« 来年の対戦に向けて。 | トップページ | チンクエテッレ(追記あり) »

2009年9月25日 (金)

ミケランジェロのピエタ

Roma_011一気に完成させました。 ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂の中にある、ミケランジェのピエタです。切り絵のサイズは15×15cm。

ピエタというのはキリストの亡骸を抱く聖母マリアの像の事です。ミケランジェロは4つのピエタの像を作ってるんだけど、このピエタは24歳の時から2年かけて作られたものです。ミケランジェロは人として、芸術家として苦しみながらも傑作を世に送り出し続けたのですが、ピエタに関しては、若い時に作られた、このサン・ピエトロのピエタが一番評価が高いですね。(と言うよりも他の3つは未完成のまま残されているのですが。)

今回、フィレンツェの料理人のサスライシェフさんがカボチャの彫刻コンテストで彫ったカボチャのピエタに触発されて、発作的にやっちゃいましたが、やっぱりミケランジェロの彫刻は良いですねえ。この作品、東京の個展にも出しますんで、見に来て下さいませ。

で、せっかくなので、フォトショップを使ってちょっと遊んでみました。題して「切り絵のピエタ、カボチャ色バージョン」です。

Roma_011a ・・・こんな感じになるんでしょうかね。なんか甘くて美味しそう。

サスライシェフさんのカボチャのピエタはコンテストの後、彼の働いてるレストランにしばらくの間、展示したんだそうです。最近、友達が食べに行って実物を見たってメールが来ましたな。すごかったって感動してました。私も見に行きたいとこなんですがねえ。彼の料理も食べてみたいし。流石にフィレンツェは遠いな・・・。

最近は猪が美味しいんだそうです。良いですねえ、食欲の秋。

さて、もう1点、チンクエテッレの風景が残ってたな。こっちの方が色数が多いだけ大変だったりする。頑張ってギリギリ東京の個展に間に合うかな。

おまけ 

La_traccia7ミケランジェロはピエタを24歳の時に作り始めたのですが、私は24歳の時にフィレンツェに住み始めて、25歳の時に切り絵で食べて行こうと決心しました。その時に作ったのがこの作品です。

タイトル「オリーブと聖母子と狼と」 サイズは65×50cm。黒い紙を切って、裏から1枚の色画用紙を貼っただけの一番シンプルな技法です。

赤子のキリストだからピエタではないけど、テーマとしては通じる物がある。

・・・まあ、ミケランジェロとは比較の対象にもなりませんな。この作品がイタリアに入って初めての作品です。今の自分が見ると「よくもこの程度の腕で食って行けるなんて思えたもんだ。」と若気の至りを微笑ましく思います。

とは言うものの、思い入れのある作品ですからね。私の原点はここにある。

|

« 来年の対戦に向けて。 | トップページ | チンクエテッレ(追記あり) »

コメント

あ!いきなり「ピエタ」!!

素敵ですね~!!!
やっぱりいいな~…。

15㎝×15㎝…普通の折紙くらいのサイズ
かな?

かぼちゃ風…やっぱり食べられない…(笑

24歳の時の作品ですか。
この作品には、今の俊寛さんにはないモノが有るんですよ。きっと。

大切な作品ですね。

投稿: mau | 2009年9月25日 (金) 01時52分

mauさん、ありがとうございます。
カボチャは嫌いなんですか?私はカボチャを詰めたラビオリをサルビアとバターで和えたのが好きですねえ。カボチャの甘さとバターの塩味とサルビアの風味が良くマッチしてて。

今の自分に無いものねえ・・・。とりあえず若さはなくなったかな・・・。

投稿: 俊寛 | 2009年9月25日 (金) 02時41分

只今ご紹介にあずかりました、噂のサスライシェフです(笑)
一気に仕上げましたね。こりゃ凄いっ!!
でもこの絵を見て思いました。。。
今まで何度もピエタの実物はもちろん、写真でも飽きるほど見てたのですが「漠然」としてしか見てなかったんですね。この前はじめて「ピエタ」を1つの彫刻として頭のてっぺんから足の指先までじっくりとみながら自分で彫ったので、俊寛さんの絵を見たとき、何といっていいのかな~。。。すべてのパーツの動きが手に取るように分かるんです。
これ面白い発見でした。
これまた新しい刺激をうけましたぞっ!!

そして俊寛さんの25歳の時の作品。。。これまた驚きでしたね。すでにこのレベルに到達しているところが凄い。
それにしても「切り絵のピエタ、カボチャ色バージョン」。。。こうなったら、僕は「彫刻のトンド・ドーニ切り絵色バージョン」作っちゃいます!!(笑)
なんかややこしくなってきたな~(爆)

投稿: サスライシェフ | 2009年9月25日 (金) 08時07分

上の人に忠告。( ̄ー ̄)ニヤリ

いいのかね、そんなこと言っちゃって。そうやって、
自分の首絞めるのすきやなぁ。。。(爆)

しかし俊寛、25歳でこんなのつくっていたんだ。。。すげぇーよ。まったく。。。あたしは次回自分の作品を載せるべきなのでしょうかね。(笑)

いずれにしてもこのピエタのイエスを見下ろすマリア様のまなざしは赤子を見ているような優しい目は、この聖母子のものと同じだよね。

投稿: yossy | 2009年9月25日 (金) 08時14分

サスライシェフさん、いや本当に「噂の」って感じですね。まだ本人に会った事がないし。
実際に絵に描いた後で実物を見ると感慨もひとしおですね。2年前にフィレンツェの風景シリーズをやった後でフィレンツェに行ったら「ここはこんなに美しい町だったのか!!」って感動しました。身近にあり過ぎるものって、その良さを感じるのに鈍感になってる事があるかもしれませんね。
私も、この後でカボチャのピエタを見ると、同じように感じると思います。「ああ、この部分を、こう掘ったのか」ってな感じで。

トンド・ドーニ切り絵色バージョンねえ・・・。本当、なんか混乱して来た。もう何が何だか・・・。

・・・あっ!!次は「最後の審判」じゃなかったっけ!?トンドドーニもやるんかい!?

投稿: 俊寛 | 2009年9月25日 (金) 09時37分

yossyさん、自分で自分の首を絞めるのが好きな人種なんだよ。・・・って私もそうだけど。まあ、結局は何とかしちゃいますけどね。いつもギリギリですよ。

25歳の時の作品、イタリアで作った初めての作品ですからね。
いろんな部分で未熟だけど、初心を忘れちゃいかんなと思いますよ。たまに昔の作品を引っ張り出すのも良いもんです。

さて、yossyさんの初めての作品はどんなのかな?楽しみにしてるよ。

投稿: 俊寛 | 2009年9月25日 (金) 09時42分

自分の作品の原点、大事ですね。
僕打ち出し作品の原点は、まさに師ビーノ・ビーニの技術が表現されている物なので、今でもそこから学ぶ物が多くあります。
自分もそれを見てほくそ笑めるよう頑張ります。

投稿: ムラサキガエル | 2009年10月11日 (日) 20時09分

ムラサキガエルさん、ビーノ・ビーニさんですか。最早、伝説の職人さんですね。一度会っておきたかったな。
初心は大切ですよ。技術的な事だけじゃなくて、若かりし頃の自分の理想とか。昔の自分に対して恥ずかしくないかどうか・・・たまには自分を見返してみるのは必要ですね。

投稿: 俊寛 | 2009年10月11日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年の対戦に向けて。 | トップページ | チンクエテッレ(追記あり) »