の物は押さえとかなきゃいけませんね。そういうのも勉強の内でしょうから・・・。

| | コメント (2)

2009年12月21日 (月)

ローマの風景その2、衛兵とピエタ。

Roma003 ローマの風景シリーズの公開を続けます。

画像1はサン・ピエトロ大聖堂の右側、ここからローマ法王のいる場所へ続いているんだそうです。派手なトリコロールの制服を着ているのがヴァチカンの衛兵です。ルネッサンス期にローマ法王の要請によってスイス人の傭兵部隊がヴァチカンの為に戦ったのが、この衛兵の起源とされています。現在でもスイス人のカトリック教徒で、ある程度の軍隊経験を積んだ者の中から選抜されて構成しています。

この制服はミケランジェロのデザインと言われていますが、これは間違いです。制服が制定されたのは20世紀になってからですので。Roma004

画像2は大聖堂の出口付近です。ここにも衛兵が常駐しています。この黒マントは冬期に着用されます。なかなかエレガントですね。

黒マントと言えば、私も似たようなマントを持ってまして、会社員時代にスーツの上から着込んで通勤してました。入社一年目は自転車通勤でしたね。田圃の真ん中をマントをはためかせて颯爽と自転車で走り去る。・・・会社の人からは変な人と思われていたらしい。

Roma_005 画像3はサン・ピエトロ大聖堂の中に安置されているピエタ。ミケランジェロが24歳の時の作です。ピエタというのは、死せるキリストの体を抱くマリアの像の事です。ミケランジェロは4体のピエタを作っていますが、完成させる事が出来たのはこの像のみ。

このピエタの切り絵は作る予定は無かったんですけどね。成り行き上、やむを得ず制作しました。(本当は大喜びで作ったんだけど・・・。)その辺の事情については既に書いていますが、おかげで先日の名古屋の展示会でもピエタの事を「カボチャ」と言ってしまって、ブログを読んでないお客さんに変な目で見られた。

| | コメント (2)

2009年12月20日 (日)

ローマの風景その1、ヴァチカン。

毎年、一つだけテーマを決めて15点ほど制作している風景の切り絵。今年はデパートの美術画廊での個展が続いたので、いつもより多めに小さい風景を作りました。今年のテーマはローマの風景です。結局、名古屋の展示会に出した時は21点のローマの風景が完成してました。

今回からしばらくの間、ローマの風景シリーズを紹介していきます。

まずはヴァチカン関係から。Roma001

1番目はヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂。ローマ市内にある世界最小の国ヴァチカンは、カトリック教会の総本山でもあります。

サン・ピエトロ大聖堂は使途ペテロの墓所があった所に建立されたとされ、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇っています。

印象的なドームの設計は、当時既に高齢であったミケランジェロによるものです。

私が初めてイタリアに行ったのは21歳の時でしたが、ローマのホテルはヴァチカンの近くでした。朝一番でサン・ピエトロ大聖堂に出かけて、クーポラ(円屋根の事)の展望台に登れる階段の入り口が開くと同時に入場して「ローマの街独り占め」を味わいました。あれからヴァチカンに行く事はあっても、サン・ピエトロのクーポラに登る事はないですな。Roma002

2番目の画像は広場から見たサン・ピエトロ大聖堂です。教会正面や両翼の多数の円柱が並ぶ構成は、ミケランジェロから100年後に活躍したバロック期の芸術家、ベルニーニによるもの。ベルニーニはこの広場を「あたかも両腕を広げて信者を迎える母親のような」という事を念頭に置いて設計したそうです。

私はイタリアの建築で何が一番好きかと聞かれたら、第一にはフィレンツェのドゥオーモを挙げますけど、正面からの角度限定だと、こちらのサン・ピエトロの方が好きですね。正面に円柱が並んでる建物ってギリシアの神殿っぽくて神々しい気がします。

| | コメント (4)

2009年12月14日 (月)

私の切り絵が着物の帯に!

Obi_3  だいぶ前にこのブログで書きましたが、私の切り絵のフィレンツェの風景をプリントした着物の帯が出来ました。 生地は絹100%です。

いやー嬉しいですねえ。自分の作品がこういう形になるって、すごく面白い!!

上の画像の①が帯の太鼓の部分(背中に来る部分の事です。)今年の2月に完成させた20×30cmの洗礼堂とドゥオーモと鐘楼の風景を使ってます。色のトーンは帯の雰囲気に合わせて実際の作品とは変えてあります。

②と③は帯のお腹の方になる部分。これは切り絵2点を使ってて、どちらか好きな方を選らんで着れるようになってます。②がボーボリ庭園から見たドゥオーモの風景20×30cmで昨年の10月に制作。③はウッフィツィ美術館から見たヴェッキオ橋15×20cmで今年の2月に制作した作品です。こちらも太鼓の部分と同様、実際の作品とは色のトーンを変えてあります。

この帯ですが、フィレンツェに住んでた頃に知り合った彫金家の内藤圭美さんが着物好きでして、私の切り絵を使った帯に、自作の帯止めをセットで売り出そうという企画を持って来てくれたんです。考えてみれば型染めなんかは切り絵と同じなので、着物との相性は良いんですね。今回はプリントなので、私は画像を提供しただけでしたけど、このように他の作家さんと協力して何かを作るってのも良いものですね。自分には無い発想です。話が出た時には、自分の作品がどんな風に使われるのかワクワクしてました。想像以上の仕上がりに大満足です。

20091205_1152912 下の画像は内藤さんが帯を締めている写真です。内藤さん作の帯止めも付けてますね。

実はラッキーな事に、先日の名古屋の2人展の会期中に、会場から至近距離の三越に内藤さんは期間限定でショップを出してたので、画廊にも着物を着て見に来てくれたんです。おかげで実際に実物を見る事が出来ました。

この帯は受注生産なんで、興味のある方はこちらから。お値段は税込66,150円です。(帯止めは別)受注後、40日ぐらいで発送できるそうです。

売れると良いなあ。そうすると、また別のデザインの帯を作ってもらえるかも・・・。

というわけなので、興味のある方はどうぞよろしく。

| | コメント (13)

2009年12月 9日 (水)

続々新作!!

Zukan13図鑑シリーズの新作です。

最近こればっかですね。 展示会前には仕上げなきゃいけない作品が多かったんだけど、調子悪いと「リハビリ」と称して図鑑シリーズをいじってったりしたんですが、夢中になっちゃうので、これじゃいかんなと、作りかけのやつを封筒に入れてガムテープでグルグル巻きにして押入れに封印してました。意思が弱いので、そうでもしなきゃ誘惑に負けちゃうんだよね。

とりあえず次の展示会までは間があるんで、続けても良いんだけど、そろそろ飽きて来たかな。すぐ完成するので、楽しいんだけど、やっぱり大作を仕上げる時の達成感は無いですからね・・・。

上段の左から タチウオ、ノコギリクワガタ、スルメイカ、ミシシッピアカミミガメ

中段の左から ウグイス、ニホンカモシカ、アホウドリ、ヒゲコガネとシロスジコガネ

下段の左から タヌキ、インドコブラ、オオスカシバ、ウズラ

タチウオは微妙に形が違いますが、上の方が日本で食べられてるもので、下の方がイタリアの市場に出るものです。日本のは背びれはあるけど尾びれが無い。イタリアのは背びれが無いけど尾びれがある。この違いは私が発見したんじゃなくて、だいぶ前に某ブログに書いてあったのです。味は同じなんですかねえ・・・。

| | コメント (4)

2009年12月 7日 (月)

次々新作!!

Zukan12 図鑑シリーズ12点追加です。サイズはいつも通り、各9×9cm。

しばらく大作をやらずに、このシリーズを続けます。

・・・たまには遊びで作る物があっても良いかなと。

上段の左から ショウリョウバッタ、シロイワヤギ、スカラベ、ジュゴン

中段の左から チンタセネーゼ、カナヘビとニホントカゲ、オカピ、フクロウ

下段の左から ヤンバルクイナ、ゲンジボタル、メガネザル、トビウオ

チンタセネーゼとジュゴンはちょっと前に作ってあったけど、発表するのを忘れてたので。

チンタセネーゼってのはイタリアのシエナ近郊で飼育されているブタです。(凄いマイナーな動物を作っちゃったなあ。)お腹の部分が帯を締めているように白い毛なのでチンタ(帯、ベルト)セネーゼ(シエナの)と呼ばれています。普通のブタに比べて成長が遅く、小型なので、現在はイタリアでも飼育される事は少ないんだそうです。しかし肉質は適度に締まり、味わい深いんだそうな。・・・美味そうだな。

| | コメント (2)

2009年12月 6日 (日)

花シリーズ。

Fiore 名古屋の2人展を見に来てくれた方は見てますけどね。以前からコツコツと作り貯めていた「図鑑シリーズ・花」36点です。展示会の準備の日の朝6時に完成。

・・・展示会に見に来たお客さんに「なんか前回の個展でも準備の日まで制作してましたね。」と言われてしまいました。同じ事を繰り返してるみたいで恥ずかしいですね。決して普段から怠けているわけじゃないのに、何故いつもこうなるのだろう?

黒い背景に花がポッと浮き出るように、花びらの部分だけアクリル絵の具を吹きつけて表現しています。これをやらないと黒い線が強すぎて汚い花びらに見えてしまうんですね。こうすると柔らかい感じになります。このスタイルにたどり着くまで、いろいろ試作を重ねました。

「この絵を真っ暗な中に置いたらどうなりますか?」という質問が出ましたが、真っ暗な中に置いたら見えなくなります。電球が入ってたり、蛍光塗料を使ってるわけではないのです。でも「光って見える。」というのは私にとっては褒め言葉ですね。よく「影絵みたいに裏から光を当ててみたらどうか?」と言われる事もあるんですけど、それは影絵であって、切り絵じゃないんですね。影絵の大家というと有名な藤城清治さんという方がいらっしゃいますけど、仮に私が同じようにやってしまうと、藤城さんの真似になってしまうんですね。あれは藤城さん以外がやっちゃいけないと思ってます。ならば「光を使わなくても光って見える表現」をする事が切り絵師としての目標ではないかなと。その意味では、今回の作品で課題をクリアしたという事ですね。

1段目の左から コスモス、キキョウ、アネモネ、ユリ、アサガオ、カーネーション

2段目の左から モクレン、アブラナ、モモ、チューリップ、サギソウ、スミレ

3段目の左から アジサイ、ツバキ、マツヨイグサ、ウメ、グロリオーサ、ボタン

4段目の左から マーガレット、マリーゴールド、ヒナゲシ、フジ、ナデシコ、ブーゲンビレア

5段目の左から ミモザ、スズラン、アヤメ、カタクリ、ノアザミ、ヒマワリ

6段目の左から バラ、サクラ、レンゲ、タンポポ、スノードロップ、スイレン

今回は絶対外せないメジャーな花や私の好きな花、前にこのブログで何点か公開した時にリクエストがあった花など36点選び出して作ってみました。急いでデザインしたのもあるので、ちょっとぎごちないデザインもありますけどね。

作ってて気が付いたけど、園芸種よりも野に咲く草花の方が好きですね。イタリアで4月頃に咲き乱れるヒナゲシとか。他にもノアザミとかレンゲ、アブラナあたりがお気に入りです。

展示会では賛否両論でしたねえ。「らしくない」って意見もあったな。普段イタリアものばかり切り絵にしてますからねえ。こういうのが1点ぐらいあったって良いじゃんって思います。

| | コメント (5)

2009年12月 5日 (土)

早速新作!!

Zukan11 というわけで、展示会中にリクエストも多かった「図鑑シリーズ」の新作です。各9×9cmです。まあ、新作と言っても今の所発表する予定も無いので、あくまでも私の趣味の作品ですけどね。

千点完成したら、このシリーズだけで個展をやろうと思ってますが、現在161点。・・・まだ遠いな。

展示会の会期中に家に帰ってからコツコツと作ってたんです。酔っ払って帰って来た事もあったので、そういう日は除きますけど。

会期中の制作時間は1日に3時間が限度でしたかねえ。それ以上は眠くて無理でした。

上段の左から オオアルマジロ、タガメ、エジプトハゲワシ、ラーテル

中段の左から キリギリス、アオカケス、キンシコウ、メダカ

下段の左から ハシビロコウ、マッコウクジラ、トラフサンショウウオ、アカギツネ

| | コメント (4)

2009年12月 4日 (金)

2人展終了!

11月25日から始まった2人展も今日で終了しました。いやいや、いつもの事とは言え長かった。(名古屋の会場は1回期が10日日間なので、普通の画廊よりも長いんです。)

昨日、東京から見に来てくれた友達と晩御飯を食べたのですが、焼きニンニクとレバ刺しを食べに行ったので、エネルギー満タン。最後まで元気に動けました。

今回、名古屋では初お目見えだった清水さんの作品も大好評で「これぐらい売れてくれると来てもらった甲斐があるな。」と思っていた金額を達成しました。初めての場所であれだけの結果が出るとは思いませんでした。ホッと一安心です。

今後は清水さんに負けないように頑張らないといけませんね。ライバル認定です。ここにも新たな強敵がっ!!(この場合は「強敵」と書いて「とも」と読みます。・・・って、前にも書いたけど。北斗の拳のノリですね。)

期間中、見に来てくれた方、差し入れをしてくださった方、作品を買ってくれた方、宣伝を手伝ってくれた方、遠くから声援を送ってくれた方、新聞等マスコミ関係の方々、ギャラリー彩のスタッフの皆様、どうもありがとうございました。今回の展示会も大変有意義なものとなりました。

さて、明日はご購入いただいたお客さんの所へ作品を発送します。それから・・・次の作品の準備をしないとね。

| | コメント (11)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »