« 疲れて来てるみたいだ。 | トップページ | 半分まで終り。 »

2009年7月10日 (金)

日帰りバカンス!!

ずっと休み無しで制作してたんで、一日ぐらい休んでもバチは当たるまい、という事で日帰りで東京に行って来ました。本当は世間並みに週末に休もうかと思ったけどね。平日の方が混まなくて良いし。

で、前にこのブログで紹介した、フィレンツェ在住の古川未央子さんの陶器と磁器の個展に行って来ました。Mioko_omote DMの画像からでも、その素晴らしさはわかるんだけど、本物は凄かったです。正確なデッサン力と緻密な筆使いに繊細な色彩感覚、加えて半端じゃない仕事量。

作者の古川さんにも会えたので、色々と技術的な事も含めて説明をしてもらったので、改めて技術の高さと仕事に対する見識、積み重ねられた努力について感服いたしました。

古川さんもすごく淑やかで謙虚な方なので、とても良い時間を過ごしました。共通の友達も多いので、彼らの近況も聞けて嬉しかったし。

午後からは横浜に移動しまして、「海のエジプト展」を見て来ました。最近TBSの「世界不思議発見」を見てたらエジプトのアレキサンドリア付近の海中で遺跡が発見されて、引き上げた財宝を展示するという話をやっていたので、これは是非見に行かなくてはなと。

前に南イタリアのブリンディシに旅行した時に、博物館で海中から引き上げられたブロンズ像の展示を見た事があるんだけど、私はああいうのが好きなんです。人知れず海中に千年も沈んでいた間、この像は何を見て来たのか・・・。ブリンディシの博物館ではそのブロンズ像が引き上げられて、修復している時の写真が展示されてたんだけど(これがいい加減な展示でさ。画用紙の上に両面テープか何かで写真が貼ってあった。説明文もマジックで書いてあったし。ちゃんとパネルにすれば良いのにと思った。)そちらも好きですね。海中から何千という破片を拾って来て、パズルのように組み上げて行く・・・。気の遠くなるような作業ですが、これこそ本当の宝探しですよ。

と言うわけで、「海中から像」っていうのに弱いのです。エジプトも最初に海外旅行に行った国なんで、思い入れもあるしね。何より独特の様式のエジプト美術が大好きなんで。

海中遺跡(この言葉も良いよね)から引き上げられた像や遺物も良かったけど、引き上げに使った船や修復の過程なんかも紹介されてたんで、私としては理想的な展示会だったな。パンフレットも買って来たんで、制作に疲れたら気分転換に眺めようと思う。

唯一残念と思ったのは、会場にあった展示会限定のガチャガチャで、欲しいフィギュアが出なかった事ですね。まあ、それは仕方ないな。でも、ガチャガチャなんて久しぶりにやったなあ。子供の頃に近所の駄菓子屋でやって以来だ。

そういうわけで、充実した良いバカンスでした。刺激も貰って来たので、自分も頑張って制作するぞ!!

|

« 疲れて来てるみたいだ。 | トップページ | 半分まで終り。 »

コメント

たまには休息も必要ですね☆
エジプト行かれたことあるんですね!
うらやましいです。
私はルーブル美術館へ行きたいです。
ダヴィンチコードの影響ですcoldsweats01

投稿: ぽん | 2009年7月10日 (金) 09時40分

ぼんさん、学生時代にバイト代を海外旅行につぎ込んでたんです。最初に行ったのがトルコ・ギリシア・エジプトでした。で次の年が卒業旅行でヨーロッパ周遊。その中にイタリアも入ってたんですね。当時の写真を見てみると、たまたま最初に下宿した家の近くで撮った写真もあったりして・・・。その時は将来住む事になるとは想像もしてなかったんですねえ。
ルーブル美術館!あの映画を見たら行きたくなりますよね。卒業旅行の時とフィレンツェに住んでた時に行ってますが、映画を見た後だと、また別の視点で鑑賞できるでしょうね。

投稿: 俊寛 | 2009年7月10日 (金) 10時13分

ご存知かも知れませんか・・・
海中の像と言えば、ポルトフィーノのまだ先にある島、サン・フルットゥオーゾの海中にマリア像だったかな?
が沈んでいます。
それは引き上げられてなくて、海底14mだったか、それぐらいの深さなので、天気の良い日は、素潜りで見ることが出来るとのこと。
私が行った日も、たくさんの人が、フィンとシュノーケルを付けて必死で潜っていました。
引き上げてみるとたいしたことがないのかもしれませんが、海に沈んでいるものを見るのって、ロマンチックだなぁ~って思います。

投稿: がっちゃん | 2009年7月11日 (土) 15時18分

がっちゃんさん、全然知りませんでした!!そんな凄い物があるんですか。チンクエテッレのあたりですかね。地名も初めて聞きます。
しかし、海底14mってけっこうな深さですね。見に行くにはスキューバ習わなきゃ駄目だろうなあ・・・。
でもそういう物があるって、夢があって素敵だと思います。

投稿: 俊寛 | 2009年7月11日 (土) 15時47分

横浜は開港150年記念イベントやっているから、行きたいけど時間がないなぁ・・・北関東方面は毎月行ったいるけど、仕事なのでゆっくり出来ない。一度プライベートで群馬・栃木へ行ってみたいと思っています。
で、あなたはリフレッシュ出来たみたいでよかったね。

投稿: あしたのもと | 2009年7月11日 (土) 21時11分

ご遠方にお住いにもかかわらず、個展へご足労いただき本当にありがとうございました!
私も、俊寛さんの作品見せていただけて とってもよかったです。(裏面にびっくりです!)姉たちも感動していました。
10月の個展、見に行けないのが残念です・・・
これからも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: mioko | 2009年7月11日 (土) 21時31分

あしたのもとさん、ああそう言えば150年記念のイベントをやってたみたいだな。駅で降りたらポスターとか目には入ったけど、目指すエジプト展に向って突進したので、何のイベントかわからなかった。
かなりたくさん歩いたからねえ。楽しかったけど休息にはなってないみたい。

miokoさん、私にとっても良い勉強になりました。お会いできて本当に良かったです。
10月の個展は流石にフィレンツェからは無理でしょうけど、またの機会にでもよろしく。

投稿: 俊寛 | 2009年7月11日 (土) 22時17分

マヨリカ焼き、私は大好きなんです。
それにしても古川さんはデルータでまず修行をされたんですね。ウンブリアにも縁がある方だなんて。

私も東京近郊に住んでいたら、作品を拝見できたのに。

それはそうと、日本は蒸し暑くなっているようですから、俊寛さんお体に気をつけて。

投稿: 粉川妙 | 2009年7月15日 (水) 16時47分

粉川妙さん、アッシジのサンジョバヌッチョ教会のファザードにこの方の作品がはめ込んであります。近くまで行く事があれば見に行ってみて下さい。個展では元になった下絵が展示されてたけど、品が良くて素敵でしたよ。

最近は流石にクーラーを付けて作業をしてます。日本の夏はクーラー抜きは無理かな。寝る時はクーラーの無い部屋なんで、扇風機だけで我慢してますけどね。

投稿: 俊寛 | 2009年7月15日 (水) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲れて来てるみたいだ。 | トップページ | 半分まで終り。 »