« シクラメンの絵。 | トップページ | 草なぎさんと日本茶と職人。 »

2009年4月20日 (月)

額装その2。

014 前回のブログのシクラメンの絵と同時に、この絵も額装しました。フィレンツェの全景が刷られた銅版画です。同じ物が彫金家のパオロ・ペンコさんの工房にかかるんですが、かねてから「良いなあ、あれ欲しいなあ。」と思っていたんです。

で、銅版画を売ってる店をペンコさんに教えてもらって買って来ました。

その後2年間、放置状態でした。そろそろ額装しなきゃと思いつつ・・・。自分の作品の額縁ばかり注文してるんで、ちょっとでも節約したかったんですねえ。額縁代も大量に注文する事もあるんで、バカにならないんです。一度に20個の額を注文する事もあるしね。

今回、自分の作品とは関係の無い、妹の小さい頃の作品の額装なんで、じゃあ良い機会だから、ついでにこれも額装しちゃおうかって事で。

早速、自分の部屋に飾りました。銅版画も素敵だなあ。今まで部屋にかかってる絵って自分の作品だけだったりするので、すごく新鮮に感じる。

今年はフィレンツェに行けないから、せめてこれで気分だけでも味わおうかな。

|

« シクラメンの絵。 | トップページ | 草なぎさんと日本茶と職人。 »

コメント

いいなぁ、私も欲しい!!。でも高そうですね。

ところで銅版画の下に文字らしきものが見えますが、建物の説明みたいなものですか?

 「FIORENZA」っていう昔の名前?も良いですね!!

投稿: たっぽう | 2009年4月21日 (火) 15時18分

たっぽうさん、日本円にすると1万円ぐらいでした。次の旅行でいかがでしょうか。
絵の下の文字は、フィレンツェの目立つ建物の名前が番号を付けて入ってます。絵の中にも数字が入ってるんで、照らし合わせると何ていう名前の建物かわかるようになってます。
FIORENZA(フィオレンツァ)はフィレンツェの中世の呼び名の事です。そういえば初めて通ったイタリア語の学校の先生の名前がフィオレンツァさんだったなあ。イタリア人の名前ってバリエーションが少ないけど、フィオレンツァさんって他に聞いた事が無い。人名としては、けっこう珍しい名前だったのかもしれないなあ。

投稿: 俊寛 | 2009年4月21日 (火) 17時44分

ご無沙汰してます!フィオレンツァという名前、butakoが料理修行していたAccadiのカメリエーラもそうでした。フィレンツェではかなり多いと思います。京都に住む「京子さん」みたいな感じなのでしょうか?

また遊びに来ます!

投稿: 粉川妙 | 2009年4月22日 (水) 00時53分

粉川妙さん、お久しぶりです。
・・・えっ!?かなり多いんだ。一人しか出会ったことがないもので。いけませんねえ。自分の経験だけで判断しちゃ。

「京都に住む京子さん」それだ!何か上手い喩えは無いかなと考えて結局出てこなかったんだけど、そういう事が言いたかったのです。

投稿: 俊寛 | 2009年4月22日 (水) 03時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シクラメンの絵。 | トップページ | 草なぎさんと日本茶と職人。 »