« 親善大使。 | トップページ | シクラメンの絵。 »

2009年4月13日 (月)

年賀状やります。

Nengajou ものすごい季節外れのタイトルに「あいつは何をトチ狂っとるんだ?」と笑われそうですが、出版社から来年の年賀状素材集のための切り絵を依頼されたんです。

秋になると本屋さんに並ぶんだけど、画像データの入ったCD-ROMが付いてて、パソコンでそれを自分の年賀状として印刷できるというものです。

私は切り絵で参加するんだけど、この他にも水墨画・墨絵、書、版画、ちぎり絵、水彩画、色鉛筆画および筆文字の作家さんの作品も収録されるんだそうです。

9月末には個展があるから、物凄く忙しくなりそうだけど、なんとなく面白そうだったので引き受けちゃいました。まあ、忙しくても何とかしちゃうしな。どっちにしろ自分も年賀状を作るわけだし。ただし締め切りは6月。・・・やっぱり季節外れだなあ。

画像は今まで作ってきた切り絵の年賀状。辰年から切り絵で始めました。昨年は喪中だったんで丑年は作らなかったけどね。こういうのを4点デザインする予定です。もうちょっと凝ったデザインにしようかな。ちゃんとした出版物に採用されるって嬉しいので頑張ってやるかな~。

|

« 親善大使。 | トップページ | シクラメンの絵。 »

コメント

あまり凝らないほうがいいと思いますね。
誰でも使えるような単純な図柄のほうが人気のようです。

それと、賀詞や名前、ちょっとした文を入れるスペース(つまり余白)は広くとったほうが喜ばれます。

季節外れだけれど業界はもう来年向けが始まっています。

投稿: imbe★yo~ko | 2009年4月13日 (月) 14時37分

かっこいい~。渋いですよ。
ほしくなる年賀状ですね。イタリアにいても日本の風習には敏感でありたいものです。

投稿: miyamaea | 2009年4月13日 (月) 14時58分

imbe★yo~koさん、アドバイスをありがとうございます。そんなに時間が取れないので、一枚の紙を切るだけのシンプルなやつでやろうと思ってます。(職人シリーズ並みのをやるとなると大変ですからね。)
余白スペースとデザインのバランスが難しそうですね。
でも楽しそうだから頑張ります。

miyamaeaさん、お褒めいただきありがとうございます。上の年賀状の中で辰年と午年はフィレンツェにいた時に作ったんです。(だからこの2つだけ日本のハガキサイズではないんですね。)海外で年越ししても、やっぱり日本のお正月の気分ぐらいは味わいたいですからねえ。・・・しかし、何て季節外れな話題だろう。

投稿: 俊寛 | 2009年4月13日 (月) 15時29分

昨年の俊寛さんの個展会場だったと思いますが、十二支の切り絵が展示されていたのを拝見し、「年賀状に最適だな……、こんなの貰ったら嬉しいな、こんなの自分で出来たら良いな」と思ったことを、昨日のように覚えています。

 本が出来るのが楽しみです。

投稿: たっぽう | 2009年4月13日 (月) 15時51分

たっぽうさん、それは十二支だけじゃなくて、いろんな動物や鳥、魚、昆虫なんかを切り絵にした「図鑑シリーズ」ですね。出したのは2年前の個展です。
あれはフルカラーなんで、今回はちょっと無理ですね。1点だけなら何とかなりそうですが、4点仕上げなきゃならんので・・・。
本が出たら改めてお知らせしますんで。

投稿: 俊寛 | 2009年4月13日 (月) 16時04分

お!日本を題材にした切り絵は初めてではないかな?
(違っていた!?)
カレンダーの売り込みが8月お盆明けから始まるから
デザインは今頃でしょうね。

投稿: あしたのもと | 2009年4月13日 (月) 21時32分

あしたのもとさん、ここ7、8年はやってないけど、けっこう和モノもやってたよ。
年賀状のデザイン、作品として発表するには簡単過ぎるから展示会なんかでは出さない。そもそも、年賀状ってタダで配るもんだし。

カレンダーの売り込み・・・そういやあったねえ。

投稿: 俊寛 | 2009年4月13日 (月) 22時04分

素敵ですねぇ~♪

じゃぁ、本屋さんに並んだら、購入して来年の年賀状に
使用しようかなぁ!

忙しいと思いますが、頑張ってくださいね。
絶対にやってよかったと思うでしょうから・・・。

投稿: マッサ | 2009年4月13日 (月) 23時05分

マッサさん、それはもう喜んで。どんどん使っちゃって下さい。ついでに私にも一枚送って下さい。自分のデザインした年賀状が自分に送られて来るって、そんな経験まだないし。

投稿: 俊寛 | 2009年4月13日 (月) 23時30分

うわぁ~おめでとうございます!!!
印刷物は、俊寛さんの作品の100万分の1も表現できないかもしれませんが、広く人に親しまれるってことはとってもステキなことだと思います。
絶対今年はそのソフトを買いますので、また決まったら、詳しくなんていう出版社から出される本なのか教えて下さいね。
今からとっても楽しみです。

投稿: がっちゃん | 2009年4月16日 (木) 11時53分

がっちゃんさん、ありがとうございます。
印刷される事が前提の依頼なんで、印刷映えするデザインをしようと思ってます。
秋には店頭に並ぶので、よろしくお願いしますね。

投稿: 俊寛 | 2009年4月16日 (木) 15時39分

色々な意味でドキドキしそうなお仕事ですね。

最近は手書きを止めて印刷物に頼ってしまい、秋頃から色々なデザインカタログを物色しています。
そんな中に俊寛さんがデザインした物も出てくるのですね~。

投稿: MAYU | 2009年4月16日 (木) 21時50分

MAYUさん、あら。お知らせしない方が面白かったかも。ある日、手に取った本の中に俊寛の作品が・・・なんてかなりのサプライズみたいです。

投稿: 俊寛 | 2009年4月16日 (木) 22時10分

ども、お疲れ様です。
いや4月もまだ中旬なのにすでに年末年始の作業してらっしゃるんですね。昔、チューブだったかな??夏限定の音楽だけをだしてましたよね。夏出すってことはすで春もしくは冬の間に曲作りしてたみたいなんですけど、レコーディングスタジオの中はなんかトロピカルな植物とか置いて夏の感じを出しながら作ってたってのをむかーしなんかの雑誌で読んだことあります(笑)
案外俊寛さんの作業部屋にもすでに門松などあったりして。。。(笑)
でもすばらしいですね。ホント実際作ってるとこ見てみたいです。CIAO!!

投稿: sasuraichef | 2009年4月17日 (金) 08時15分

sasuraichefさん、今の所まだコタツが出てるんで。でも締め切り6月だから、さぞジメジメした中で作る事になりそうです。どっちにしろ年賀状は作るから、前倒しするようなもんだけど、夏前にやるってのもなあ。やっぱり気が早い!
チューブってそんな事をやってたんですねえ。商業ベースに乗せるって、そうなるんだろうな。

投稿: 俊寛 | 2009年4月17日 (金) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 親善大使。 | トップページ | シクラメンの絵。 »