« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

ダビデ像3つ。

B_2 3日ほど前に三越・千葉店の個展に出す作品は納品したので、あとは初日から出るだけです。ホテルの予約とか、新幹線のチケットを買わなきゃな。

しばらく時間はあるのだけど、大作に取り掛かると、調子が出たとこで中断される事になりそうなんで、細かい作品を作ってみました。ダビデ像を3つ。いずれも10×10cmです。・・・これじゃ小さすぎて個展に出す事は出来んなあ。まあ、自分が欲しかった物だからな。たまには趣味に走るのも良いか。彫刻の切り絵を作るのって好きなんです。フィレンツェの風景シリーズでも、彫刻が登場してたりしましたからね。彫刻と人との対比が面白かったり、大理石やブロンズの質感の違いを楽しんだり・・・。こういう風に彫刻の顔だけ切り絵にするのは初めてです。

ちなみにダビデは旧約聖書の登場人物です。羊飼いをやってる時に戦争に参加して、勇猛な戦士・ゴリアテ(強そうな名前!でも確実に悪役の名前だ。)を倒した事で有名になりました。その後、イスラエルの王になっています。

ダビデの彫刻は、何人もの芸術家が作っていますが、今回はフィレンツェで見られう有名な3体のダビデ像の顔を切り絵にしました。

まずは、一番有名なミケランジェロのダビデ像です。ダビデ像は今までにも「フィレンツェの風景シリーズ」で作ってるんだけど、サイズ的にきっちりと顔を描く事が出来なかったのです。長い間、ダビデの顔を描きたいなあと思っていたので、やっと実現ですね。ダビデ像の瞳孔はハート型なんですが、このサイズなら形が確認出来ます。

私が小学校2年の時に持ってたジャポニカ学習帖に、このダビデ像の話が出て来ました。完成間近な時に、市長が見学に来たんだけど、自分のセンスに自信を持っている市長はミケランジェロに批評をする。「ダビデの鼻が少々高すぎると思うね、ミケランジェロ君。」ミケランジェロは鼻の近くまで登って、ノミでコツコツと隠し持った大理石の欠片を削り落とす・・・。つまり、ミケランジェロとしては鼻が高いとは思わなかったので、削ったふりをしたんですね。市長はそれに気が付かず「これで良くなった。」と満足したという。

何事につけ、知ったかぶるのは良くないですねえ。気を付けなきゃ恥をかくと、小学生の私は学習したのでした。ちなみに、そのジャポニカは落書き帖になってましたな。

A さて、2番目はドナテッロのダビデ像です。ルネッサンスの天才というと、ミケランジェロの他にはレオナルド・ダ・ビンチとラファエロですが、それに匹敵する芸術家というと、このドナテッロさんですね。根拠はアメリカの漫画のミュータント・タートルズに出てくる主役4人の名前がミケランジェロとレオナルドとラファエロと、このドナテッロだからです。まあ、それぐらい認知されてる名前ってことですな。

ミケランジェロのダビデ像は全裸ですが、このドナテッロのダビデは帽子(兜かも)と脛当ての他には何も身に付けてません。大事なとこは丸出しになってます。何か全裸よりもいやらしく見えますね。どうも男色趣味が出ているようですね。あの時代はだいたいの芸術家は男色の傾向がありましたからな。ドナテッロの他にもダ・ビンチは有名なサライと言う美少年を連れていたし、「ビーナスの誕生」で有名なボッティチェッリは男色で告発されている。ミケランジェロも老境に入ってから若者に過剰な好意を示した手紙を書いたりしてたな。男色の疑いが無さそうなのは、女遊びをしまくってたラファエロと、坊主のくせに子供まで作っちゃったフィリッポ・リッピぐらいですか。あとライバルのチェリーニを「このホモ野郎」と罵った彫刻家のバッチョ・バンディネッリも大丈夫そうだ。

フィレンツェに住んでた頃に、女友達の同居人がゲイで、インターネットで恋人を見つけたんだって。紹介してもらったけど、このダビデ像みたいな美少年だったな。髪の毛がクルクルッとカールしていた。「触らせてもらいなよ。」と言われたので触らせてもらいましたが、きれいな髪の毛でしたな。(・・・今日は何を書いてるんだろう。私はそっちの趣味は無いですからね。)

アルカイックスマイルな表情や、とてもブロンズとは思えぬ温もりを感じさせる仕上がり・・・。ドナテッロの作品の中でも傑作と言えましょうな。

Firenze029a 3番目はヴェロッキオのダビデ像です。少年時代のダ・ビンチや、青年期に入ったボッティチェッリの師匠でもあります。このダビデ像も少年時代のダ・ビンチがモデルになったといわれています。甘い表情をたたえたこの像からは、「神のごとき美貌」と謳われた美少年っぷりが想像されるというものです。

ちなみに、この像は軽装の鎧に身を固めています。「清々しい若武者ぶり」って感じですな。健全。

ヴェロッキオは所謂「ルネッサンスの芸術家」らしく、彫刻・絵画・建築と多方面に才能を現した人ですが、ある時、絵画の一部を弟子のダ・ビンチに描かせた所、弟子の才能の方が自分を上回っていると感じたのか、以後絵を描くことを辞めたと言われています。ただ、弟子の才能に嫉妬したと言うよりも、絵画を弟子に任せて自分は彫刻に専念する事にしたようです。この彫刻からは2人の良好な師弟関係が想像出来るような気がしますね。

・・・今回の作品、小さいので展示会に出すのはどうかと思ったけど、3つを同じ額に入れるってのも良いかもな。いや、まだまだダビデ像の彫刻はあるんだから、作れるだけ作って一つの額に入れるのも良いかもしれない。ミケランジェロとドナッテッロはそれぞれ趣の異なるダビデ像を作ってるし、フィレンツェのドゥオーモを設計したブルネレスキもダビデ像を作ってるしな。(まだ見たことがないです。)。今度、フィレンツェに行く時は「ダビデ像を探す旅」と言うテーマで美術館を訪ねるのも面白そうだな。

・・・こういう風にやりたい事があり過ぎて困るのです。作らなきゃ行けない作品が溜まってますからねえ。

| | コメント (14)

2009年2月21日 (土)

千葉の個展の案内状です。

Dm 昨日、3月3日から千葉で行う個展の案内状が届きました。

今までの東京の個展で記帳してくれた方の分は書いて投函したので、月曜日ぐらいには届くかと思います。

三越・千葉店のアクセスの方法が書いてませんね。JR「千葉駅」、京成電鉄「京成千葉駅」、千葉都市モノレール「千葉駅」より徒歩約5分です。

個展の期日が迫ってますが、案内状をご希望の方はこちらからメールにて、ご住所とお名前を教えて下さい。お友達の分も配ってくれる方、行けないけど記念に欲し方も、ご遠慮なくどうぞ。まだ交流の無い方でも大歓迎ですので、興味のある方はメール下さいませ。

| | コメント (1)

2009年2月18日 (水)

友達の個展のお知らせです。

Ito001 今日から友達の個展が始まります。丁度一年前に名古屋の三越・星ヶ丘店でのイベントで一緒に参加した人です。

『伊藤亜紀 モザイク展Ⅲ』
日時:2/18(水)~27(金)※23(月)休廊
   11:00~18:00(最終日は16:00迄)
場所:アートサロン彩
   (名古屋市中区錦3-25-12 AYA栄ビル1F)

ちなみに作家本人は全日程いますので。

フィレンツェとラヴェンナで修行したモザイクの職人さんです。のんびりとマイペースに、しかしコツコツと作ってる人なんで、どの作品も人柄がしのばれる物に仕上がっています。

画像は石庭にヒントを得て制作された作品です。いろんな色の大理石を砕いてベースに貼り付けて仕上げてあります。

・・・本当にコツコツと石を割ってます。昨年、一緒に参加したイベントで隣のブースで石を割る音を聞いてましたが、何となく平和な気分になりましたな。(今回の個展では実演はやらないですけどね。)

私が毎年個展をやってる会場ですので、名古屋近辺にお住まいの方は、是非見に行ってくださいませ。

| | コメント (3)

2009年2月14日 (土)

個展のお知らせ。

051_3 遅くなりましたが、個展のお知らせです。来月、千葉市で個展を行います。

切り絵師・俊寛展

2009年3月3日(火)~3月9日(月)

午前10時~午後7時30分

三越 千葉店 7階 美術画廊

(〒260-8631 千葉市中央区富士見2-6-1)

電話 043 224 3131

JR「千葉駅」、京成電鉄「京成千葉駅」、千葉都市モノレール「千葉駅」より徒歩約5分です。

今回、初めてのデパートの画廊での個展になります。(本来、私みたいな若手が個展出来るような所じゃないんだけど・・・。)不安もありますが頑張りますので、どうぞよろしく。

職人シリーズが9点、ミニシリーズが12点展示予定です。

さて、今回の個展の案内状ですが、実は未だに私の手元に届いてないんです。そろそろ宛名書きをやらなきゃと思って問い合わせたら、まだ印刷すら終ってない。「印刷できるのは来週中。」なんて返事でした。これでは皆さんの所に届くのは、個展の一週間前になってしまう。前々から早くやって下さいと言ってたんですけどね。自分のプッシュが足りなかったので甘く見られたのかと、非常に落ち込んでます。始める前からこれでは先が思いやられますね。

ともあれ、DMを待っててくれた皆さん、申し訳ありません。もう少し遅れますので(このブログを見てない人には、どう謝ればよいのだ!)

と言う訳で、個展まであと少しです。エアブラシも戻ってきたので、制作に励んでます。今日はDMの件があったので落ち込みながら制作してましたけど、どういうわけかいつもより良い色が出てたりします。

| | コメント (9)

2009年2月 6日 (金)

次々と道具が・・・。

今月に入ってから、ブログを書いてなかったなあ。気が付けばもう2月。3月の千葉の個展まで、あまり時間は無いですね。

で、この大事な時にエアブラシが壊れました。5ヶ月前に買ったばかりなんだけどなあ。保障期間内なので、メーカー修理に出したけど、部品を取り寄せるのに時間がかかるそうだ。10日ぐらいかかりそうかな。やれやれ。まあ、イタリアで機械を修理に出す場合、3週間経ってもまだ終ってない(と言うより取り掛かってない。)という事が多いので、余程ましですけどね。

エアブラシが戻るまでの間に何もしないわけにはいかないので、次の作品の下絵を描いて切る事にしました。Photo 千葉の個展で展示するミニシリ-ズをやります。今年はローマの風景を15点。画像はローマのスペイン階段の風景。サイズは15×20cmです。

いつもは白い紙に黒絵の具で下絵を描くんですけどね。白い紙の方が黒い紙よりも切りやすくて千切れにくい。全部切った後で黒い絵の具で塗りつぶせば黒い紙を切ったのと同じ事だし。でも今回は黒い紙に白い絵の具で下絵を描きました。小さいサイズだから、千切れるという事もなさそうだからね。黒い紙に白絵の具で絵を描くと、石みたいに見えて、何となく小気味良いというのもあります。些細な気分転換ですね。

ローマの風景を描くのは初めてだけど、すごい楽しい。流石は「永遠の都」ですね。すごく絵になる。15点以上作ろうかな。(ただし、千葉の個展で出すのはその内の4点。発表する手順もあるので。名古屋の個展ではもっと多く出すつもりですけどね。)

ローマに初めて行ったのは、今から16年前。21歳の時でした。あの頃に撮った写真も引っ張り出したんだけど、けっこう良く写ってたので資料に使うつもりです。

で、下絵が出来たので切ろうと思ったら、デザインナイフの替え刃のストックが切れてた・・・。うっかりしてました。それにしてもエアブラシに続いてナイフまで使用不可能とはね。まあ、替え刃は明日、買いに行けば良いのですけど・・・。

| | コメント (6)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »